fc2ブログ

くるま旅@Boleroなキャンピングカー生活

キャンピングカーで行った”くるま旅”や”アウトドア”などキャンピングカーを活用する様々な遊びを紹介します。         by Boleroなおじさん

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

普通乗用車で車中泊する方へ勝手に提案!!!

勝手に思ったことを書いていますので、やってみる価値があるな?と思われた方はご自身の責任でチャレンジして下さい。

思うキッカケになったのは道の駅やSAで車中泊されている工夫を私なりに考えてみました...

<< 目隠し&寒さ対策 >>

参考:キャンピングカーのボディーは断熱対策が施され、ガラス面に吸盤で貼り付
    ける専用のマルチシェード(サンシェードの分厚い版)があります。

普通乗用車で最大の不利はガラス面が多く鉄板が多いことだと思います。
ガラスと鉄板は冷やされると室内温度を下げてしまうので、せめてガラス面は塞いだ方が良いことはよく分かります。
工夫されている方を見るとフロントガラスは市販のサンシェードで覆い、他のガラス面はキャンプやピクニックで使う薄手の銀マットを加工して貼り付けておられますが、断熱効果を上げるためにキャンプ用のテント内部に敷くウレタンが分厚い物を使った方が室内の熱を逃がさないようにした方が良いように思いました。
一番大きなガラスがフロントガラスなので、市販品なら二枚重ねにするか加工が大変かもしれませんが同じように分厚い銀マットで作ったほうがいいような気がします。
それか、薄手の銀マットや市販のマルチシェードの内側に裁縫?でつかうキルト素材を貼り付けても断熱効果は向上すると思います。
これでもか!と考えれば、とにかくガラス面に空気の空間(二重ガラス同様)をつくった方が冷気を通さず熱を逃がしにくいので、貼り付けた銀マットの内側にカーテンを吊るなどの対策をとれば尚いいように思います。

*注意!、酸欠にならないように空気を取り込むためにどこか一箇所でもガラスを少
        し開けて空気を取り込むようにしないと危険です。

<< 目隠し&暑さ対策 >>

参考:エアコンがついているキャンピングカーは論外ですが、標準装備でベンチレー
    ター(換気扇のようなもの)が天井に着いていて、室内の空気を排気したり外
    気を吸気したりできます。が、キャンピングカーでも普通乗車同様で暑いです。
    キャンピングカーのベンチレーターでも単独ではあまり効き目がなく、窓など
    を開けて空気を取り込んでベンチレーターで排気して空気の流れを作ることで
    幾分ましになりますが、道の駅やSAなどの駐車場では押し出すタイプの窓は
    開けられないのでキャンピングカーのほうが辛いです。
    キャンピングカーは運転席部分のガラスを開けて網戸のようなバグネットを取
    り付けられる専用のものがあるので私は重宝して使っています。

どこかの道の駅で見かけた人の工夫ですが、網戸をガラスサイズより少し大きめにカットしたものを外側からガラスのフレーム(鉄板部分)にマグネットで取り付けて、ガラスを前回にすると容積の少ない普通乗用車ならキャンピングカー以上に涼しいと思います。
これでもか!と考えれば、キャンピングカーでも冷蔵庫を更に冷やしたり、ベンチレーターのサブ的にマイクロFAN(パソコンの冷却FAN)を付ける人もいます。
マイクロファンなら12V電源で動くことと電気使用量が小さく普通乗用車で使われている12Vバッテリーで動かすことができるので、風の流れを考えて風上側に吸気になる方向で室内ガラス脇に取り付けて、できるなら風下側に排気になるように取り付けると風の流れをよりよくできて更に涼しくなるような気がします。市販されている12Vのシガーライター対応のソケットにマイクロFANを付ければ簡単に作ることは可能で、マイクロFANはネットのオークションでキャンピングカーで検索すると見つかり数百円と安価なものです。
もし、顔など局部的に涼しくしたい場合は携帯電話の充電器でシガーライターソケット型のUSB付のものを買ってシガーライターに差し込み、パソコンショップや¥100円ショップで販売されているUSB用の小型扇風機を買って繋ぐとかなり涼しくなります。

*注意:暑い時期の昼間はエアコンを使うのでバッテリーも酷使していると思うので、
      充電量が十分か確認する必要があり場合によっては数千円で販売されてい
      るソーラー充電器などで昼間に十分充電できるようする必要があります。マ
      イクロFANといえども電気を使うためバッテリー上がりに注意して下さい。

スポンサーサイト



| なんでも日記 | 21:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cabcon.blog47.fc2.com/tb.php/251-47068cff

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT