くるま旅@Boleroなキャンピングカー生活

キャンピングカーで行った”くるま旅”や”アウトドア”などキャンピングカーを活用する様々な遊びを紹介します。         by Boleroなおじさん

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

美ヶ原を美しくない高原にしたのは鹿!その次ぎは人間(*_*)

その昔、私が若かりし26歳頃の話...
仕事の合間に出かけるのに車は混雑で時間ロスが多い、ふいに衝動買いした400ccのバイク。買えば出かけたくなる性分なので、ツーリンググッズも無いままフラリと走りながら辿り着いたのがビーナスライン。夏で暑かった下界と違って風が涼しく心地良く、カーブの多いビーナスラインもバイクだと面白くてしかたがない。楽しく走りながら目に映る鮮やかな緑は綺麗なもので、蓼科山から白樺湖を通り車山を通過、カーブを心地よく曲がった瞬間に目に飛び込んできた鮮やかな黄色...

  ビーナスライン008 20年前、ここは黄色の高原だった。霧が峰

高原一面が黄色で初めて見た山の景色に驚いてバイクを止めて見惚れていたものです。

  ニッコウキスゲ ( 今は柵で囲まれて保護されていますが緑に黄色がポツポツと... )
  花001車山   花002車山

なんの花だろう?と思いながら見慣れない景色を見ながら走り霧に覆われた美ヶ原山頂について更に感動したものです。泊まる所も決めてなかったので適当に電話帳を見て民宿を探し、扉峠まで下ってよもぎこば林道を更に下ると三城牧場という集落があり、唯一のお店やさんが電話した民宿で温かみのあるお宿で大好きになったことと、この民宿でバイトしていた新潟から来ているお兄さんと仲良くなり、以降何度も行くようになって1ヶ月に一度は行ってお兄さんのお部屋に泊めてもらい、翌朝は無料の時間帯に一緒にバイクで美ヶ原山頂までのコーナーを楽しみ、暇な時は高山植物や山を見に行ったりして少しこの辺りは知り尽くしたつもりの私でした...ちなみに私が感動した黄色の花はニッコウキスゲでした(^^)

その後も夏は涼しく、秋は抜けるような高い空と色が変わり始める山の美しさが大好きで30歳くらいまでは1年に1回はこの辺りに行ってましたが、つきなみに仕事が忙しくなり少し時間的に余裕ができ始めた頃、キャンピングカーがキッカケで2009年7月、約20年ぶりにビーナスラインを通って???? あれ?と思ったのは、その昔に見た高原を黄色に染めていたニッコウキスゲが点々と咲いているだけで、黄色ではなく緑色の中に美しい黄色の花が咲いている。あれ? 今年は寒い梅雨だったから咲くには早いのかな?と思ってこの時はこんな感じで終わりましたが、今回(2011.07.16)行ってみると更に黄色が少ない!
見ると柵が作られて入れないようになっていたので、心無い人間がウジャウジャやってきて持って帰ったんだ?!なんて思うと真相が知りたくなり、宿泊したホテルの方に聞くと保護されている鹿が増えて1000頭いるらしく、ニッコウキツゲだけでなく珍しい高山植物も食べ荒らしているようで、それでも足らずに牛の放牧場に侵入して牛が食べる草や塩まで盗んで食べるそうです。

いくら保護されているとはいえ、草花や木の皮、牛の餌まで盗むってどうなの?って思ってしまうし、保護されている鹿だけアホほど増えて木や草花が全滅しても良いの???って素朴に思ってしまう(@_@)
だったら人間の怖さを見せてやる(>_<) 僕はねぇ~! 鹿肉が大好きなんだよ!食ってやる~~!(+_+)
僕を高原に放ってもらえればフォークとナイフを持って、夜な夜なガォォォォ~!ガォォォォ~!!って喚きながら高原を徘徊して鹿くんを追いかけて鹿くんに人間の?じゃなくて僕の怖さ教えてあげるからね~! 動物保護団体の皆さま、ごめんなさいm(__)m 
でも、動物保護団体なのか何団体なのか法なのか分かりませんが、一つの種だけを保護して他の多くの種を絶滅に危機にさらすって私には理解できない。どっかに言いに行けばいいのかな?活動もセットなのかな? どうか考えてやって下さいm(__)m

鹿も脅える人間の私ですが? その次に害を及ぼしているのは至上最強のオバカな人間だそうで、鹿は生きるために食べるだけなのに人間って動物は珍しいからとか、個体数が少ないから欲しい!という自分勝手な理由で泥棒(持ち帰る)するそうで、絶滅危惧種の花が壊滅状態だそうですよ。 言葉悪いけどバカじゃない! 絶滅危惧種だから珍しいとか個体数が少ないのに、それを盗んだら絶滅寸前になるのは分かるじゃない(+_+)。あと、ホテルの人に聞いてなるほど!と言ってしまったおバカな私、考えりゃ簡単に分かるのに分からなかった^_^;

ホテルの人曰く「標高が高く過酷な環境だから育つ花を持ち帰っても育たない」、「花を盗るのではなく花は撮って帰って下さいね」...凄い名言でした! 私とはレベルが違う適切で分かり易いお言葉をちょうだいしましたm(__)m

私のような変な観光客、今ばやりの山ガール、大ブームに乗ってるにわかトレッカーなどなど、とにかく自然に入る時は持ち帰るのはゴミだけにして下さいね(^^)v


< 美しい美ヶ原の高原に咲く花 >

  王ヶ頭039   王ヶ頭048

  王ヶ頭046   王ヶ頭045

  王ヶ頭047   王ヶ頭040

  王ヶ頭041       王ヶ頭042

  王ヶ頭043   王ヶ頭044

スポンサーサイト

| ここまでやって委員会?! | 00:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cabcon.blog47.fc2.com/tb.php/915-9e8187d2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。