くるま旅@Boleroなキャンピングカー生活

キャンピングカーで行った”くるま旅”や”アウトドア”などキャンピングカーを活用する様々な遊びを紹介します。         by Boleroなおじさん

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

立山山麓キャンプと立山~黒部の旅

7月11日(日)

梅雨明けも近い3連休、何処へ行こうか考えて涼しい所へ...
何処が涼しいか考えることもなく標高の高いキャンプ場へ!

その他098

ということで予約を終えると、さっそく買出しと給油とタイヤの空気圧チェック!
準備完了!!!今週頑張って仕事して16日の金曜日の夜に出発です。

7月16日(金)

帰宅後、21:00出発。
いつものように多賀SAで夕食をとって小矢部川SAへは00:10到着。
外気温32℃、室内温度30℃...
ご近所さんの邪魔にならない窓を開けて風を通すようにしてベンチレーターで排気、室内温度は28℃...ご近所の自家用車の方々も暑いのかエンジンをかけてお休み中、さすがに耐え切れずにエンジンをかけてエアコンで冷やしながら過ごして、01:00に眠りました。

7月17日(土)

08:00起床、天気は快晴!
SAで朝食をとり、ガソリンを給油して09:00に出発。
直接キャンプ場へ行くと早すぎることと2日分の富山ならではの食材を求め海の駅 蜃気楼に行くことにして10:10に到着。

 道の駅166 道の駅164

防波堤が直ぐ横にある場所で多くの方が釣りをされてのどかな感じ、しばらく美しい富山湾を見ながら暇をつぶしてから店内を物色。地元産の海産物が販売されていたので、焼き物に大きなノドクロ、炊き込みご飯用に大きな活サザエ、アマダイのお造り、イカ・ツブ貝のたき物、カマボコを買って10:45に出発。
次の目的地はかねてから気になっていた道の駅併設のホタルイカミュージアムへ、走り始めて30分で目的周辺に到着しましたが、どの道も封鎖されて警備の方がおられて進入できません。警備の方に尋ねると年に一度の祭りが2日間あるとのことで進入禁止。しかたないので諦めて、日帰り温泉よしみね温泉経由でキャンプ場へ向かうことにしましたが、もし道の駅で車中泊する計画で旅行してたら困ったことになる、てなことを思いながら日帰り温泉に12:30到着。

 日帰り温泉022 日帰り温泉023

当初、グリーンパーク吉峰は日帰り温泉、レストラン、その他施設も備えている複合施設なので、移動する煩わしさがないと思い同施設のキャンプ場の予約で電話すると、AC電源サイトが無いということで断念、ただ訪れてみるとキャンプを変えて良かった?と思いながら温泉で汗を流し、昼食は施設内の食事処で富山ブラックラーメンを美味しくいただきました。

 日帰り温泉024 日帰り温泉025

食事を終えてくつろいで14:00出発。
まもなくキャンプ場という所でナビの案内を見ながら間違えて通過、道路標識を見ると立山駅とあり???翌日、立山駅から黒部の大観峰まで行く予定で、立山駅は勝手に富山方面まで戻るものだと思っていたこともあって嬉しくて立山駅見物?に行きました。周辺の駐車場の場所やスペース、飲食店を確認してキャンプ場へ行こうとナビを見ると別ルート、不思議?に思いながら案内にどおりに行くと大きな整備された道路で、しばらく行くと5分程度でキャンプ場へ到着。

管理棟でチェックインの手続きをする時に、翌日は立山・黒部方面へ行くために情報を聞くと当日に切符を買うのは大変、前売り券が16:30から販売されるので事前の購入を勧められ、後に買っておいてよかったと思うことになります。管理棟内を物色すると予約時に確認したとおりの最低限のものしか売ってなくて、薪・炭・歯ブラシ・塩・醤油くらいで時間はかかりましたが2日分の食料と、キャンプ用品の消耗品を持ってきて正解!と思いました。チェックインを終えてキャンプサイトまで車で数分、気を利かせていただいてサイトが大きめの一番端のサイトに到着。早速、キャンプ道具を出して設営...

