fc2ブログ

くるま旅@Boleroなキャンピングカー生活

キャンピングカーで行った”くるま旅”や”アウトドア”などキャンピングカーを活用する様々な遊びを紹介します。         by Boleroなおじさん

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

春爛漫~!吉野千本桜・又兵衛桜、桜巡りの旅

以前から行きたいと思いながらも凄い混雑で敬遠していましたが、夜間移動で快眠+休憩車のキャンピングカーを出動させて混雑前に吉野山の桜を見ることに...
目的地に一番近い道の駅 大淀iセンターで車中泊、交通規制されるために吉野近くの駐車場が営業開始まで早めに移動して吉野千本桜にアタックでした。

9(金)

20:30出発。
距離的には90kmと比較的少ない距離ですが、京奈和自動車道から下りて国道を走る距離が長いこともあり時間がかかると覚悟してましたが、長年、奈良方面は混雑することもあって行くこともなかったせいか、今回行ってみると道路整備がかなり進んでアクセスが楽になっていて順調に走行、時間的にも余裕がでたので途中で夕食をとって目的地の道の駅 大和路大淀iセンターへは23:10着。
駐車場は他府県ナンバーで遠方の車が多く既に20台くらい車中泊中、東は北関東、西は九州ナンバーの車もあり吉野へ行くんだなと思いながら施設内を物色、道の駅にはこの時間でも他府県ナンバーの車が入っては出て行きます。まだ先まで行って待つのかな?と思って早起きに備え早々にビールを飲んで00:00に眠りにつきました。

10(土)

05:30起床、天気は晴れ。天気予報大当たり!
駐車場内は出発準備をしている人、起きて出発に備える人、皆早々に出発するような感じで観光バスもトイレ休憩で道の駅に入って出ていきます。

くるま旅153 ※ 次々に出発する車を見てあせります

事前にネットで調べるとロープーウェイ乗り場に一番近い駐車場待ちや、ロープーウェイ乗り場の待ちが午前4時くらいから行列ができて運行開始まで待ったとありました...
4月3・4日と4月10・11日は交通規制されていることと、車のサイズも考えて一番遠くになりますが吉野神宮駅近くの第一駐車場に停めて、シャトルバスでロープーウェイ乗り場まで行くことに決めてました。

第一駐車場の営業が07:00、早く着いて路肩停車すると周りに迷惑かけそうなので道の駅で時間調整しようと思っていたのですが、あまりにも出発する車が多いこともあって行って様子を見ようということになり06:00に出発、途中コンビニで食べるものを買って駐車場に到着したのは06:30。
駐車場は入場を受入れているようで06:40に入りましたが既に50台くらいの車が停まってました。

くるま旅154 ※ 既に多くの車が

シャトルバスは07:00から運行ですが既に20名くらいの人が並んでいます。私達は車で食事をしながら、この場所で既に行列になっている、普通乗車や観光バスが吉野山へ数多く上がっていることからすると、ロープーウェイ乗り場は行列ができて時間をロスしそうなので、予定を変更してシャトルバスの最終地点である中千本まで行ってから吉野山を下るルートに変更。
食事を終えシャトルバス乗り場で並びましたが1便には乗れず07:10発に2便に乗って出発、バスから回りの様子を見ると普通自動車が多く走っていて羨ましく思いながら、道路脇の駐車場を見ると既に多くの車が停まっていました。いいなと思いながら見ていたのですが駐車場は吉野山に近くてもシャトルバスは停まらないので、駐車場から歩いてロープーウェイ乗り場や中千本まで歩く必用があり、それだけでもかなりの距離なので駐車場は遠くてもシャトルバスでアクセスしたほうが断然早い、得した気分で中千本のバス停に到着。

くるま旅155    くるま旅156
              ※ 中千本のバス停から階段を上がります

予定では中千本から下ることにしていたのですが、奥千本行きのマイクロバスがあることに気づき予定変更、奥千本まで行くことにして既に行列ができている列に並びます...

