fc2ブログ

くるま旅@Boleroなキャンピングカー生活

キャンピングカーで行った”くるま旅”や”アウトドア”などキャンピングカーを活用する様々な遊びを紹介します。         by Boleroなおじさん

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

私の愛読書は写真がいっぱいのキャンピングカーガイド

あまりキャンピングカーを知らない状況で買ってしまったこともあってか、購入後からキャンピングカーを知りたい気持ちと、見かけたキャンピングカーが分らないと悔しく?なってしまうので、ネットのオークションなどで買いあさって愛読書?にしています。

様々な観点で写真や宣伝広告を見た私なりの感想です...

◆ 2000年

  唯一2000年のキャンピングカーマガジンがありません、ネットのオークションで探すこと
  3年6ヶ月、未だに発見することができません。
  2000年に何が起こったのか?非常に興味をもっています。というのは1999年版のキャ
  ンピングカーガイドを見ると輸入車が非常に多く、国産車はトラックベースのキャブコン、超
  大型バスコン、バンコンなど数少ない状況だったにもかかわず、2001年版を見ると数多
  くの国産キャブコンを軸とするキャンピングカーが多く掲載されています。

  < 2010.8.12 追記 >

  探すこと4年、ついにネットオークションで発見、落札しました。
  やはり2000年以降の国産キャンピングカーの起源は2000年でした!
  まだまだ車種こと少ないですが、グランドハイエースベースのキャブコンが発表され、キャ
  ブコン全盛期の前兆となる素晴らしい年でした。


◆ 2001~2005年

  時代はバブル崩壊後の好景気に向かう景気回復期で、購買意欲を掻き立てるようなグラ
  ンドハイエースベースのキャブコンが多く発表され、各ビルダーが競い合うかのようにグラ
  ンドハイエースをボディカットして架装するキャブコンが勢ぞろい!
  トラックベースのキャンピングカーを作っていたビルダーまでがグランドハイエースのキャブ
  コンを発表するなど、まるで技術力を競うかのように開発された時期?です。消費者に
  とっては非常にありがたいことですが、開発費用が大変だったんだろうな~と素人ながら
  思います。
  この時期のグランドハイエースをベースとしたキャンピングカーは、今なお中古車市場でも
  人気で高額で取引きされています。

 < 参考 >

 ・2006年に中古車でグランヴィラを購入、2008年に乗り換えのために売却しましたが、
   買値から¥100数十万のダウン程度で売れました。
   相場では¥100万程度のダウンで取引きされていたので気長に探せば、もう少し高値
   で売れたと思います。

◆ 2004~2005年

  グランドハイエースの販売・生産終了により、各ビルダーとも次期200系ハイエースをベー
  スとするキャンピングカーの開発に入ったのか?目新しいキャンピングカーもなく、どこが
  違うの?といくらいの手の加え方で相対的に魅力に欠けるキャピングカーばかりでした
  が、2005年に初めて200系ハイエースを用いたバンコンが数車種発表され、200系
  への移行がチラチラと見え始めます。

◆ 2006年

  200系ハイエースを用いた多くのバンコンが発表され、キャブコンもファーストカスタム、
  ANNEX、・・・・が発表、グランドハイエース並みに大ブレイクするか興味津々。

 < 参考 >

  ・私の購入動機は変?なので参考にならないと思いますが、グランヴィラを購入した年
  です。
 ★私のキャピングカー購入記を見たい方は、カテゴリでキャンピングカー購入記をご覧に
   なって下さい。

◆ 2007~2008年

  2007年問題とされていた団塊の世代が数多くの方が定年になり、これを狙うビジネ
  スやサービスが誕生した年でもあって、その中でキャンピングカーに興味を持った人達
  が購入したと思われ、事実として出かけた時には団塊の世代の年齢層の方がキャン
  ピングカーに乗っている姿を多く見かけるようになり、”二人のくるま車”というキーワー
  ドが定着してアピールのキーワードになった年だと思います。
  絶対数が少ないキャンピングカー業界にとっては最高の時期だったのではないでしょ
  うか。

  キャンピングカーも5mを切るキャブコンや軽キャンパー、バンコンも充実したラインナッ
  プになり購買意欲を掻き立てられるものばかりが揃った時期だと思います。
  一方、2001~2004年まで多くのビルダーがグランドハイエースベースのキャンピン
  グカーを造っていたにもかかわらず、200系ハイエースをベースとするキャブコンを造っ
  ているのは3社?のみで全く増えていません。他のビルダーは流行りを狙っているの
  か購買層を絞り込んでいるのか、ライトエースやボンゴをベースとするライトキャブコン
  を多く発表しています。
  もうハイエースベースのキャブコンのブレイクは訪れないのか...