 キャンプ場043 キャンプ場046

ランタンやBBQ準備をして夜の準備を終えた頃に丁度いい時間になり、少し早めとは思いながら16:10にキャンプ場を出て立山駅に16:16到着。駅を見ると何やら長蛇の列?もしやと思って列に並ぶと前売り券を買うために30組くらい並んでいます。

 立山001立 ※ 車の右後方に長蛇の列が...

待ち時間で整理をしている駅の方に聞くと、もともと立山駅周辺の宿泊者向けに前売り券を販売し始め、それが広まって多くの方が買いにくるようになったそうです。始発は06:00で10分間隔の運行ですが、ケーブルカーの定員が70数人で運行時間が7分かかることから、それ以上運行することは不可能なので運べる人の数も限界があるそうです。
参考程度に駐車場の状況を聞くと、当日(16日)はAM2時から駅で並び始めたそうで、駐車場は高速が¥1000円になってからは前日夜間には数多くの方が駐車場に入り、それに加えて前日に車を駐車して登山やホテルで過ごされている方もおり、朝一番の状態でもかなりの車が停まっているそうです。
駐車場は駅近くから埋まっていき一番遠い所だと駅まで徒歩20分かかるそうなので、最悪を考えて06:00過ぎには駐車場に入り、歩いても少し余裕がある時間にということで07:20発の往復乗車券を購入。

キャンプ場に戻ると17:00、さっそくBBQの準備をしながら夕暮れの山の景色を見ながら過ごしていると、日暮れまでは海から山の方向に吹く風が日暮れと同時に山から海へ吹きおろす風に変化し、肌寒さを感じるほどの涼しさで快適になりましたがブユが活動し始め、肌がむき出しのところは襲撃されて痒みと腫れで大変でBBQどころではありません、30分もすると去っていきましたが痒みで最悪のBBQでしたが、海産物は美味しくて満足のいく食事ができました。
食事を終えると痒みが気になり始めてビールを飲んでごまかすしかなく、どんどん飲んでいるうちに酔ったらしくて眠った時間も覚えていません。

18日(日)

04:00、寒くて目覚め窓を閉めて寝なおします...
05:45起床、天気は快晴で前日より空気が澄んでいて山に行くには最適です。
準備を終えて出発したのは06:15、駐車場へ行くと既に満車状態で一番下の川沿いの駐車場に入り、その駐車場も残り50台?くらいの駐車スペースしかありません。

 立山002立 ※ 06:25の駐車場、ほぼ満車

とにかく停められて良かったと思いながら10分歩いて立山駅に到着。

 立山005立 ※ 06:45の立山駅の様子

食事もとっていなかったので駅前のお店でおにぎりを買って朝食をとり、駅構内で待っていた時に家内がトイレへ、待てど暮せど戻ってこず07:15を過ぎて改札が始まり焦りながら、乗れなかったら乗車券は無効になるので諦めかけていた時に戻ってきて、聞くとトイレも大停滞で大変だったようです。とにかく急いでどうにかケーブルカーに飛び乗ってセーフでした。

 立山004立 ※ 07:20発です!セーフ...

ケーブルカーは7分で美女平に到着、次のバスに乗り換えて1時間の移動になります。1時間もかかるの?と思いながらバスが発車、しばらく走ると停車して景色や珍しいものを説明して下さり、途中何箇所も停まって美しい景色を紹介もらいながらの1時間なので、退屈もなく楽しく過ごすことができました。

 立山013七 立山011七

 立山010七 立山009七

バスの運転手さん曰く、この日は眼下に富山市街、富山湾、その先に能登半島が見え、七曲付近では隣の福井県の白山も見えることは滅多にないそうで、あらためて運が良かったと思う瞬間でした。七曲を過ぎると中継点の室堂が見え始め雪の壁も低いながらも残っていて雰囲気を感じることができました。