くるま旅157    くるま旅158
※ 中千本のバス停からの階段を上がりきると奥千本行きのバス停、すでに待ち行列が

10分待ちでバスに乗って奥千本のバス停には07:45分に到着。
当初より大幅に予定変更になりましたが奥千本→上千本→中千本→下千本とフルコースになり、上から下るルートが後に我が家にとっては良い結果をもたらすことになりました。

バスを降りると杉林で眼下に見える景色は美しく吉野山の素晴らしさが分かりました。
道を下りながら気分良く歩き始めると、かなりの急な坂で踏ん張りながらの歩き方になり先行きが不安、道は舗装されていますが真っ直ぐに近い下り坂のため普段山道を歩かない私たちはかなりの運動です。トレッキングの装備をされている方は軽快に歩いていますがそうでない人は皆大変そうな表情、特に下から上がってくる人はとても辛そうな表情で私なら頑張れたとしても車の運転ができない状態になりそうで、上から下るルートにして正解だったと思いながら歩き続けました。

吉野桜001    吉野桜003

所々に点在する展望台に行くと眼下に広がる山々が美しく見えますが、桜が咲いている山は見ることができず辺りを見回しても桜はチラホラ、つぼみは膨らんで弾けそうな状態なのですが開花前の桜が多く杉並木を見ながら下る奥千本でした。

奥千本を下りきると神社があり、少しあるお店を見ながら気分転換しながら上千本を下り始めます。

吉野桜005    吉野桜006

少しづつ周囲に桜がチラホラ見え始め、奥千本行きのマイクロバスに乗った中千本まで下ると数多くの桜が見え始めます。この頃になるとマイクロバスで奥千本へ向かう人達が長蛇の列で、1時間以上の待ちになっているようでその列を見ながら中千本へ入ります。

中千本を下り始めると初めて、桜が咲く山々が眼下に見え吉野桜の美しい景色が目に飛び込んできます。

吉野桜007※ 写真左上部の神社まで下ります

吉野桜008    吉野桜009    

数多くの桜が咲く山々の景色は素晴らしいもので目で見たり写真を撮ったり、ゆっくりと桜を見ながら下る中千本は観光ポスターなどでよく見る吉野山で、痛くなり始めた足のことも忘れて美しい桜を満喫しながら下っていきます。

中千本を下りると食事処やお土産屋さんが数多く立ち並ぶ街並みに変わり、お腹も空いてきたこともあって10:30に早い昼食をとるためにお店に入ります、お店の窓からは上千本を見上げる景色で食事をとりながら桜を楽しんで大満足。

吉野桜037

吉野桜022    吉野桜024
              ※ お店から食事をしながら見る桜も綺麗

お店を出てからは下千本を下り始め、吉野のお土産を買いながら下りますが桜の景色は見えなくなり、街並みを見ながら歩き続けます。この頃になると歩きにくいほどの人で道は溢れ、皆お店で買い物をして様子で下千本を下る頃は自由に進めないほどの人出で桜も方向的に全く見えません。

吉野桜025    吉野桜026

吉野桜028    吉野桜052

少し道からそれて桜を見ながら下りロープーウェイ乗り場に11:30到着、直ぐに乗れて下ると11:40。

吉野桜054    吉野桜029

ロープーウェイ乗り場は近鉄の吉野駅に直結していることと、中千本行きのシャトルバスのバス停があることで人で溢れかえり、ロープーウェイを待つ人が100m、シャトルバスを待つ人は50mの長蛇の列になり、いつになったら乗れるんだろう?と思いながら、私たちは下ってくるシャトルバスで第一駐車場へ戻りまます。

くるま旅151 ※ 駐車場は満車

駐車場へ着くと巨大な駐車場が満杯になって駐車場待ちの車が長蛇の列になって大変なことになっています。

そんな大混雑を見ながら12:05分に駐車場を出発。
橋を渡りながら左右を見ると凄いことになっていて、橋の右下にある川原のA駐車場も満杯

くるま旅152 ※ 国道下の河川敷にあるA駐車場も満車

左は車が大停滞して停まっていて(後に知ったのでるが数キロの停滞)国道から橋を渡って駐車場へ行くことすらできないほどで、警察がでて橋を封鎖する準備を始めるほど周辺全体は大停滞。

橋を渡りきると私は次の目的地に行くために国道を右折して空いた道を快適ドライブ。
道路脇には満開の桜も数多く咲いていて道草をしながら道の駅 宇陀路 大宇陀へ到着、立寄って施設内を物色しようと思いましたが満車で入ることができず、パスして又兵衛桜を見ることにして10分程度で14:30に到着、徒歩で又兵衛桜まで行くと花はチラホラ、4月4日が満開だったそうですが巨木の桜は素晴らしいもので本郷の瀧桜とも言われるそうです。吉野桜とは違って1本だけたたずむ桜もいいものでした。

又兵衛桜001 ※ 地蔵桜

又兵衛桜003    又兵衛桜006
        ※ 一本の桜が集落を300年も見続けている又兵衛桜

駐車場に戻り、道の駅へ行こうとも思いましたが車が減るまでどうしようもない、予定していた大宇陀温泉あきつの湯へ先に行くことにして16:00に到着、いつもよりゆっくり入浴してから施設内の食事処で少しだけ食べ、18:00になったこともあって道の駅へ移動。

この頃になると足が痛くなり歩くと激痛が...
予定どおり?です。その気になれば日帰りもできる距離だったのですが、山歩きで足が痛くなりそうだから温泉に入り、少し早めに休憩した方が良さそうだったことと、せっかく来たこともあって周辺も見て回ろうと思い車中泊を決め込んで立てた予定は大正解でした!
吉野山で歩いている時は景色に夢中で大丈夫だったのですが、駐車場に戻る頃には足全体が腫れて鈍痛で歩き方が変にななり、時間の経過とともに更に痛みが増してきていました...

道の駅に到着すると少し駐車場に空きがあったので車中泊を考えて適する所に車を停め、施設内の食事処が21:00まで営業しているので本格的な夕食は後にして、お土産を買ってから車でビールを飲みながらテレビを見てくつろいでいたのですが...
目覚めると外は暗く、寝ぼけ眼で時計を見ると20:00過ぎ...???
どうやら早起きして日頃運動もしない私たちは疲れから直ぐに眠っていたようです。
家内を起こして道の駅にある食事処で簡単に夕食をとり、車に戻ってから21:30にはまた眠ってしまいました。

11日(日)

03:00起床???
早く寝たせいもあって03:00に目覚め、もう寝れないと思いながら横になって...
05:00起床???、どうやら03:00に起きた時に眠れないと思いながら眠っていたようです。
もう眠れないと思いながら...

07:00起床、天気は予報では曇りのち雨でしたが晴れのち曇り!
起きると身体中に激痛が...
身体を慣らさないといけないので痛みを堪えながら道の駅や周辺を散歩。
家内も痛いらしくて車で横になっていましたが、ようやく外に出てきて道の駅の朝市を見に行き野菜などを買ってから、道の駅の隣にあるコンビニで味噌汁を買って昨日買った柿の葉寿司で朝食、道の駅も車の出入りが多くなり邪魔にならないうちにと08:30に道の駅を出発。

目的地の曽爾村にある屏風岩の山桜を目指して国道を南下、道路沿いには様々な1本咲きの桜がいたるところにあり目を楽しませてくれます。ナビに従って左折しようとした時に右方向に桜が見え、ナビを無視して直進すると川沿いに見事な桜並木があり、車を停めて見に行きますが家内は動けないようで車に乗ったまま見ています、私だけカメラを持って写真を撮りながら見事な桜を堪能してから再出発。

