くるま旅@Boleroなキャンピングカー生活

キャンピングカーで行った”くるま旅”や”アウトドア”などキャンピングカーを活用する様々な遊びを紹介します。         by Boleroなおじさん

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

バンコン検討中の方に待った!!?新たなハイエースのベース車両になるかも?

キャンピングカー雑誌にも書かれていたので既にご存知の方もおられるかもしれませんが、ベース車両供給元とRV協会の間で話しが進んで?いるようです。
内容は、ベース車両供給元が救急車用の特設車両をRV協会へ紹介したようで、車両はハイエースSLの設車両のスーパーハイルーフ、幅・長さは従来と同じで高さが21.5cmアップの180.5cm、これだけをみると良い車両のようですが難点は救急車の赤色灯部分で、運転席上部のおでこと後部の左右に2つの取り付け部分に穴が開いているようで、RV協会に属する各ビルダーの方々は消極的な反応を見せながらも、供給元が赤色灯用の穴の処理をどうにかするか価格設定がどの程度なのか静観の様子。
もし、ビルダーが懸念している点がクリアされてベース車両と使われるようであれば、特にバンコンは大幅に使い勝手が良くなると思います、現状のバンコンはビルダーの努力により年々改良されて私も興味がある車も増えていますが、難点は車内の高さで腰を曲げなければならない体勢と、高さゆえに設置されているベッドも窮屈感があって考え込んでしまいます。
もし、ハイエースの特設車がベースに使われると、社内での移動が楽になりベッドの設置など改善されれば魅力的なキャンピングカーができそうに思います。また、車両にtipTOPのように架装して更に高さをもたせれば、室内空間の確保ができ過去にない位置付のキャンピングカーになると思いますし、使用目的によってはキャブコンと比較して遜色ないバンコンができあがると思います。
もし、そうなればライトキャブコン市場に追い風が吹いている時期ですが、ライトキャブコン含むキャブコン市場に強い向かい風が吹く時代になるかもしれません。

この先どのように話が進むか分かりませんが消費者としては動向が非常に気になるベース車両だと思います。

スポンサーサイト

| なんでも日記 | 23:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cabcon.blog47.fc2.com/tb.php/333-81e48b6c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。