くるま旅@Boleroなキャンピングカー生活

キャンピングカーで行った”くるま旅”や”アウトドア”などキャンピングカーを活用する様々な遊びを紹介します。         by Boleroなおじさん

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

探すこと4年、やっとRV&キャンピングカーGUIDE2000年版を購入!

国内のキャンピングカーが大きく変化した2000~2003年がどうだったのか?2001年・2002年・2003年のRVGUIDEは既に購入済みで、1BOXベースのキャブコンが大盛況、2001年以前で持っている1999年版は国産は極少、いったい大きく変化したのは2000年なのか?2001年なのか?、知りたくてしかたがなかったのでオークションサイトで探すこと4年、ついに2000年版を発見したので落札、待望の本が本日届いて現在熟読?中です。

 その他101 ※ グランドハイエース ベースのキャブコンが登場!

大まかにご紹介、

1999年と比較すると何故?って思うほど大きく変化しています。99年は輸入車が多くキャブコンはトラックベースの国産車が数種類で、多くはHIACEのバンコンで寂しいくらい車種が少ない。ところが2000年は、グランドハイエースをベース車両とするキャブコンやバンコンが登場、ファーストカスタムのグランドロイヤル、レクビイのグランビラ、アネックスのエディが発表されて華やかな兆しで、どれを見えても個性的で素晴らしいキャンピングカーばかりで素敵です。
ただ気になるのは、グランドハイエースが販売終了となり次のベース車両をどうするのか?と思う2004・2005年には、ビルダーの数がめっきり減ってしまって、キャンピングカー購入における選択肢も激減したことが寂しい限りです。そんな中、今残っているビルダーや新規参入のビルダーは凄いことだと思うのですが、特にHIACEをベース車両として使うビルダーはリスクが高いと思うので、現在の選択肢が少ないのも十分理解できます。
2000年にグランドハイエースをベース車両として造られて、2003年をピークにして多くのキャブコンがあった時代が羨ましいかぎりです。

☆ 1997年版は昨日ゲット!、あと1998年版が揃えば完璧で全て揃えば日本のキャンピ
  ングカーの変遷が分かると思います。
   ( 私の愛読書?のキャンピングカー雑誌の記事は、こちら

スポンサーサイト

| なんでも日記 | 16:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cabcon.blog47.fc2.com/tb.php/578-93bd4434

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。