くるま旅@Boleroなキャンピングカー生活

キャンピングカーで行った”くるま旅”や”アウトドア”などキャンピングカーを活用する様々な遊びを紹介します。         by Boleroなおじさん

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

3月なのに雪!雪が降れば余呉湖、余呉湖といえばワカサギ釣り♪

先週の釣りで陽差しから初春の暖かさを感じながらワカサギ釣りもそろそろ終わりと思っていた今週、水曜日から週末にかけて寒波が来るとの天気予報が大当たり。
水曜日から雪がたまにチラつきながらも積もるほどもなく、木曜日も寒い一日を過ごし寝る前に外を見ると本格的な雪。翌朝は交通機関が気になるので少し早起きして外を見ると雪景色、マズイと思いながら出勤の準備をしていると雪景色を見た家内が「余呉湖が私を呼んでいる」「漁師の血が騒ぐ」...???
私も何となくそんな気がしていたこともあって金曜日の朝に釣りに行くことに決定!

4日(金)

帰宅後、釣りの準備を終えて最終点検。
忘れ物は無し!ただ、一日中雪がチラホラしていたことと、かなり冷えているために余呉湖の結氷だけが心配。今週の水温が5℃をキープしていることから1日や2日雪が降ったとしても薄い氷くらいだろう、ということで一応キャンプ用のタープポールを積み込み準備万端で20:30に出発。
名神上り線で北上するにつれて雪が多くなり、八日市ICを過ぎると吹雪のような降り方で視界も悪くなった頃に多賀SAに到着。いつものように夕食をとって外に出ると更に雪が激しく降って少し不安に...

  余呉湖147  余呉湖148

多賀でこんな雪なら更に北の米原や木之本がどうなのか?釣りはできるのか?
少し不安になりながらも行って見なければ分からない!行ってダメなら帰ればいい。
通行止めになると嫌なので早々に出発...
走行車線に入ると変わらず雪で視界が悪い中での走行でしたが、彦根を過ぎてから序々に雪が弱まり米原JCTから北陸道に入る頃には雪はチラホラ、北上するにつれて雪が弱まり周囲の雪積量も少ないことから、少し期待しながら木之本ICから下りて雪のない余呉湖に22:30到着。

  余呉湖149 ※ 雪はチラ...ホラ。暖かい

外へ出ると雪がパラパラ降っているのですが暖かい...
これじゃあ水温が下がるほどでもない。それに翌日の天気は晴れなので釣果に影響するかもしれない。分かったようなことを勝手に思いながら車に戻ってビール&ワカサギ釣りの最終準備しながらくつろぎます。
 
  余呉湖151  余呉湖150

朝起きると直ぐに出動できるように準備を終えビールを楽しんで00:20に眠りました。

5日(土)

04:00起床
準備しておいた荷物を外に出して出動準備完了!
駐車場を見ると雪の予報のせいかどうか分かりませんが車は疎ら、荷物を持って料金所に行くと既に並んでいる方がいて5番目です。料金所にはおじさんがいるのですが時間を見ながらも開けてくれません。04:30に入場開始、桟橋に入ると先週と同じ場所を目指して行ったのですが先に入場した方が釣り座を置いたので、しかたなく角の左側に釣り座を置いて竿を出してから車に戻って朝食。これが今シーズン最後かも?と思うと気合が入り食事も10分程度で終えて桟橋に戻り、04:55釣り開始。

前回同様なかなか釣れず、桟橋角に近い家内が角を集中的に狙ってパラパラと1匹ずつ釣上げる程度で、その一つ左側の私はサッパリ。1mの違いがこの違いと思いながら地味に釣上げますが数は増えず、喰いが止まると家内は南向きの外側で釣り始めて10匹程度Get。家内曰く、先週も今回も内向きが釣れない時間は外向きの方が釣れるとのことですが私には分からない。

  余呉湖152  余呉湖153

釣りながら感じたのは暖かい。日の出前で序々に冷え始めるハズなのに暖かく、指も凍えるような先週とは違って普通、こんな変化から近づく春を感じながらの釣りで話は次のシーズンのワカサギ釣りになっていました。日の出前後の放射冷却も無く心地良く釣りをしていましたが思うように釣果も上がらず一先ず小休止したのは07:00。

  余呉湖154  余呉湖155

  余呉湖156 ※ 07:00 
  
1番目と3番目の桟橋はポツポツの釣果で、2番目の桟橋は先週と同様の桟橋角が良く釣れて、その角を中心とする2辺がそれなりに釣れている状況でしたが、08:00を過ぎた頃から喰いが活発になり始め、置き竿に近い状態の竿にHitしたと思うと家内にもHit!釣れ始めてきたのでペース良く釣上げていきます。
 
  余呉湖157 ※ 08:00

この時の釣れ方は、仕掛けを底まで落として少し引き上げ1~2回上下させるだけで釣れたり、仕掛けを落とす途中で釣れるほど活発にワカサギが動き、釣れればダブル・トリプルの連続で2時間で一気に匹数が上がり調子良く釣上げていきます。
10:00を過ぎるとパタンと当たりがなくなり釣れなくなると、見切りをつけた家内は2番目と3番目を繋ぐ通路の外側を釣り始めて釣っては戻るの繰り返し、一緒に行って水面を見るとワカサギが湧いている所が2番目から3番目の桟橋方向へ移動しているようで、同じように釣り歩いて10分程度で30匹くらい上げたところで引きがストップ。この時の釣れ方もワカサギが活発なのか、仕掛けが水面に落ちて沈み始める時に仕掛けを追うようにワカサギが動く様子が見え、仕掛けを止めた途端に釣れたり、そうでない時でも1~2回誘いをかければ釣れる効率的な釣りを楽しみました。

