くるま旅@Boleroなキャンピングカー生活

キャンピングカーで行った”くるま旅”や”アウトドア”などキャンピングカーを活用する様々な遊びを紹介します。         by Boleroなおじさん

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マツダのボンゴフレンディ、再生産するだけでも爆発的に売れるのでは?

何気にここ1~2年の道の駅の写真を見ていると車中泊しているマツダのフレンディが数多く写っています。

その昔、私がテントキャンパーだった頃...
キャンプが爆発的な大ブームの頃、キャンプ場はステーションワゴンが圧倒的で、しばらくすると1BOXが勢力を急激に伸ばし始めた頃、突如現れたマツダのフレンディ。
その頃はテントキャンパーとして楽しんでいた頃だったので、何故キャンプ場に着てまで車の上で寝なきゃいけないの?と素朴に思いました。そうこうしているうちに見る車はフレンディばかり!と言ってもいいくらいで、平行して増えたRV車よりも街でもキャンプ場でもフレンディばかりでした。それから年が経つにつれ全く見なくなったのですが、最近になって車中泊するようになって今では懐かしいフレンディをよく見かけるようになりました。
当時の販売されていた期間からするとかなり経過していますが、どれもこれも程度が良いフレンディばかりで大切に乗っておられたか、今の車中泊増加により程度の良い中古車が流通しているのか調べた訳ではないので分からないのですがとにかく良く見かけます。
フレンディ...よく考えてみると標準でポップアップの装備なので、後付けやキャンピングカーショップで買わなくてもすむので、購入価格や後々のメンテナンスなど圧倒的に有利だと思います。車もフラットなので車内もフルフラットになりポップアップルーフがあれば完璧、ついでにビルダーやメーカーが今のHIACEのように簡単なキャンプカー自作キットでも出せば、かなり強力な車中泊車になりそうな気がします。
昔はキャンプブーム!今は車中泊ブーム?!目的こそ違えど車に要求される装備としては同じ、もう一度生産を始めればかなり販売台数を増やせると思いますが、キャンピングカービルダーにとっては脅威になるかもしれません。ただ、ビルダーもフレンディをベースにして簡単な装備追加をすることで、購入者にとってはバンコンのキャンピングカーを買うよりもリーズナブルな価格で買えるために、キャンピングカー人口の裾野を広げることができて、キャンピングカーに乗り換える将来のステップアップ組が増える可能性もあり、長い目でみると良いことかもしれません。

それに車は同じでも車を取巻く環境は大きく変化しています。

・シートのヘッドレストや天井に取り付けられる液晶テレビが容易に手に入る
・キャンピングカーが認知され販売が増えているため、自作キットやパーツが容易に手に入る
・最近になってフレキシブルな薄い液晶パネルが販売されている
・キャンプブームは去ったが、横ばい?ながらもキャンプ道具は種類が豊富で車中泊で使え
 る物も探しやすい。特に12V電源対応の冷蔵庫はキャンプブームのおかげで安いものから
 高価なものまで数多く揃っている。キャンプ場などで便利なサイドオーニングを付けなくても
 カーサイドタープで十分で安価に購入できる。
・車中泊ブーム?のおかげで快適化やグッズなど情報が容易に入る。特にバグネットやマル
 チシェードなどの必須アイテムも数多く揃っている
・¥100円ショップやホームセンターが急増したことにより、何かに流用できそうな物が手に
 入りやすい

*これだけでも、かなり快適に車中泊できそうな装備になりそうです。

スポンサーサイト

| ひとり言 | 11:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cabcon.blog47.fc2.com/tb.php/513-4d8aeaf1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。