くるま旅@Boleroなキャンピングカー生活

キャンピングカーで行った”くるま旅”や”アウトドア”などキャンピングカーを活用する様々な遊びを紹介します。         by Boleroなおじさん

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

冬キャンプってどんな道具で、どれだけの荷物なの?

29日の出発準備完了!今年も年越しキャンプに行くぞ~♪
キャンピングカーオーナーの方でプチ冬キャンプを考えておられる方、テントキャンパーの方で冬キャンプデビューしたい方の参考になれば幸いです。

私が準備するリストとして使えるように書いたものに紹介用のコメントを書き足した日記です。

  キャンプ場075      キャンプ場074

☆ キャンプ道具 ☆

< 標準装備?(常時積込)>

■クーラーBOX(coleman)
  3泊のキャンプなので冷蔵庫とクーラーBOXに分けて食材を保存
■テーブル(Snowpeak)
  食事や昼間まったり過ごしながらお酒を呑むので必須アイテム
■テーブル用小物一式(Snowpeak・coleman)
  物でゴチャゴチャするのは嫌なので小物グッズを使ってスッキリ。
■耐火小型テーブル(UNIFLAME)
  普段は七輪を置いてBBQするですが今回はサブテーブルとして使う
■食器類各種(Snowpeak・coleman・montbell)
  皿、小鉢などのコレール製品、お椀はsnowpeakの雪峰椀セットで、おちょこ、ワイングラス、金
  属製マグカップ、保温カップなど様々
■調理器具一式(Snowpeak・coleman・UNIFLAME)
  包丁、まな板、snowpeak鍋セットなど
■折りたたみ式チェア(大X2)(coleman)
  椅子がなければ座れない。テーブルとセットで必須アイテム
■ガソリンランタン(大・中)(coleman)
  冬キャンプではガスランタンは使い物になりません。ガスボンベが冷えて気化しにくく、燃焼
  時のボンベの水滴が凍って更に燃焼しにくくなり消えてしまいます。
  一部には冬でも対応できる特殊なガスボンベもありますが割高、ガソリンランタンの方がコス
  ト的にも安価で安定した燃焼性能は勝っていると思います。
■電池式ランタン(coleman)
  冬場は早く暗くなるので灯りは多い方が良い。もしガソリンランタンのガソリンが無くなった時
  の予備としても使える
■ランタンスタンド(ノーブランド)
  ランタンを吊るすので必須アイテム
■ランタン用消耗品一式(coleman)
  マントル、ガソリン抜き、調整用の専用器具など、消耗品やもしもの時のアクセサリーです
■LEDストリングライト(coleman)
  キャンプの雰囲気を楽しむだけですが、寒い冬は灯りを見るだけでも温かく感じるので効果
  的かも
■BBQ用小物一式(Snowpeak・UNIFLAME)
  今回は使いませんが、炭・火箸・点火剤・チャッカマン・うちわなど
■タープ用小物一式
  タープ専用

< 積込キャンプ道具 >

■リビングシェル(Snowpeak)
  夏は全てメッシュにして風を通し虫の侵入を防ぐために使いますが、冬は全てのフラップを閉
  めて外気の進入を防ぎシェル内部の温度を保ちます
■アルミ製4段食器棚(サウスフィールド)
  年越しキャンプなので通常の3泊4日より荷物が多いことと、キャンピングカーの中はスッキリ
  したいので、キャンプ期間は食器をシェル内の棚に置きます
■薪ストーブ(ホンマ製作所)
  趣味の火遊び兼、暖房器具兼、調理で使える便利グッズ。暖房という観点では焚き火台もあ
  りますが、寒い時期は表面だけ暖まる焚き火台より全体的にジンワリと温まる薪ストーブが
  有効で、なにより優れているのはシェル内に引っ張り込んで使うことができることです。
  調理器具としても大活躍、かなりの熱量なので煮物などに最適で、長時間煮込むテールス
  ープやおでん、直ぐに焼けるお餅など美味しくでき上がります。
■クーラーBOXスタンド(coleman)
  クーラーBOXは車外に置きますが、この時期地下置きすると地面からの冷えが伝わって中の
  食材が凍るために、スタンドの上にクーラーBOXを置きます。夏は逆で地面から伝わる熱で
  中の食材が傷むので同じようにスタンドを使います。

