くるま旅@Boleroなキャンピングカー生活

キャンピングカーで行った”くるま旅”や”アウトドア”などキャンピングカーを活用する様々な遊びを紹介します。         by Boleroなおじさん

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

冬キャンプでの薪ストーブ利用について思うこと

先日、年末から年始にかけてキャンピングカーでキャンプをしてきました。
そのとき思ったことは、寒いせいもあってスクリーンメッシュタイプのシェルターに薪ストーブを入れて、煙突を横方向へ伸ばしてシェルターの外に出したところで縦方向の煙突を出している方が多くおられました。もちろんシェルターが燃えないように耐熱の工夫をされてシェルターは完全に閉じられています。

なので、シェルター内に外気の侵入も無くシェルター内のストーブで薪を燃やすので温かいだろな~と羨ましく見ていたのですが...?
煙突から出る煙の量が異常に多く色も変?、我が家の煙突から出る煙を見ると全く煙が見えないので興味をもって考えて違いを見ると、我が家はシェルターの1箇所を開いてストーブを少しだけ入れてるの対し、他の多くの方はシェルターを全て閉じてストーブを入れている、使っている薪はキャンプ場で買ったもので同じ物...
煙の色的には不完全燃焼しているような色なので、シェルターを閉めきっているために燃焼させるための空気がないのではと思います。よく考えればシャルターの中でストーブを使っているので空気はシェルター内の量しかない、閉めきってきるとはいえ隙間から空気が入ってくる量は微量だと思うので、きっと燃焼するために必要な空気量が少ないのではないかと勝手に結論づけました。

なら、排気は完璧にやられているので吸気用に煙突だけを繋いで排気と同じように逆方向に取り付けて片方を外に出し、一方を限りなくストーブの薪を入れる所に近づけて空気を送るようにすると良いように思います。

かなり大がかりになりますが、考えどおりにいけば完全燃焼させることで燃焼温度が高くなるので更に温かくなるのではと思います。

スポンサーサイト

| なんでも日記 | 23:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cabcon.blog47.fc2.com/tb.php/353-fff39aff

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。