  余呉湖159  余呉湖158

釣り座に戻ってお菓子&コーヒーで小腹を満足させていると竿が動き出して釣れ始めると釣りに集中!
この頃、漁協のスタッフのおばさんがゴミ回収にきて下さり、釣れたワカサギを見て100匹くらいですね。見て回ると3番目の桟橋が沸き始めていることを教えてくださり、こんなこと初めてと思いながらスタッフを見ているとゴミを集めながら釣果を確認したり、釣れている情報も教えているのか?おばさんが行った所の人達が3番目の桟橋に移動し始め、更に1番目の人達も3番目に移動していきます。
少し当りが無くなって止まった11:00、大腹を満足させるために車に戻ってカップメンの昼ごはんを食べるために車に戻ります。

  余呉湖160 ※ 11:00、1杯目終了。  

カップメンを1個完食!物足りない私はもう一つ食べてお腹も大満足、少し休憩してからと思っていると家内は出動準備。しかたなく私も出動準備をして桟橋の釣り座に戻り、一杯になったワカサギをタッパに移して空になったバケツで2回戦の開始...

  余呉湖161 ※ さっそく2連チャン、3連チャンの連続 
 
さっそく当たりがきて、まずまずの釣りを始めて良い滑り出しです。
この時、1番目の桟橋は散々で2番目の桟橋も3番目に移動する人が多く空き始め、3番目の桟橋は1番目と2番目の人が移って賑わい始めていましたがあまり釣れていません。

          3番目の桟橋           3番目の桟橋から見た2番目の桟橋
  余呉湖163  余呉湖162
  
当たりがなくなった頃にスタッフのおばさんがやってきて、3番目の桟橋でワカサギが湧きっぱなしと教えて下さいましたが静かになった桟橋も良い物で、のんびりしながらマイペースでお菓子やコーヒーで遊び気分の日向ぼっこ、たまにワカサギが釣れて退屈もしない。こんな釣りも良いもんだ!などと言いながら楽しむ釣りを始めました。
この時間帯の釣れ方は、少しの群れがたまにやってくるのか家内に当りがくると同時に私にも当りがきて、釣上げると家内も私も同じ棚の所に同じように釣れて10分程度釣り続け、当りがなくなると20分くらい釣れない時間が続くような繰り返し...
13:00を過ぎると釣れない時間が長くなり、釣れる時間が短くなっていきますが我が家は3番目の桟橋を気にしつつも、マイペースで楽しく釣りができる最初に居た場所で地味に釣り続けます。
新たに入場される人達は空いている1番目や2番目の桟橋で釣り始めますが、スタッフのおばさん情報を聞くと直ぐに3番目に移動していきます。こんな感じなので気がつけば1番目の桟橋は人っ子一人居ない状況で、2番目の桟橋も釣り座や道具を残して多くの人が移動して我が家と2~3人がポツンと残っているだけで、3番目の桟橋を見ると人も沸いているような感じ?というか、あれだけ多くの人が集まって釣りになるのかと思うほどの人だかり。

  余呉湖164 ※ 14:00
  
14:00を過ぎると、断続的に風が吹き肌寒く感じるようになり波も立って当りが分かり難くなるよう状況と、風が無い時は陽射しで暖かく水面も凪の状況が10~15分周期で繰り返すような天気になり、釣り辛く釣れない状況が続き、帰ることも考えましたが最後の釣りになるかもしれないし、もう一度釣って終わりたいと思って頑張りましたが状況に変化なく16:00迄続きました。

  余呉湖165 ※ 15:30

残り1時間しかないためか?少し残っていた人達が一斉に3番目の桟橋へ移動され、2番目の桟橋は我が家と3つ隣の2人組みだけになり、3番目の桟橋は異様に多い人が竿を上げていたので釣れ続けているのは容易に分かりましたが...

     2番目の桟橋、人が居ません    3番目の桟橋はワカサギ以上に人が湧いてます    
  余呉湖167  余呉湖166

2番目だっていつかは来る!と思いながら待っていると湧き始めたと同時に釣れ始め、竿を下ろす時にダブル・トリプルで釣れて20分くらいで50匹近く釣上げて当りが止まると16:45分。
閉場の放送が流れ始めたので竿を最後まで出したまま片付けて、惜しみながら最後に竿を片付けたと同時に湧き始め、この日一番大きな湧き方でワカサギも勢い良く動き回り、釣りたい気持ちを抑えながら釣り座を後にします。

  余呉湖168  余呉湖169

車に戻って今シーズン最後の余呉湖を見てから17:30に出発。

  余呉湖170  余呉湖171

途中の多賀SAで食事をとり、車中では今シーズンのワカサギ釣りの総括?をして次のシーズンの釣りを考えながら20:20に帰宅できました...?
時計を見ると20:20。前日は20:30に出発したので23時間50分のお出かけで、うち12時間がワカサギ釣り、睡眠時間が3時間30分、食事を含む移動が??時間、24時間めいっぱい遊んだ1日でした。

釣れた数を数えると399匹。前回の感覚で300匹くらいと思っていたのでビックリ!で、釣れ方も10:00までは前回を上回る釣れ方でしたが、以降は地味に釣上げる釣りになったこともあって予想を上回る釣果は、最後にふさわしい釣りができて大満足で2011年の余呉湖ワカサギ釣りを終えることができました。

★” ワカサギ釣行日記のまとめリンクページは、こちら

スポンサーサイト

| アウトドア(釣り) | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cabcon.blog47.fc2.com/tb.php/781-2934767d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。