☆ キャンピングカー用品 ☆

< 標準装備?(常時積込)>

■レベルブロック(FIAMMA)
  キャンピングカー停車時の傾きをレベルブロックで調整
■グリップシステム(FIAMMA)
  走行中にタイヤがスタックした際にタイヤにかまして脱出します
■タイダウンキット(FIAMMA)
  今回も使いませんが、強風時のサイドオーニング固定用ロープですが、いつもテントやタープ
  用のロープで固定しています。
■スタープレート(FIAMMA)
  今回も使いませんが、サイドオーニングの足を地面に固定するプラスチック板とペグですが、
  いつもテントやタープで使うペグを直接打ち込んでペグダウンしています。
■オーニングフック(FIAMMA)
  ランタンを吊るしたり、LEDストリングライト(イルミネーション)を吊るす時に使います。とにか
  く何かを吊るしたくなったら使う便利グッズ
■マルチシェード
  キャブ部分のフロントガラス、左右のガラスに吸盤で貼り付けて冷気による車内の冷え込み
  を防ぎます
■外部電源接続ケーブル
  3泊4日、キャンピングカーでダラダラ過ごすつもりなのでソーラーだけでは充電が不十分。
  AC電源付のサイトを予約したので、AC電源とキャンピングカーに繋ぐために絶対に必要な
  ケーブル。忘れたら悲惨なキャンプになります。

☆ その他 ☆

< 標準装備?(常時積込)>

・薬箱
  暴飲暴食、ハンマーで手を打った、ブユに咬まれたなどなど、よくお世話になる薬箱は必要
・布団、毛布
  バンクベッド物置?に何でも積んでいるので寒ければバンバン使います
・防寒服各種(L.L.Bean・montbell・ノーブランド)
  キャンプ!外で過ごすことが多いので温かい服を着ないと耐えられません。また、服がいくら
  温かくても首や手など露出している部分から冷え込んでくるので、レッグウォーマーや手袋は
  かなり有効です
・ホッカイロ(靴の中敷きタイプ)
  足の裏からシンシンと冷たさが伝わってくると身体全体が寒く感じるので、靴の中に敷くタイ
  プのホッカイロはかなり効果があり、逆に身体全体が温かく感じて寒さが苦になりません。
  なので、身体中にいっぱい張るよりも靴の中敷に入れる方が効果大。
・電化製品各種
  いつもなら鍋でお湯を沸かしたり鍋でご飯を炊いたりするのですが、一応お正月なのでダラダ
  ラと過ごすために、簡易湯沸しポットや炊飯器などで手を抜きます
・カセットガスコンロ
  鍋やジンギスカンなど屋外で食事をする時に使います。キャンプ用のバーナーより熱効率が
  いい。この時期、バーナーもランタンと同じでガスカートリッジの結露が凍って役立たず。

☆ その他Ⅱ(食材・他)☆

< 積込品 >

・ジンギスカン(あんべ取寄せ)
  10月のキャンプ大会用で取り寄せたものが1つ残っているので30日の夜はジンギスカン!
・ジンギスカン用の鉄板
  やはりジンギスカン用じゃないと盛り上がりません
・鯛
  過去も何度か失敗しましたが、年越しキャンプする地域は鯛の塩焼きが無い?!どうもその地
  域は酢蛸を食べるようで、スーパーに行くとバケツ(小)に入った酢蛸ばかりで鯛がありません。
  私は関西人なので正月といえば鯛の塩焼き!なので持参します。
・正月用の室内飾
  キャンプ場とはいえ一応お正月、小さな飾ですが車内に置いて正月気分になります
・お重
  正月といえばお重なので重箱を持って行って中身は現地調達
・お餅
  残っても大変なので切り餅のパック入りを持っていきます
・餅焼き網
  餅を焼くために必要です
・酒類各種を大量&おつまみ
  お正月なので呑みまくります!
・その他
  野菜、ご当地物は現地調達

★ この日記で紹介したキャンプ道具を使ってのキャンプ日記は、こちら
スポンサーサイト

| アウトドア(キャンプ) | 02:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cabcon.blog47.fc2.com/tb.php/737-c05d5158

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。