くるま旅@Boleroなキャンピングカー生活

キャンピングカーで行った”くるま旅”や”アウトドア”などキャンピングカーを活用する様々な遊びを紹介します。         by Boleroなおじさん

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【 快適 】 組み合わせ式のウレタン・コルクで断熱効果UP

寒い時期は、キャンピングカーの床面は冷えたシャーシから伝わる冷え込みは厳しいもので、足元マットを置いても効果がないほど暖かさを感じません。
こんな時に有効なのは組み合わせ式のウレタン・コルク製の床敷きマットで、1cm近い厚みで下からの冷え込みによる室内温度の低下を防ぎ、足の裏も温かく過ごすことができます。
製品は、ホームセンターでよく見かけるパズルのように組み合わせるマットで、材質はウレタン製や表面がマットのウレタン製、コルク製のものが1セット(10枚)¥700~¥1300円くらいで販売されています。

  その他142 ※ 今回はコルク製を購入

我が家は前車の時はウレタン製を敷いていたのですが、FFヒーターの温風吹き出し口が下を向いているので熱で変形したこともあって、今のキャンピングカーも構造が同じなのでコルク製を購入し、組み合わせたり切ったりして床面に敷き詰めました。若干作業は荒っぽいですが効果抜群です。

  快適化098  快適化099

< 2010.11.22 追記 >

11月19日夜~21日に木曽路に行った際に効果を確認すると、車内温度を保つ効果は分からなかったのですが、床面の冷えについては抜群の効果があり足の裏の冷たさを感じることなく過ごすことができました。フロアマットの構造を断面で見ると表面の数ミリがコルク板で、他はゴムを含む剛性板だったことから温かくするには、安価なお風呂の床敷きのような普通のウレタン製の方がいいかもしれません。ウレタン製のマットは前車の時に敷いていたので今のマットと比較して、前車の時の方が温かかった記憶があります。

スポンサーサイト

| 快適化 | 16:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cabcon.blog47.fc2.com/tb.php/687-0ac235ea

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。