くるま旅@Boleroなキャンピングカー生活

キャンピングカーで行った”くるま旅”や”アウトドア”などキャンピングカーを活用する様々な遊びを紹介します。         by Boleroなおじさん

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

涼を求めて信州の美ヶ原でキャンプ

7月18日(金)
22時出発、高速に乗るとETC割引のせいか普通車が多く走っており1年前のトラックしか走っていなかった状況と様変わりしています、流れに乗って名神、中央道を制限速度で走行して1時過ぎに恵那峡SAに到着、もう限界なので車中泊することにしてビールを飲んでくつろいでから就寝。

7月19日(土)
翌朝7時過ぎに起床、SA内にある朝食バイキングで食事をして出発。
中津川ICを過ぎてしばらく走ると停滞、30分くらいノロノロ運転で走っていると走行車線が塞がれていて通過する時に見ると直径30cmの穴が空いていました。車が流れ出して以降は順調に走ることができて寄り道の白樺湖畔にある日帰り温泉に到着してお風呂でゆっくりしてから出発、キャンピングカーに戻ってガスで真っ白なビーナスラインを見ながらビーナスラインを上り始めました。

途中、車山のお土産屋に寄るが多くの車で駐車場へ泊めるのも大変、焼きトウモロコシと胡瓜を食べて出発。
車山から少し走ると日光キツゲが咲いていて黄色の高原がしばらく続きます、綺麗な景色を見ながら走っていると写真を撮ったりする多くの人達が道路の両側に車を泊めていて、走りにくく離合するのも一苦労。しだいにガスが多くなり真っ白で全く景色も見えず、視界も悪く10m先も見えない道を和田峠を目指して走り続けました。

2009071801

和田峠到着、付近は若干ガスが薄くて安心しながら国道を下り始める。
77のカーブがある国道でトラックが来ると少し気になる幅でしたが降りきると良く整備された道路に出て、ほどなく目的地のミヤシタヒルズオートキャンプ場に到着。
キャンピングカーを停めてキャンプの設営が終わりホッとできたのは17時。

2009071802

直ぐにBBQ準備を開始、我が家ではBBQの炭を熾すのは家内の仕事なので私はビールを飲みながら休憩、BBQで夕食を終えてから焚き火をしながらゆっくりと過ごし、22時くらいに就寝。

快適に眠るためにエントランスドアは開けたまま防虫ネットを取付け、全ての窓を開けて防虫ネットにして、ベンチレーターも動かして寝ていましたが、寒さとシェルに当る大粒の雨音で朝5時くらいに目覚め、ベンチレーターを止めて眠りました。

7月20日(日)
7時に起床、断続的に小雨が降る天気。
ゆっくりと朝食をとってマイナスイオンを浴びながらゆっくりして、出発前にタープの下にキャンプ道具を移してから11時に出発。
昨日に下ってきた77のカーブがある山道を上り、和田峠から美ヶ原山頂を目出して走りましたが昨日同様でガスで視界ゼロ、標高1500m付近で最後の分岐から山頂を目指したあたりからガスは無くなり景色が見え始めて喜びつつ、キャンピングカーは2速ギヤでも30~40kmしかスピードがでない、1速ギヤに入れると回転数は4000回転くらいまで回るがスピードは落ちる、しかたないので2速ギヤで頑張るがノロノロ運転で後続車は数珠なりの渋滞。
ご迷惑をおかけしました。