 立山014室

室堂駅で下車、次の目的地である黒部側の大観峰へはトロリーバスでの移動になりますが、室堂駅周辺の景色が美しいことと山の天気は変化しやすいので、しばらく室堂駅周辺で散策することにして外に出ると肌寒いくらい涼しく、心地良く散策して周りました。

 立山021室 立山020室

 ミクリガ池
 立山022室 立山023室

 立山015室 立山016室

 立山017室 立山018室

 立山028室 立山027室

ベンチも数多く設置されていたので、弁当でも買ってきていたら何時間でも過ごせそうなくらい心地良くて素晴らしい天気に感謝!感謝!。
少し残念に思いながら室堂で家内が室堂そば、私は白エビのかき揚げそば、高所なのでお高めですがせっかくだからと注文、だされたそばを見ると家内のそばは白エビのかき揚げにキノコなどの山菜が入っているだけの違いですが、キノコと山菜の量が多くてそばが見えないほどだったので半分盗み取って私も室堂そばが完成!

 立山033室駅 立山032室駅

お高いと思いましたが凄く美味しくて大満足の間食を終え、トロリーバスに乗り込んで10分で大観峰へ到着。

 立山034室駅 立山035室駅

 立山035大駅

黒部側も天気がよくて眼下に黒部湖や黒部ダムの施設まで見ることができたことと、大観峰へ来たのは16年振りで来たこともあって嬉しく思いながら景色を堪能。

 立山036大 立山037大

 立山043大 立山038大

 立山044大 立山043大

 立山041大 立山045大

お土産を買って室堂へ戻り、室堂から美女平、美女平から立山駅に戻ると12:30分。
少々の食材の買い足しをするために約20km先のスーパーへ行き、先日も利用した日帰り温泉よしみね温泉で入浴してキャンプ場へ戻ると15:00?でした。
管理棟に炭を買いに行くとお客さんがいて、キャンプ場のスタッフの人に一番近いホームセンターを聞いておられました。なんでもキャンプの設営が終えて夜の準備をしようとした時にランタンを忘れたことに気づいたそうで、27km先のホームセンターまで行くようです。幸運を祈りながら炭を買ってサイトに戻り、家内は車の中で過ごし私はタープの下で過ごして夕暮れを待ってBBQの準備を開始。
昨日の教訓を生かして嫌いなのですが虫除けスプレーで防御、夕食は鱒寿司、氷見牛のたたき、鮎の塩焼き、冷やっこ、焼肉少々、焼き茄子で楽しく食事を始めると恐るべし、虫除けスプレーをしなかった指と顔にブユが集り始め、次から次に撃墜すること10分経過したころ撤退、昨日と比較すると短時間だったので何故かな?と思いながら夕食を堪能、肌寒くなってきたこともあって車の中でDVDを見て過ごして、早起きで眠くなってきて21:00には眠りました。

19日(月)

06:00起床、寒さ対策で予め窓のを控えめに開けておいたこともあって快眠できました。外に出ると若干の雲はあるもののいい天気で少し風が吹いて気持ちの良い朝です。

 キャンプ場050 キャンプ場049

ゆっくとくつろぎながら小物類の撤収準備を始め、ほぼ片付け終わった頃に家内も起きて今日の予定を決定!せっかくだからとキャンプ場横のロープーウェイに乗り、立山ICに近い剣岳の絶景が休憩室から見えるという、つるぎふれあい館 アルプスの湯で入浴、それから高速に上がって帰ることにして、片付けを急ぐことにして家内は車の中を片付けながら朝食の準備、私は大きなキャンプ道具を片付けて朝食をとり終えてから09:00にチェックアウト。

キャンプサイトから車で1分のビュー立山らいちょうバレーのロープーウェイ乗り場へ移動して、直ぐにロープーウェイに乗って上がります。

 立山048ロ 立山047ロ

頂上へ到着すると昨日と同じように眼下に富山湾、能登半島が見え、上を見ると立山連峰が美しく見え、2日続けて美しい景色が見えて喜んでいるうちに頂上へ到着。急いで外に出ると小高い山が邪魔して立山が見えません。
周りを見渡すと少し離れた所に展望台が見えたので、せっかくだからと歩き始めましたが見た目より遠いことと、普段運動不足ぎみの私達にはかなりの苦痛で20分くらいかかって展望台に到着、最後の力を振り絞って展望台に上がると上に立山、眼下に富山湾と能登半島が見えて最後の絶景です。

 立山049ロ 立山050ロ

 立山057ロ 立山058ロ

 立山059ロ 立山060ロ

 立山061ロ

戻りは力を使い果たした私たちはダラダラと歩いて足が笑いながらロープーウェイ乗り場に戻り、喉が渇いたので乗り場脇にある休憩所でジュースを買って飲んで落ち着いた頃、なにげに外を見ると立山が見えています???展望台に行かなくても見えた!と思いながらロープーウェイに乗って降り始め、最後に立山を見ながら下り見えなくなったところで下を見ると驚きです!キャンプ場を見ると巨大な施設で、私達は場内をウロウロすることもなかったのでその一角しか知らずに終わっていたようです。残念...

乗り場に到着して10:00に出発、次の目的地の日帰り温泉つるぎふれあい館 アルプスの湯へ向かう途中、剣岳が綺麗に見え始め期待が高まりながら10:40分到着、早々に入浴を終えて休憩室へ行くと地元の方と思われる方々が窓際でビールを飲んでくつろいでいて、窓際に行くことができません。挫けずに行けるところまで行って窓から見えた剣岳は雲をかぶっています。山の天気は変わりやすいので諦めて家内が上がってくるのを待って出発して立山ICに入ったのは11:50、お腹も空いてきたので事前に調べておいた呉羽PAに入り、噂のオムライスと富山ブラックラーメンを注文...

 SA070

 SA071 SA072

家内と半々で美味しくいただいて12:40に出発。
途中、小矢部川SAで給油して順調に走行していましたが敦賀IC近くで停滞、何故?と思いながらICから入ってくる車を見ると浮き輪を積んでおり、海水浴帰りの車とかち合っての大混雑で2km進むために20分近く費やして、以降も断続的に停滞し、名神と合流すると定番の彦根、多賀SA付近、竜王の停滞が交通量増加もあって繋がったような停滞、それに加えて最近できた栗東のアウトレットモールによる停滞で、過去ゴールデンウィーク帰りに経験した大停滞なみでした。それより驚いたのは第二京阪道路が開通した時期から気になっていたのですが、今まで停滞していた瀬田東付近の混雑が草津PAから繋がるようになり、新たな停滞場所ができて困りものと思いながら帰宅できたのは17:50分。いつもなら小矢部川SAから自宅まで寄り道をしても3時間くらいなのですが、今回は5時間もかかり帰り着くとクタクタになってしまいました。

☆ 教訓
・ 山間部や山に近い林間キャンプは、虫除けでスクリーンタープを持っていくべき。
・ 山の観光は午前中に!天気が良くても午後から雲や霞で遠くまで見えなく可能性大。

★ 更に立山の写真を見たい方は、こちら

☆*:・°★:*:・°━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

< 2010.09.13 追記 >

 BS JAPANで、立山~黒部アルペンルートの8月26日に撮影された旅番組ではミクリガ
 池の氷は解けてました。

スポンサーサイト

| くるま遊び日記 | 18:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは~

良いですね~

我が家はワンコがいるので、行けないところなので

楽しませてもらいました。。。

| ひよ | 2010/07/25 20:09 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

こんばんは~
喜んでもらって嬉しいです!
でも、ブユ!!!ブログでは表現できないほど痒くて痛くて...
今も痒くて...
写真なんかで楽しむほうが良いかもです。

| ボレロなおじさん | 2010/07/25 23:16 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cabcon.blog47.fc2.com/tb.php/560-433da0e4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT