fc2ブログ

くるま旅@Boleroなキャンピングカー生活

キャンピングカーで行った”くるま旅”や”アウトドア”などキャンピングカーを活用する様々な遊びを紹介します。         by Boleroなおじさん

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

一年利用して分かったBoleroの参考情報です

納車されて早一年が経とうとしています、一年使ってみた実測データを基に皆さんへご紹介します。
Boleroの購入を考えておられる方の参考になれば幸いです。また、車種は違ってもソーラーシステムとサブバッテリー追加を考えておらる方は参考値としてご覧になって下さい。

<< 断熱性 >>

( 冬 )

前提として寝る時にはFFヒーターを停止して寝るようにしています。
年間通して一番寒かったのは年越しキャンプで、外気温が-10℃、清水タンクの水も凍結、一番冷え込むといわれるAM3~5時の計測でも室内温度は10℃を維持して、毛布などを使うことで寒さを感じることなく眠ることができました。また、常設ベッドのシェル(壁)側からの冷気を感じることも全くなく断熱性は非常に高いことが分かりました。

< 夏 >

外気温度が30℃を超える猛暑でも、全ての窓をシェードにして閉め切った状態で室内温度は30℃です、普通乗車車だと50~60℃くらいになることから比べれば良いと思いますが、とても過ごせる温度ではありません。やはり夏場は涼しい所に行って過ごすほうがいいですね。

<< 走行充電+ソーラー充電システム+サブバッテリー2個 >>

前提として外部電源のない車中泊での利用で、メインスイッチを入れてからの待機電源と電気冷蔵庫は常時電気を使っている状態です。購入時にファーストカスタムのご担当者様から聞いたソーラー充電だけで冷蔵庫を動かすことができるというのは本当であることが分かる結果となっています。

年間通して一番電気を使う冬場の3ヶ月間の実績データでいえば、メイン室内灯とTV(13型の液晶)は寝るまで平均5時間・FFヒーターは断続的な利用なので平均2時間・温水器は水を使う30分程度の利用で、サブバッテリーのみで平均14時間利用していますが、サブバッテリーの電圧は余裕を残しています。
走行充電とソーラー充電で効率よく2個のサブバッテリーに十分充電し、14時間を越える電源供給に耐えられるキャパシティをもっており、私のキャピングカー使用形態からいえば十分な電気供給システムだと思っています。

<< エントランス内の装置配置による効果 >>

・HIACEの問題ですがエンジンが運転席の下にあるために、夏場はエンジンが冷
 えるまで少し熱を感じて気になります、逆に冬場は温かさをあまり感じなので私が
 少し神経質なのかもしれません。
 このエンジンの恩恵を受けているのは精水タンクで、具体的な配置は分からないの
 ですがエンジンに近い所に設置されているのでしょうか?夏場なら宿泊地に着いて
 数時間経過しても、普通に水を出せば熱いくらいで食器洗いなどが楽にできて温水
 器いらずです。

・常設ベッドに寝たときの足元付近下に電装機器が取り付けられているために、夏場
 は感じないほどですが冬場は若干温かさを感じる程度なのですが、この少しの温か
 さが冬場は大変温かく感じて安眠できます。
スポンサーサイト



| CG550.Bolero-V | 14:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cabcon.blog47.fc2.com/tb.php/255-c751351b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT