くるま旅@Boleroなキャンピングカー生活

キャンピングカーで行った”くるま旅”や”アウトドア”などキャンピングカーを活用する様々な遊びを紹介します。         by Boleroなおじさん

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

3連休、行きたい所は数あれど寒波来襲で目的地がフラフラと...まあ西へ行こっ!

こんな感じで最後まで何処へ行くか迷走した我が家です。
はじめは、せっかくの冬だから雪景色を見ながら中部地方を北へ縦断して氷見から立山を見るリベンジ2回目の旅か奥飛騨の温泉満喫の旅、どちらにしようか考えていると週始めから天気予報が雪で大荒れと自信満々。雪道は平気ですが積雪で動けなかったり事故などで動けなると大変なので、伊豆にしようってことで天気を見ると雨ですが雪よりましなので決めました。翌日の天気予報で伊豆を見ると雪に変わってたので、またまた変更。じゃあ西の方がましかも?ということで瀬戸大橋~香川~淡路島を回る旅に決定。しかし、翌日の木曜日に天気予報を見ると近畿・四国も雪というか全国的な寒波で雪の予報に変わりました。
どうしようか考えても行く気満々、ルートは決めたものの具体的に何処へ行くか決めていない状態で出発です。

10日(木)

水よし、荷物よし、ビールよし!OK。準備を終えて21:30に出発。
いつものICから高速に入り久々の下り線へ、この前はいつ下り方向を走ったか思い出せないくらい前なので、圧倒的に東への旅がほとんどなんだ...
こんなことを思いながら懐かしい感じで走り続けると、吹田JCTくらいから雪が舞い始め中国道を進むにつれて猛吹雪。道路規制情報が出始めて中国道は各所でチェーン規制、そのためか?山陽道への分岐が近づくにつれてトラックや普通乗用車も山陽道方面に入り始め、中国道を進む車が無いくらいで多くの車が山陽道へなだれ込み、大混雑で吹雪の山陽道を走り三木SAで夕食タイム。
何を食べようか考えていると気になるうどんが!テレビで見たことのある大阪のかすうどんです♪
ためらわずに食券を購入、美味しくいただきました(^^)v 全国デビューしてほしいですね!

  SA136  SA137

三木SAを23:30出発して次ぎの龍野西SAで厄介になることにして00:31到着。

  くるま旅292 ※ 明日はどうなることやら...

今回は直前まで何処へ行くかフラフラしていたこともあって、与島のフィッシャーマンズワーフと讃岐うどん!この程度しか考えていなかったので、くつろぎながら観光ガイドと睨めっこ。幾つかパターンを考えているうちにアルコールで好い気分になって01:10頃にダウン...

11日(金)

何やら家内が賑やかに騒いでいるので目が覚めると車内は真っ暗...
07:30起床、天気は曇り時々雪。

  くるま旅293 ※ 周りは雪化粧...

何事かと思って聞いてみると、TVを見ていたら突然TVも室内灯も消えたそうな。前回と同じ現象なので今回の利用で白黒ハッキリさせよう?!なんて楽しみながら数値計測と観察の旅の始まりです。
どうせ電源落ちてるんだからご飯!ということでSAの食事処で朝食、急いでもしかたないのでお土産を買ったり散歩して過ごしてから出発準備開始...
どうもサブバッテリーが怪しい感じなので、架装部内の電気を消費する装置や機器は電源を切り、走行充電でしっかり溜めて夜に使うようにする節約作戦で3日間過ごすことにして08:30に出発。

昼ご飯&遊びポイントの与島フィッシャーマンズワーフには昼に着けばいいので、以前から気になっていた日本のエーゲ海と呼ばれる牛窓に立寄ることにして備前ICで下りて牛窓方面へ。途中、夢路の生家の案内板がありましたがパスして牛窓港へ10:10到着。

  くるま旅306 ※ 牛窓港、駐車スペースが広いので釣りにいいかも♪

あいにくの天気のせいか?とてもテレビで見たことのある(^^)エーゲ海には見えません。ただ、海を望むホテルなどはお洒落な建物ばかりで、高台には多くの別荘やペンション、海辺にはヨットハーバーやアリーナがあり数多くのヨットやクルーザーが係留されているので凄いことは分かるのですが?...
高い所から見下ろすとエーゲ海らしさが分かるのでは?と思い、小高い山の山頂にあるオリーブ園に移動してみると牛窓の街や瀬戸内海が一望でき、きっと天気の良い日や夏場はエーゲ海らしく見えるのかな?と思うのが精一杯でしたが...

  くるま旅294 ※ オリーブ園の他の写真は、こちら 

展望台にあるお店でガーリック入りオリーブオイルをお土産に買って少し満足して11:15出発。
岡山市をブルーラインでバイパスしてショートカットで自動車道へ向かい、途中セルフのガソリンスタンドで給油の時に、家内がバックモニターに水滴が着いて見えないからとカメラを拭き掃除。とことがカメラの中に水滴が...そんなこと?と思ったのですが見るとパッキンが外側に飛び出していました。なるほほどな!どこかホームセンターがあったらパッキンでも買って直そうということで一件落着?!
給油を終えて出発♪鷲羽山近くから自動車道へ上がって少し走れば瀬戸大橋!

  SA130 ※ 10年ぶりだ~!!!

10年振りくらいなのでキャンピングカーで来たど~!!と思いながら目的地の与島が近づいたので下を見るとフィッシャーマンズワーフが、あれ???駐車場に車が数台見えるだけ。少し不安に思いながら与島で下のPAを通ってフィッシャーマンズワーフに12:20到着。

  SA127 ※ 悲しくなるぐらい寂れてました...

ひと気が無い...
恐る恐る入って見ると広い店内に少しだけの販売店があるくらいで、恐ろしいほど?しぃ~ん!として施設を通り抜けて海側に行っても人がほとんど居ません。

  SA125  SA126

  SA124  SA121

以前来た時は裏側のイベント会場はイベントで賑やかで、桟橋には日本丸のような帆船が入船して遊覧できて半日遊んでも遊び足らなかったのですが...

どうしようもないのでPA施設へ戻って海鮮は無理なので妥協しながらもメニューを見ると。
妥協しました...

  SA122  SA123

残念に思いながら写真だけ撮って行き先探し。( 与島PAでの他の写真は、こちら

  SA129  SA128

予定が狂ったから時間的には中途半端、少し早い時間と思いながら日帰り温泉目当てで道の駅ふれあいパークみのに行き、時間によっては車中泊したらいい。残念な気持ち一杯で13:20に余島を出発。

  SA131 ※ いざ、坂出に!

道の駅ふれあいパークみのに13:50到着。

  道の駅300  道の駅301

とにかくお風呂!って感じで温泉に入り車でくつろぎます。車中泊とも思いましたが道の駅での食事や食べ物類の販売が無いに等しかったので断念して16:20出発。

瀬戸大橋、坂出側の海辺に2つの道の駅があり周辺は市街地で便利良さそうなので行ったのですが共に夜10時以降は駐車場を締めるそうなので撤退。しかたなく場所的に近い道の駅滝宮に行くことにして時間的にも食事は無理そうなので途中にあったスーパーで惣菜を調達、しばらく走るとホームセンターを発見!立寄ってゴムパッキンを買ってリヤモニター用カメラのパッキンを交換、10分程度の簡単修理を終えて道の駅には17:30到着。

  道の駅302  道の駅303

  道の駅304  道の駅305

この町は讃岐うどん発祥地だそうで道の駅で食べたり、うどん打ち体験もできるのだそうですが営業終了。来る途中もスーパー以外の食事ができるお店が少なく、道の駅周辺もお店がなかったので寂しく買ってきた惣菜を並べてかんぱ~い!

  くるま旅295 ※ スーパーで買ったのですが...旨い!!!

旨い!地物の鳥や海産物の惣菜はやっぱ違う(^^)v大満足の夕食を終えてTVを見ていると、道の駅にあった不審?な犬の張りぼては実在している犬で、警察のコマーシャルに出ている地元では有名な犬のようです。こんなこと地元のTVを見ないと分からない!少し得した気分になって次のニュースを見ると、なんと!高松の積雪は25年振りだそうで雪景色の栗林公園は珍しいようで、アマチュアカメラマンや見に訪れる人が多いとのこと...
これだ!栗林公園が何なのかよく分かりませんが、とにかく25年振りと聞けば行かなければ損した気分?になるので、雪の影響で思う所へ行けないこともあって明日は栗林公園で決定!!!
電源の不安定を気にしつつTVを見ていましたが、20:30を過ぎると眠くなり始めて30分もしないうちに寝たようです。

12日(土)

08:00起床、天気は曇りのち雪
よく寝たもんだ!おかげでスッキリして気分もよく外へ出て知らない町を散歩。
今日は、栗林公園、昼はたらいうどん、宿泊地はお風呂の近く?、夕食は地元の魚と骨付き鳥!こんないい加減な予定を立てて09:10に出発。
とにかく朝ごはん!お腹が空いたので高松市内へ進みますが全く何もありません。やっと見つけても開店前や、ちょっと朝ごはんにはキツいな?と思うような物ばかりで、このままだと栗林公園に着いてしまうと思った時に発見!全国区のファミリーレストランへ入りモーニングセットを食べて一安心。

  くるま旅296  くるま旅297

お店を出て周囲を見ると地元の大手スーパー?&ショップがあり、看板を見るとL.L.Beanがあるではないですか!じゃあってことで行ってみるとバーゲン中、しばらく前に私が買ったアウターウェアがあり値段を見ると微妙?隅から隅まで物色して買わずに店を出て栗林公園へ向かい、わずか10分程度で到着です。

10:40、入園。
雪景色...確かにそうなのですが余呉湖と比べると?、などと思いながらここでは25年振りの積雪らしいので、昼ごはんの讃岐うどんタイムまでお腹を減らそうと所要時間1時間の園内を散策...

  栗林公園002  栗林公園001

園内は、昔の立派な人のお金持ちの庭?って感じで贅沢とも思えるような庭園や離れ風のお屋敷ばかりでした...

  栗林公園008  栗林公園005
  ( 栗林公園での他の写真は、こちら )

そろそろ園内を一周、少し寄り道してご当地物の販売店でお土産を買って駐車場に戻る頃にはお腹もすっかりいい感じ。

12:00に駐車場を出発して四国村へ向かいます。途中キョロキョロしながら骨付き鳥のテイクアウトのお店がないか探しながら四国村が見えてきた時に、あった!お店的には高級レストラン風なのですが”鳥”とかかれています。帰りに寄ることにして四国村には12:30到着、高松の街って以外とコンパクトなどと思いながら、わらやに入店。前回と同じく”たらいうどん”を注文して美味しくいただきました。

  グルメ061  グルメ060

前回も買って美味しかったうどん8食分をお土産に買って四国村を出発し、先ほど見つけたお洒落な鳥屋さんへ行き、聞きづらい感じでしたがテイクアウトできるか聞いてみるとOKとのことで、おやどり、ひなどりを一本ずつ買います。

  くるま旅299  くるま旅298

お店近くのスーパーで地元の惣菜を買い足して道の駅を目指し、走りながら候補の2箇所でどちらにするか周辺も含めて考え、日帰り温泉が近くて道の駅周辺の景色も良さそうな道の駅津田の松原に決定!
途中、道の駅源平の里むれに立ち寄り、骨付き鳥の冷凍と魚の加工品を買ってから前回気になった食事処を物色、地物の魚を調理したおかずが美味しそうなので店員の方にテイクアウトできるのか聞くとOK(^^)

  道の駅307  くるま旅300

造りだけはダメとのことなので、きんめの煮物、はまちのかぶと焼き、自家製の塩辛を買って晩酌の準備完了!
それから約10分くらいで道の駅に到着、施設内の販売品と讃岐うどんのコーナーを物色してから日帰り温泉ベッセルおおちへ移動。国道からそれて前方を見ると海を見下ろす高台にホテルのような立派な建物があり、少し期待しながら進んで行くと先ほど見た建物でした。

  日帰り温泉033  日帰り温泉034

  日帰り温泉036  日帰り温泉035

駐車場には他にキャンピングカーが3台、同類だ?と思いながら入浴タイム。
湯船や露天風呂から瀬戸内海を見下ろす絶景のお風呂で景色を楽しみながらのお風呂は最高でした。
風呂から上がって食事処を見に行くと、なんと料亭のような高級感のあるお店があり料理も海の幸を多く使った美味しいそうなメニュー、ここで食べれば良かった!と思いながら道の駅津田の松原に戻ると17:00。

  道の駅309  道の駅308

少し周辺を散歩して、陽が暮れた頃に食べたいものばかり買った贅沢?な夕食タイム。

  くるま旅301 ※ ちょっとお汁が垂れるもんで(^^;)

美味しい!旨い!!!の連発で30分足らずで食べてしまいました。
他に何もすることがないせいか?車で出かけると早く眠くなるもので、TVを見ながら少し過ごして21:00には眠りにつきました。

13日(日)

08:00起床、天気は初めて晴れ!
前日に買っておいたパンを食べてから、道の駅から徒歩5分ぐらいで行ける津田の松原を散歩。

  道の駅310 ※ 道の駅から津田の松原へ。写真は、こちら

私には松の良さがイマイチ分からないのですがそれなりに良いなと思いながら見て歩き、松林を抜けて美しい瀬戸内の海を見て少し過ごしました。

道の駅を08:40に出発。
かなり早い時間なので国道を海岸線沿いに走り、大鳴門峡を見ることにして鳴門公園の展望台に行くことにして走り続け、鳴門公園に繋がるドライブウェイを走れば様々な角度から目に飛び込んでくる大鳴門橋は迫力のある美しさで、退屈することなく景色を見ながらのドライブで鳴門公園には09:45に到着しました。

  くるま旅302  大鳴門橋012
  ( 鳴門公園の自動車道を跨ぐ陸橋や展望台からの写真は、こちら )
  
駐車場の横は自動車道、その自動車道に架かる陸橋に上がれば真下に見える自動車道と大鳴門橋を正面に見るのは凄い絵で、渡りきった所から渦潮を見る遊覧船が眼下に見える景色は最高でしたが渦が巻いてません。
渡りきった所の建物の前で係りの人に声をかけられ、聞くと橋から渦潮を見ることができるとのこと。施設の入り口から橋の内部に繋がっているらしく、歩いて渦潮の上まで行ってガラス張りの床から見るようになっているそうですが!潮が巻く時間を聞くと08:30と13:30とのこと???、08:30は過ぎているから、次は13:30ってことは何時間待つの?無理!と言っても勧める係りの人は凄い。
しかたなく陸橋を戻って展望台に上がることにして往復¥400円(1名)を払って、長~~いエスカレーターで展望台に上がってみると凄く良い景色です。
大鳴門橋を右下に見下ろし、徳島・香川県の雪で白い山、瀬戸内海、橋、紀伊水道など360度のパノラマで寒くなければ景色を見続けたいような所でした。

お腹の時計を確認しながら昼食ポイントの淡路SAに12:00頃に着くように計算?すると、しばらくゆっくり過ごすことにしてお土産を買ったり散歩したりしているうちに小腹が空き、写真を見て気になっていた”鳴門ちゅるちゅるうどん”を1つ注文、家内と半々で食べることにして少し多く食べて満足!

  くるま旅303 ※ 鳴門ちゅるちゅるうどん

このうどん、乾麺のような感じですが”ちゅるちゅる”と名がついているように食感がちゅるちゅる、お汁は薄味で塩の味もするシンプルで美味しいうどんでした。

小腹を満たしてから大腹を満たすために鳴門北ICから自動車道に入り、先ほどまで散々見た大鳴門橋を渡ります...

  くるま旅304

陸橋や展望台をバックミラーで見ながらお別れして淡路SAに11:50到着。
これまた前回と同じタコ飯とうどんのセットを食べて大満足!

  SA135 ※ いつもこれです(^^;)

しばらく明石海峡大橋を...

  明石海峡大橋001 ※ その他の写真は、こちら

さあ帰るぞ!と思いながら、毎回気になってた隣接するハイウェイオアシスの立派な建物、一度は見ておこうと思ってSAから専用の道路を通って2分で到着。
車を止めて階段を上がった所にあったお店の看板を見て愕然!この3日間、一度は海産物たっぷりのご飯を食べたかったのにここにあった!(*_*)、タコ飯&うどん、食べなきゃよかった。

  SA132  SA133

  SA134 ※ アジの開き買いました。¥180円

こんな気持ちで施設内に入るとえ゛ぇ゛ぇ゛~!!!お洒落なカフェテラスに、SAとは比較にならない数多くのお土産、それになんといっても新鮮な海産物が一杯で大ショック(+_+)、気をもち直して肉厚のアジの開き一匹¥180也、安っ!!!4匹をお土産に買って落ち込みながら車に戻って出発しました。

  くるま旅305 ※ 何度通ってもいいですよね

淡路SAを利用するようになって10年、何故今までハイウェイオアシスに行かなかったのか?10年損した気分でリベンジを考えます。
この淡路SAはUターンできるので、休日に新鮮な瀬戸内の海の幸が食べたくなったら淡路SAまで来て、ハイウェイオアシスに隣接する魚料理専門店で料理&お酒を呑んで過ごして、車で寝て朝戻るようにしたらバッチリだし、釣り&明石海峡大橋のたもとにある温泉に入って昼を遊び、夕方に自動車道に入ってハイウェイオアシスで夕食&車中泊したら充実した休日を過ごすことができる!絶対に来るぞ!!!このパターンのお出かけが決定!スッキリすると今度は、ワカサギ釣りや悩みの種のサブバッテリー問題、こんなことを考えていると時間が経つのは早いもので退屈せずに14:30に帰宅できました。

今回のお出かけ。思い出してみるとグッスリ寝たこと、いろいろ好きなものをいっぱい食べたこと、サブバッテリーの電圧を観察していたこと、ほとんど無計画で適当にガイド本やTVのニュースを見て行ったこと。なんか?行ったぞ!というより、なんとなく行って自宅のように過ごしたって感じで、それはそれで良いような気もするような変な旅?でした。

☆*:・°★:*:・°━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★ バッテリー問題、スッキリしました。バッテリー寿命と判断、対応の日記は、こちら
スポンサーサイト

| くるま遊び日記 | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cabcon.blog47.fc2.com/tb.php/777-27c56844

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。