くるま旅147    くるま旅148

後で分かったのですが、菟田野の桜祭りで有名なところだったそうです。

車で走ること40分、曽爾村に入り屏風岩に行くために国道からそれて走り始めると道幅が狭くなってきます。標識が指す方法を見ると道幅は更に狭くなり、和歌山や新潟での恐怖が蘇り臆病者の私はあっさりと断念、せっかくだからと以前から気になっていた曽爾村にあるキャンプ場の下見に行きます、車をキャンプ場脇に停めて場内に侵入?キャンプ場は大盛況でキャンプを楽しんでいる人を羨ましく思いながらパンフレットをいただき、サイトや施設、景色をチェックして暑い夏場に来ようと思いながら出発。
屏風岩をパスしたこともあって時間的に早くなりましたが、予定の曽爾高原の事前確認と日帰り温泉スタンプラリー3位のお亀の湯に入り、同じ施設の敷地内にある曽爾高原ファームガーデンで食事をするために曽爾高原へ向かいます。
曽爾高原は秋に高原一面を覆うススキが有名で、ススキの穂に光があたって輝く景色が美しいそうで実際に高原を見てその様を想像すると確かに...

くるま旅150    くるま旅149

また秋に来ようと思いながら日帰り温泉に移動、駐車場から階段を上がり入り口に行ってビックリ!パンフレットには10:00オープンと書かれていたのですが、入り口には11:00オープンとあり分速10mのロボット歩き状態の家内はブリブリ...

くるま旅161    くるま旅160

車に戻ってから先に食事しようということになり300mくらい離れた曽爾高原ファームガーデンへ、席に座って注文すると11:00迄はメニューが1種類のみということで退散。家内はブリブリ...

くるま旅159 ※ 曽爾高原ファームガーデン

車に戻ってテレビを見て過ごし11:00が近づくにつれ数多くの人が温泉に向かい始めたので、混雑をさけるために先に食事をすることにして再度曽爾高原ファームガーデンへ行き、パスタ・ピザ・ソーセージ・スペアリブを注文、美味しそうな地ビールの写真を見ながらビールメニュー?を美味しくいただきました。
お安いのですが、どれもボリュームがありお店の独自料理で大満足の食事で食べ終えると12:00。
温泉も第一陣が帰る頃になっているはずなので温泉へ移動して入浴、比較的空いていて余裕で疲れをとるようにゆっくりお湯に浸かり、おおきな露天風呂で曽爾の変わった岩山を見ながらの入浴は最高でした。

温泉を堪能してから13:20分に出発して、途中休憩&道の駅の施設確認もしたかったので道の駅あやまへ立ち寄り蕎麦をいただきました。前日に多く歩いたせいかいつもに無くよく食べられて自分でも驚きながら出発、15:30に帰宅、昼に飲めなかったビールを飲んで大満足のくるま旅を締めくくり、夕飯も吉野で買った鮎とアマゴの寿司、豆腐、厚揚げとコンニャクの煮物、キャラ蕗の佃煮を美味しくいただきました。

今回も思いましたが、有名な観光地は近くまでキャンピングカーでアクセスして早い時間からの行動が功を相し、混雑する前にゆっくりと回ることができました。もし2時間行動が遅れると吉野山へ上がるにも苦労したでしょうし、4時間遅れると吉野山へ行く2つの橋も通行止めで行くことすらできなかったと思います。

今回の計画は、吉野山、又べい桜、足が痛くなるだろうから日帰り温泉、無理して帰らず車中泊、帰るついでに曽爾高原と温泉&食事はナイスだったと思います。
心残りは、車中泊で利用した道の駅周辺は歴史のある街で古い建物が立ち並ぶ所で、足が元気なら見て回りたかったことと狭い道路であっさりと諦めた屏風岩の山桜ですが、次の楽しみにとっておいてもう一度訪れたいと思っています。

☆ 吉野山 千本桜の写真は、こちら。 又兵衛桜の写真は、こちら

スポンサーサイト



| くるま遊び日記 | 17:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cabcon.blog47.fc2.com/tb.php/455-ffc528f4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT