くるま旅@Boleroなキャンピングカー生活

キャンピングカーで行った”くるま旅”や”アウトドア”などキャンピングカーを活用する様々な遊びを紹介します。         by Boleroなおじさん

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

貧乏で横着だからできる発想+@♪ 夏を乗り切る節電法(^^)v

貧乏な学生生活、貧乏なサラリーマン生活、お小遣い帳という言葉を知らない時代の貧乏な生活と、なまくらで横着だから思いついた節約生活が今役立つとは思いませんでした。門外不出の編み出した技を大公開させていただきます(^^)v
でも、これではもたないのでアウトドアやキャンピングカーで生まれた知恵やヒントも一挙大公開!?

※ ご注意!
・こんなこと言いながらネットで被っていないことを調べずに公開しました
・公開されている普通の節電法方は誰でも知っていると思うのでここでは書きません

< 独身者への提案 >

@ 仕事に出かける前にバスタブに水を張っておく

電気給湯器なら効果無しかもしれませんが、ガスで沸かすタイプなら特に都市部は有効です。都市部独特の熱波と気温は気持ちの悪いもので、エアコンをつけずに窓を閉め切った室内温度はかなり?の高温になっているハズなので、朝に張っておいたバスタブの水は仕事から帰る頃には入浴可能な温度になっています。私はこれで夏はお風呂を焚くこともなく過ごしていました。
別の観点では、水の確保にもなるので不幸にして地震で水が止まっても最悪バスタブ一杯分はKeepできている状況になります。

この応用編がメジャーなペットボトルに水を入れて外に放置してお湯をつくる技です。

秘話)
横着な私は入浴後に水を抜くのも邪魔くさくて放置。翌日、お風呂を沸かそうとした時にお湯を抜かなければ...邪魔くさいと思いながら排水コックのチェーンを掴むとお湯? 手をドップリつけてみると温かい、これだ!!と思った瞬間です。

< 共通の提案 >

@ 小型の保冷剤で全身涼しくなる錯覚もいいもの

生もの?やケーキなどを買うと必ず入れてくれる小型の保冷剤。
これを冷蔵庫で冷やしておけば、室内やアウトドアで暑くて我慢できなくなった時に首筋に置けば清涼感バッチリです! ひょっとしたら手ぬぐいなどで包んで首に巻くか置くと身体に優しいような気がします。

秘話)
会社のBBQの時、食材に入れてもらっていた保冷剤をポイポイ捨ています。

  その他253 ※ 小さいほうが首筋を冷やすには丁度いい!

何かに使えるハズと思って拾い集めて回収、皆に変な目で見られながらも挫けずに集めてから睨めっこ! どう使う? 暑いな~! なんか冷たいもの無いの? あれ?これ冷たい!と思うと同時に身体にペタペタ張り付けると気持ち良い(^^) どこが有効か試しながらやってみると首筋が一番なので、以降は首筋一筋で冷やしています(^^)v
こんな変なことをやっていた私に気づいた先輩や同僚は、何やってんだよ!変わった奴!なんて言われましたが、友人が暑いと言ったのでペタと1枚プレゼントすると大流行になって一躍ヒーローに昇格しました。

@ 保冷剤って最強! 工夫しだいで広がるバリエーション

暑さをしのぐ保冷剤から始まり、独身時代後半は”おまけ”で付いてくる保冷剤は全て冷蔵庫に入れて、必要な時にビールを急速に冷やしたりするなど有効に使っていました。

応用編として、最近のアウトドア用の保冷剤は優れもので-16℃まで冷えるものもあり、クーラーBOXに入れた肉を冷やすために保冷剤を入れたところ、取出すと凍ってBBQできなかったことがあるほどなので、通常時に複数の保冷剤を冷蔵庫の冷凍庫で冷やしておけば、万一停電が起こっても保冷剤を冷蔵室?や冷凍庫に分散して置くことで冷蔵庫内の温度上昇を抑えてくれるものと思います。

  その他252 ※ 良く冷えます!今ならもっと強力なものがあるかも?

ちょっと投資がいりますがクーラーBOXを買っておけば、停電時に腐り易いものを入れて強力な保冷剤を入れると更に長い時間保存ができると思います。

秘話?)
扇風機しか無かった学生時代、数多くの冷やした保冷剤を風呂用に洗面器に入れて、扇風機の前に置いて冷風扇?!と訳の分からないことを言いながら涼んでいました。

今は、キャンピングカーでも実践しています。
冷蔵庫の冷凍庫を使うことが無く、同じように冷えているのに使わないのは電気が勿体無い。なら、何かを入れておけていうことで保冷剤を数個入れるようになり、翌朝、ギンギンに冷えた保冷剤をクーラーBOXに移し、清涼飲料水や途中で買って冷蔵庫に入らなかったものを入れるようにしています。保冷剤は複数個あるので冷蔵庫とクラーBOXをローテーションさせて有効活用、冷蔵庫も冷えた保冷剤が入っているせいか設定温度を下げて丁度なので、電気使用量も減って一石二鳥の効果がでています。
例えば家庭用の冷蔵庫、機密性が高いので同じように冷凍庫で冷やした保冷剤を他の保管庫へ置けば温度設定を下げられるのではと思います...

@ 電気がダメならガスを使え

非常に簡単なことですがキャンピングカーでも悩んでしまいました。
キャンピングカー生活は絶えず電気使用量と蓄電との戦いで、何でもかんでも電化製品が使えるものではなく日常的に電気と向き合った生活をしています。
たとえば、電気炊飯器が電気量の関係で使えない時は、土鍋に米を入れてカセットコンロかキャンピングカーのガスコンロでご飯を炊きます。
同じように、電気ポット、電気調理鍋(今は下ろした)、蚊取器などなど、とにかく100Vコンセントに繋ぐプラグ付の製品は徹底的に見直して、ガスを使うもの、乾電池式に換えるなど、何が最適なエネルギーなのか考えて買って使うようにしています。

@ 省エネの採用はキャンピングカーが早い (参考)

たかが12V100A程度(増量可)のバッテリーが電力のキャンピングカーは、電化製品が使える時間や数には制約があるもので、いかに節電して効率良く使うことをダラダラと毎日?考えるせいか、今、節電と言われても別にって感じで自宅もキャンピングカーで考えた知恵を展開しています。

例えば、LEDなんて購入時に全て交換済みで、バッテリーの充電量を維持したいからソーラーシステムも積んだ。当然、電気を使う物は全てHAICEのメインバッテリーを使うか、キャンピングカー装備のバッテリーから使うか、それによって12Vの電気を使うか、100Vの電気を使うか、このように考えてから更に電池式にするか、ガスにするか考えて節電しながら快適な生活ができるように考える。これが習慣になってしまうので自宅でも同じように考えて工夫しています。
我が家もキャンピングカーと同じオール電化(*1)ですから...

*1 ・・・ キャンピングカーは一部ガスがあるので正式にはオール電化ではありません。

まだ書きかけですが夏が終わったら意味がないので掲載しますが、随時このページに書き足します
  のでご期待下さい。

スポンサーサイト

| なんでも日記 | 22:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cabcon.blog47.fc2.com/tb.php/910-a7064b0d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。