くるま旅@Boleroなキャンピングカー生活

キャンピングカーで行った”くるま旅”や”アウトドア”などキャンピングカーを活用する様々な遊びを紹介します。         by Boleroなおじさん

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

TVの電源が入らない?何故かヒューズが浮いている...

ゴールデンウィーク中のこと、最後の車中泊である道の駅 信州蔦木宿に到着して車中泊準備を終えくつろぎ始めた時のこと、家内がTVの電源が入らない!しかたないので腰を上げて試しに私がやってみても同じ。
ヒューズでも切れたのかな?と思いつつ、電気機器は標準搭載のものしか使っていないこともあって、もしヒューズが切れていたらそれはそれで問題だな~?と思いながら常時積んでいる予備ヒューズを準備、ヒューズBOXが取り付けられている常設ベッド下の蓋を外してヒューズBOXを確認。

以下の説明は、ファーストカスタム CG-550.Bolero-Vですので、他の車種の方は電装装置類など参考になるところのみ見て下さい。

   メンテナンス016 ※ 常設ベッドの□型の奥のマットを外す
  
   メンテナンス017 ※ 天板を外す

   快適化033 ※ 電装機器類が見えます
   
見た目に焼ききれたような感じもなかったので、抜いて確認することにしてTVの電源をとっているエントランス横の100V電源用のヒューズを探し、たぶん?エントランス横の電源は常時電気がきていることからインバーター(銀色)が臭い?と思い、インバーターとラベル表示されているヒューズを見ることにします。

   メンテナンス021 ※ ヒューズBOXです

   メンテナンス019 ※ インバーター(定格250W)もっと使えそう

   メンテナンス018 ※ 黄色の○印が該当するヒューズ

念のためにブレーカーを切ってヒューズを抜こうとしますが固くて抜けません。
力を入れて引き抜いて見ると正常で焼き切れているわけでもないのでヒューズを間違えたのかな?と思いながら差し込むとパシッ!火花が飛び、あれ?このヒューズBOXはブレーカーの付いている配線ではなくバッテリー直結かな?と思いながら元に戻してブレーカーを入れ、試しにTVの電源を入れると電源が入り普通に映りました。
何故なの???引き抜くのが大変なほど差さってヒューズも切れていなかったのに...、気になってヒューズBOXに差さっているヒューズを見ると???、あれっ?差さっているヒューズ高さが微妙に違います。試しに上から押さえると微妙に入ったので全てのヒューズを押し込むとヒューズの高さが同じになりました。

   メンテナンス018 ※ 全てのヒューズを上から押込みました

ということはヒューズが浮いて接触不良をしていた?それにしても抜くことが大変だったことから、構造上接触不良になることはないだろう!と思いながらも押し込んだことで通電したのも事実なので、勝手にヒューズが浮いたことで接触不良を起こしていたという原因にしました。

じゃあ、何故ヒューズが浮いてしまったのか?と考えること数日...
今日、現場検証?を行って、なんとなく原因が分かったというか勝手に原因にしました。

今回のゴールデンウィークは4泊5日+@で猪苗代湖から山岳地帯を走る毎日で、私も疲れるほどの道が多く、整備状況の影響もあり小刻みに上下動したり大きくバウンドするような上下動、それに加えて後部のロールなど絶えず車両後部が振動しながら振られている状況でした。
思い出せばボレロを買ってからというもの、車中泊での旅行もできるようになったことから前車では敬遠していた所へ行くことが増加し、結果として山や山越えなどの回数も増加、平野部や緩やかなアップ・ダウンの道ばかり走る旅行は非常に少ない使用状況、でも何故?何気に電装機器の設置場所を見ると後輪の上に配置されています。
後輪の上ならバッテリーなど重量級の物を配置するにはバランス的に良いような気もしますし、カーブで後部が振り回されても内容物が左右に振られることも最小になると思うのですが、上下で脱着することを前提とするヒューズBOXにとっては、一番上下動の影響を受けやすい場所なので、納車後1年6ヶ月経過(走行1.7万キロメートル)した頃に接触不良になる限界まで浮いてしまったのかな?と思って納得しています。

※ 今回のことがキッカケで電装機器が設置されている所をじっくり見ることができ、
  何やら面白いことができそうなオモチャ箱のように思いました。
  ビルダーが何W(ワット)迄耐えることができるケーブルを使っているかにより
  ますが、取っ掛かりとしてインバーターを性能の高いものに交換し、エントラン
  ス横にある100Vコンセントの許容電力をパワーアップしようと思い始めまし
  た...

☆ 私は配線図も見ずに適当にやってしまいましたが、ヒューズも含め電装関係を触っ
  てみようと思われた方は、必ずキャンピングカーの取り扱い説明書の配線図を
  見て作業するようにして下さい。

☆*:・°★:*:・°━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★ バッテリーの寿命が疑わしい場合に参考になる日記は、こちらと、こちらと、こちら
★ バッテリーの寿命と判断、そしてどうしたのかについての日記は、こちら
スポンサーサイト

| CG550.Bolero-V | 13:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cabcon.blog47.fc2.com/tb.php/507-19c670ee

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。