山頂到着。
2009071803

20年ぶりの美ヶ原でガスで道中の景色が見えないのは残念でしたが、山頂はガスもなく周辺の景色が見え、松本方面は非常に綺麗に見えて着てよかったな~と思いながらお土産を買ったり景色を見て楽しみました。
帰りは、上りで見つけた山頂からほど近い分岐の道を下った方が次ぎの行き先に近いことが分かり、その道を下りことにしてナビを見るとカーブの連続、どうせ同じと思いながらしばらく進むとナビは直線を示し始め、不安に思いながら更に進むと直線に近い急勾配の道で、1速ギヤでアクセルを踏まなくてもエンジンは直ぐに4000回転を超え、スピードも50km以上出るためにブレーキでスピードとエンジンの回転数を落す、この繰り返しでブレーキの温度上昇を気にしながら30分以上も下り続けました。
ようやく下界に到着、日帰り温泉で入浴後に途中で見た道の駅で遅い昼食を14時に食べてお土産を物色、駐車場を見ると妙なことをしているおじさんを発見、よく見ると後部座席の開いている窓ガラスの枠に網戸用の網をマグネットで窓枠に取付けていました、工夫に感心しながら車を見ると宮城ナンバーで車のボディに張られているステッカーや道の駅のマグネットプレートを見ると、北海道から東北地方のものが貼られているので道の駅を利用して旅をしているようで南下中のようでした。話しをしたかったのですが時間が遅くなるので道の駅をあとにして、キャンプ場で教えていただいたスーパーへ一山越えて行って食料の調達をしてからキャンプ場へたどり着いたのは16時過ぎ。
昼食が遅かったのでしばらくゆっくりして19時くらいから夕食、夕食後は焚き火をしながら過ごして21時過ぎにはキャンピングカーに入り、ベンチレーターを止めて毛布を敷いて寝床は完成、しばらくゆっくりしようと思ってましたが睡魔に襲われて就寝。

7月21日(月)

7時起床。
2009071804

三連休で初めての晴れ、家内は朝食を作り私はキャンプ道具を撤収、食事を終えて10時過ぎにはキャンプ場を出発。天気がいいので77のカーブがある国道を上がって和田峠経由でビーナスラインを下る、初日はガスで全く景色が見えなかったので天気がよくて気分は上々、北アルプスや周りの風景が美しく見ながらのドライブで日光キツゲが綺麗に咲いて多くの方が写真を撮ったりしていますが、車を車道の両側に停めているので通り辛くて一苦労です。
途中、お土産屋さんがあるT字路を車山・白樺湖方面に曲がった所で停止、先を見ると渋滞で全く動く様子がない、距離を考えれば何時になれば白樺湖まで行けるか分からないので、あきらめてUターンして逆方向へ進み諏訪まで降りることにしました、逆方向も混雑しているのでしょうか迂回と思われる多くの観光バスや自動車とすれ違いましたから、ビーナスラインは更に混雑するだろうな?と思いながら諏訪の国道に入ると渋滞で30分以上もロス、一度来ただけですが見慣れた道で美味しい卵屋さんがあることを思い出したのでついでに立ち寄ろうと進んでいると、もう少しの所で警官が迂回の指示を出しています、その先を見ると白い煙が見えたので火事のようでしかたなく迂回して諏訪ICへ向かう、バイクの集団が私の前を走っていましたが渋滞で徐行状態で止まったり進んだり、そのうちバイクの1台が故障なのか止まったままで細い道なので追い越しが大変、ここでも30分くらいロスして諏訪ICへ入ったのは13:00を過ぎていました。
途中、駒ヶ根SAで遅い昼食を食べて、養老SAで夕食のお土産を買って一気に帰ることにしたのですが、米原ICを越えたあたりから車が増えて渋滞、走り出したと思えば八日市ICから延々と渋滞していて自宅に帰りつくと18:30。

今回のキャンプは初日は曇りで夜半から2日目の午前中まで断続的な強風と強い雨、3日目にして午前中のみ晴れで残念と思いながらTVのニュースを見ていると私の住んでいる地域も含めて広域で凄まじい風雨だったことが分かり、逆にキャンプ場のほうがたいしたことがなくてラッキーでした。

今回のキャンプで分かったことは、ETC割引で高速が¥1000円になったせいか過去経験したことがない渋滞があちこちで発生し、周りの車を見ると遠くの他府県ナンバーばかりで経済効果が出ているんだな~と思いつつ、次回から渋滞を考慮して行き先を決めなければとも思いました。

スポンサーサイト

| くるま遊び日記 | 21:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cabcon.blog47.fc2.com/tb.php/35-381e137e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。