 < 参考 >

  ・2008年、オートキャンパー誌が行なった”ビルダーが選ぶ優れたキャンピングカー”
   で、ファーストカスタムのCGシリーズが選ばれました。商売仇である?キャンピング
   カーメーカー(ビルダー)が選んだのですから凄いことだと思います。
  ・2008年、キャンピングカー乗り換えで2008年モデルのボレロを購入。

◆ 2009年

  スタート後の四半期で老舗のグローバルが倒産するなど、影を落とす2009年の始
  まりで不況の風が吹きまくる中、ビルダーの個性が出る過去に類のないデザインな
  ど個性的なキャンピングカーが発表された年です。
  ビルダーさんには申し訳ないのですが、私がキャンピングカーを購入する際に数多く
  のキャンピングカーを見たかったので中古車屋さんに行きましたが、全く知識も無く
  キャンピングカーに興味もなかった私にとってはハッキリ言って違いが分らない!。
  バンコン、トレーラー、キャブコン、サイズがデカイから輸入車という程度の見分けし
  かできず、室内も似たり寄ったりで違いが分らないほどで、キャブコンの架装部分に
  いたっては全く同じに見えて宅配便のトラック的なイメージ、選ぶ選択肢はデザイン
  シールやドアの位置が違うくらいで買いたい!という気持ちにはなりませんでした。
  たかが10数分でキャンピングカー イコール 宅配便のトラックというイメージが頭に
  張り付いてしまい、他のキャンピングカーを惰性で見ている時に目に入ったのがグラ
  ンヴィラで、”キャンピングカー(トラック)らしくない”と思って内装を見ると明らかに他
  のキャンピングカーとは違って普通!と思って即決して購入しました。
  キャンピングカー乗り換えの時も迷うことなくファーストカスタムの車!と決めていま
  した、念のためにと2008年3月のキャンピングカーショーに行きましたが、多くの人
  でファーストカスタムのブースを探すのも大変、この時も” キャンピングカー(トラック)
  らしくない”車を探すと、遠くからでも絶対!にファーストカスタムの車だと分るくらい
  で、展示されていたCGシリーズのカルド、EX、ボレロの順に内装を見てボレロに決
  定!ほんの数分のこと、他社のキャンピングカーを見ることもなく購入を決めました。

  こんな私の視点で2009年に発表されたキャンピングカーは非常に興味があり、
  ヨコハマモーターセールスのレガード、カトーモターのボーノ、倒産しましたがグロー
  バルのNewエクステージ(未製造?)は個性的なキャンピングカーだと思います。

◆ キャンピングカーガイドの紹介

【1989年版】

   その他634

【1997年版】

   その他635

【1999年版】

この頃はモーターホームといわれていたようですね。
観光バス?と思われる国産の大きなモーターモームもあり価格が¥1500~¥2500
万円、この値段を見るとまさにホームですね。今ならマンションが買えます。

  その他017

【2000年版】

探し続けて3年半、未だに探しあてることができません。

< 2010.8.12 追記 >

ついに発見、購入しました!

  その他101


【2001年版】

レクヴィのグランビラが表紙を飾っています。グランドハイエースのキャブコンが大ブレイ
クの兆し。

  その他023

【2002年版】

グランドハイエースにくわえてエルグランドをベース車両とするキャブコンが続々と発表。

  その他014


【2003年版】

新型発表!止まらないグランドハイエースベースのキャンピングカー開発

  その他636 名車グランドロイヤル。ファースト佐藤幸一氏撮影

  その他018

【2004年版】

2003年と車種に変化はない、少しだけ手を加えた変更のみです。

  その他012

【2004~2005年版】

キャンピングカーに変化は無い、200系ハイエースへの切り替え開発による停滞か?

  その他010

【2005年版】

200系ハイエースを用いたバンコンが出現しました。

  その他013

【2005~2006年版】

  その他019

【2006年版】

200系ハイエースを用いたキャブコン・バンコンが数多く発表、グランドハイエースから
200系ハイエースへの移行が本格的に始まりました。

  その他020

【2007年版】

200系ハイエースが主流、キャンピングカー大ブレイクの予感

  その他021

【2008年版】

200系ハイエースのバンコンが続々と発表、以外にキャブコンの発表はなく停滞ぎみ。

  その他022

【2009年版】

ビルダーの個性が出る過去に類のないデザインなど個性的なキャンピングカーが発表
される。キャンピングカーガイドとは別にHIACEのバンコン専用のガイド本も発売される
ほどの人気です。

  その他016

スポンサーサイト



| なんでも日記 | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cabcon.blog47.fc2.com/tb.php/325-2f7535d2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT