くるま旅@Boleroなキャンピングカー生活

キャンピングカーで行った”くるま旅”や”アウトドア”などキャンピングカーを活用する様々な遊びを紹介します。         by Boleroなおじさん

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

紅葉を求めて東北縦走のくるま旅

18日(金)

仕事を定時に終えて19:30に帰宅、シャワーして積み込みを終えて21:00に出発。

DSCN1414加工 ※出発準備中...

途中、多賀SAで夕食をとり、車中泊地の有磯海SAを目指して01:30に到着、ビールを飲んで02:00に就寝。

19日(土)

07:00起床、天気は晴れです。

SA001    SA004

このSAは、恋人の聖地らしく何やら碑のようなものがあります、小道を歩くと展望台があり見下ろすと街の向こうに日本海が見えますが、何故聖地なのか理解できず朝食バイキングを食べて、蔵王まで一気に走ることにしていたので早々に有磯海SAで給油後に出発しました。
天気が良くて日本海が綺麗に見えて快適ドライブ、あまりに綺麗なの越中境SAに立ち寄り展望台から日本海を見ながらツブ貝の串を食べて小休止してから出発。

SA006


北陸道から磐越自動車道に入る直前の新潟西SAで休憩。
このSAの次の給油施設がかなり先のようで、給油待ちの車が長蛇の列でSAは車がひしめき合って大盛況、私はスタバでアイスコーヒーを買って早々に出発。
磐越自動車道に入ると対面通行になりPAもトイレのみという感じで寄り道SAをガイドブックで探しながら走行、交通量も少なめで順調に走れたので、少し時間的に余裕ができたことと昼食時間でもあり磐梯山SAで食事休憩。

SA011 ※Boleroの向こうは磐梯山

何を食べようかと思いながらメニューを見ると喜多方ラーメンがあったので即決!。時間に余裕があれば喜多方に立寄って喜多方ラーメンを食べることも考えたのですが余裕がなかったので計画から外していました、SAエリアなので期待はしていなかったのですが皆さんの注文が喜多方ラーメンばかりで、待ち時間30分の間ラーメンを作る様子を見ていたのですが本格的な作り方なので少し期待に変わり、私達のラーメンが出来上がりワクワクしながら店外に作られている公園のような広場で食べることにして、設置されているテーブルで磐梯山を見ながら喜多方ラーメンをいただきました。家内は味噌味で私は醤油味、少し交換しながら二つの味を楽しみながら美味しくいただきました。

SA013    SA014

外に出てテイクアウトの食べ物を見ると牛タンを発見、これも食べたくて仙台に寄ることも考えたのですがルート的に時間をロスするので計画から外していました。仙台のものとは少し違いますが牛タンには違いないので買って美味しくいただきました。何が違うのか美味い!味付けは塩とニンニクのようで塩だけで食べていた私達にとって少し違う味付けでした。

SA016

食事で時間がかかりましたが予定時間どおりの時間で納まっているので余裕で給油後に出発。

高速はあいかわらず順調なので蔵王を目指して軽快に走行、東北自動車道が近くなるにつれていよいよ東北!と思いながらJCTが見え始め、その先を見ると車の群れが...

DSCN1443.jpg ※東北自動車道、全く動けません

合流しようにも大停滞で入る隙間もなく合流に苦労しながら走行車線に入りましたが、それからは停滞で停まったり少し進んだりで大幅に時間をロスしそうなので蔵王は断念して国見SAで車中泊することにして17:00頃に到着。

SA017    SA018

夕食を物色するために店内に入り、また牛タンと思いながら2個、丸ごと一本を使ったキュウリ漬け、焼きおにぎり、家内用の焼きトウモロコシ、お土産用にズッシリと重い巨峰?を2房を買ってキャンピングカーへ戻り、夕食しながら翌日の計画を見直して早寝早起きで行動することにして、早朝から蔵王へ行き後は予定どおりのルートで進むことに決定。
疲れているせいもあって20:00就寝。

20日(日)

05:00前にトイレに起きて睡眠時間もたっぷりととったので目が覚めました。天気は曇りのち晴れ。
家内も同じように起きてきたので、お店で朝食のサンドウィチを買って車内でゆっくりと食事して05:30出発。
18日から高速で過ごしたので白石ICで始めて高速を下りることになり、ETCゲートを通過する時の料金表示¥1000を見て大満足、ナビが示した料金は約¥15000。
ICを出て交通量が少ない国道を走り、蔵王の麓から厳しい上り坂を上がり始めて山頂らしき所が見え始めた頃から木々が紅葉していて、美しい紅葉を見ながら山頂の駐車場に06:30到着。

DSCN1465加工    DSCN1491加工

DSCN1479.jpg    DSCN1487.jpg

天気が良くないからか朝早いためか山頂は風が強くガスで真っ白、たまに風でガスが一瞬晴れる程度でお釜が見えるか心配しながら歩き始め、お釜を見ることができる場所で下を見下ろすがガスで数メートル先も見えない。
訪れた数名の人達も寒さで我慢できないせいかお釜が見えないと分かると早々に戻って行きます、寒さで指が冷たくなって感覚が変になり、耳も痛くなろほどの寒さのため戻ることを考え始めた瞬間ガスが晴れて下を除き込むとガスの隙間から、綺麗なお釜が見え始めたので我慢することにして、見え隠れするお釜を10分くらい見て戻りましたが車に乗ってから十数分というもの耳が痛くて大変でしたが、天候にもかかわずお釜を見ることができて良かったと思いながら蔵王を下り、次の目的地である一関ICへ向けて出発。

猊鼻渓and厳美渓かorにするかは時間次第なので、とにかく移動して到着時間で決めるということで村田ICから東北道へ入り一関ICを目指しますが、走行には影響しないのですが車の量がとにかく多く渋滞の恐怖を思いながら走り、趣味?のキャンピングカーウォッチングを楽しみながらサイドミラーを見るとZILさんがついてきてます、良く確認すると先ほどトイレ休憩で寄ったPAに停まっていた、わ・・・ナンバーのZILさんで、しばらく一緒に走りましたが先を急ぐがゆえにダッシュで走って一関IC近くで停滞が発生して車が止まっていますが、私は一関ICで下りるのでギリギリで停滞に巻き込まれずに下りて直ぐにあるGSで給油、給油中に時間を考えれば正反対に位置する猊鼻渓and厳美渓にすると遠野着が大幅に遅れるため、どちらか選択しなければならず困っている時にGSの店員さんが何所に行くか聞いて下さったので、「猊鼻渓と厳美渓ってどんなとこ?」と聞くと、丁寧に「厳美渓は景色を見ながら団子を食べる処、猊鼻渓は船から景色を見ながら団子を食べる処」と答えて下さったので、それぞれの写真を見ながら船から景色を見ながら団子を食べることにしました。
給油を終えて出発すると先ほど見たZILさんが通過、その後ろを走ることになってしばらく走行していると今度はZILさんがGSに入りました、同じようなペースで同じようなところを走っているので行き先は同じ?と思いながら猊鼻渓に09:35到着。

一番近い駐車場に入ろうと思って進むと鉄橋の高さ制限でNG。

DSCN1496.jpg

しかたなくUターンして次に近い第二駐車場に入ると白線サイズからすると普通乗用車サイズなので、出る時のことを考えて前と横に白線の無い出入り口に一番近い所を選び、1mくらい下の畑に落ちないように後輪をギリギリまで寄せて前を白線内に納めて駐車、5分くらい歩いて乗船時間を聞くと直ぐに乗れるということで手漕ぎの船に乗船、直ぐにもの売りのお姉さんが横の船から話しかけてきたのでお茶と団子...団子の代わりにフランクフルトを買って食べいると出船です、この頃には急に人が増えていて船を待つ人が並んで待っていて、その向こうを見ると先ほど私がUターンした所でZILさんがUターンしている姿を確認。

DSCN1498.jpg

船頭さんが船を漕ぎながら説明を始め、聞いていると行き帰りで1時間30分かかるとのことで「・・・」、「さっかく来たんだし、遠野のあんべに着く時間が1時間遅れるから昼食時を外れるから丁度いいかも」と家内と話ながら、美しい景色を見ながら景色を存分に楽しみました。

DSCN1520.jpg    DSCN1513.jpg

下船するととんでもない数の人達が乗船待ちで、ラッキー!と思いながら夕食用に鮎の塩焼きを2匹を買って駐車場に向かい、目に入ったのはZILさんが横に停まってます????。
確か右隣は白線の枠が無かったから安心して駐車したのに!と思いながら駐車場に戻ってビックリです!、観光客が多く来ているせいか駐車スペースの白線は関係なく車を入れてて、私の車の前に2台横並びで右に張り出して駐車、左横は来た時から泊まっていた大型のRV車、右横のZILさんは私の車と面一で行儀良く揃って停まってます?、ZILさんの後輪は安全を考えたのか駐車場の縁から後輪まで1m以上も余裕があります。
私の車の方が長いのに...これは大変だと思いながらもチャレンジ!リヤオーバーハングを考えながら左横のRV車に寄せ、前方に立ちはだかる2台の車にギリギリ寄せて一揆にハンドルを右に切りながら、サイドミラーでZILさんのサイドミラーを気にしながら出始めたが、シェルの中ほどでバックミラーまで1cmの所で様子を確認すると、あと5cmZILさんのミラーが短ければクリアーできるのに!と思いながら出しっぱなしのミラーを手で閉じようとするが無理!(ZILさんスミマセン)、しかたないので元どおり車を駐車してZILさんの運転手が帰ってくるまで待つことにして開き直る。
私が船で出る時にZILさんは駐車場に入っていなかった、私達が船に乗った直後に多くの人達で並びが出るほどで帰ってきた時には凄い人が増えていた、お昼も近いから遅れて乗ったZILさんが帰ってきても昼食でもとられたらどれだけ待つの?と思いながら待つこと約30分、左隣のRV車の方が帰ってこられたので一安心!、左隣の開いたスペースを利用して脱出に成功して遅れを取り戻すために離合も大変な山道を走って山越えを幾つしたでしょう?、ようやく平野部に下りてひたすら昼食予定地の遠野にあるあんべを目指してお腹もペコペコになった13:32に到着。

グルメ002    グルメ004

入り口を見ると長蛇の列...しかたないので1時間待ってようやく席に座ることができて、念願?のジンギスカンを注文し途中でお肉だけ1人前追加注文して30分足らずで完食、何が美味しいのか考えながら食べていたのですが、肉が確実に違うことと、タレも独特で美味しいもので味を忘れないようにというか自分で真似できないかと思い始め、残ったタレを味わいながら飲み乾してしまいました。
満腹になって気分は上々、近くにある道の駅 遠野風の丘に立ち寄って夕食用?の地ビールをバイツェンとピルスを2本づつ買って出発です、時間を見ると今日の最終目的地である道の駅みやこに着く時間が心配になり、夕食の食材が調達できるか不安を持ちつつ山越えを続けて日帰り温泉 湯ったり館に16:39到着、久々のお風呂でサッパリしてから17:15に出発。

日帰り温泉001

陽が暮れ始めて薄暗くなる空を見ながら一気に道の駅みやこに着くなり店内に入ると、18:00の閉店まで5分との放送があったので急いで見て回って毛蟹と卵にフカヒレスープをゲットして蛍の光が流れ始めました、車に戻って駐車スペースを探して、ちょっと大型車用の所に駐車してから場内を散策すると海まで30mくらいの距離にあるため、釣り目的の人達や車中泊目的の人達で巨大な駐車場は車で一杯です。

車中泊001

車に戻って夕食の準備です、毛蟹を湯でて・・・・を出して完成!
夕食をとりながら明日の計画の見直しです、本来なら15~16時に宮古に着いて日暮れまでに浄土ヶ浜を見る予定でしたが到着が遅れたので、明日も早起きして空いている時に見に行くことにして少しくつろいで早めの20:30就寝。

21日、晴れのち曇り

朝5時30分頃にトイレで目覚めて外に出ると寒い!
トイレを終えて海の方を見ると日の出前で空が赤くなって綺麗なのでしばらく見ていると完全に目が覚め、しばらくすると家内も起きてきて出発の準備を終えて06:15に出発。

DSCN1550_20090929230733.jpg    DSCN1551加工


道の駅から浄土ヶ浜は近くて06:30には駐車場に到着して遊歩道を歩き展望台へ行って写真撮影、浄土ヶ浜に通じる遊歩道を見ると波が遊歩道まで上がっていて、それを上手にかわしながら飛び跳ねている人が見えて何故???と思いながら遊歩道まで降りると、遊歩道の入り口に高波のため通行止めの表示...納得です!
せっかく来たからと他の人にならって侵入、それからが大変です。
打ち寄せる波の大きさとパターンを見ながら、遊歩道のどのあたりにどれだけ波が上がってくるのかしばらく観察してから、今だ!という感じで安全地帯まで猛ダッシュです、これを繰り返しながら浄土ヶ浜に到着して景色を見ると来て良かったと思うほどの絶景で写真を多くとりました。

観光001    観光002

時間的にも人も数えるほどなので写真を撮っても誰一人他の人が写りこむことはありません、早い時間の観光のほうがいいね!などと話ながら帰りも波との戦いです。
駐車場に戻って遊覧船の運航状況を見ると、来た時は高波のため運行中止の表示でしたが運行中に変わっていたので乗るか乗らざるべきか考えていると家内は次へ行きたそうなので07:30に出発、お腹が空いたので国道沿いの宮古市街を見ながら走るが食事できそうなお店が無いので、コンビニでおにぎりと味噌汁を買って食事を終えて出発。

途中、道の駅 区界高原で小休止して盛岡市内へ入ったとたん混雑が始まり思うように進めません、作戦会議で市内のコンビニに寄り駐車場代?にとコーヒーを買って計画の見直しを始め、今日の日程は盛岡から八幡平に行ってから戻り、小岩井農場へ15:00前くらいに到着して遅い昼食兼夕食をとって、車中泊地の道の駅 雫石あねっこに遅くなっても行く予定でしたが、私と家内の八幡平に行く場所の認識が違っていて?????
家内が行きたいと思っていた所はアスピーテラインで、小岩井農場の反対側で距離と時間を考えると予定どおり回るのは無理、また天気も崩れ始めていることもあってあっさりと八幡平は取り止めにして、明日予定していた田沢湖を組み込んで小岩井農場から田沢湖に行き、少しルート的にロスしますが逆戻りして道の駅 雫石あねっこに行くことで決定。
コンビニを出てしばらく走るとナビがルート修正を示し、その通りに走り始めてしばらくするとまた大停滞です、小岩井農場までの距離は5キロメートルもありますが引き下がるわけには行きません。

くるま旅001    くるま旅002

停止と数メートル進む停滞を利用して停車時に車の中から周りの写真を撮るなど暇つぶしをしながら約?時間かけて小岩井農場の駐車場に到着。
駐車場も満車で第二駐車場に回される中、私の車は少しデカイせいもあってか入場口に一番近い大型車用の駐車場に誘導されて大変助かりました。11:45に到着です。

観光003    観光004

お腹も空いたので昨日と同じですがジンギスカンを注文、ここは七輪で焼くジンギスカンで不思議に思いながらも美味しいジンギスカンを堪能し、家内はお土産を買うとのことなので私は退場して車で待つことにして、ルート的にゆっくりしたいこともあって車中泊予定を道の駅から湯~パークに変更できないか、というのは小岩井農場で思いのほか時間を費やしたので、田沢湖に近い湯~パークを探して電話したところ車中泊はOK!、夕食はどうか確認すると注文は締め切りとのことで断念です。
家内が30分くらい経ってからお土産の袋を下げて帰ってきたので、湯~パークがダメなので遅くなるが温泉で入浴と食事ができる道の駅で車中泊する予定どおりの計画で行くことにして14:00に出発し、小岩井農場を後に田沢湖を目指して15:30に到着。
あいにくの天気で曇っているために美しい田沢湖を見ることはできなかったのですが、水が大変澄んでいて大きな田沢湖は綺麗で満足。

観光005    観光006

湖畔のお土産屋さんでお土産を買って車中泊地の道の駅を目指して出発です。
来た道を戻るのは個人的にはイヤですが泊まる所も無いので道の駅 雫石あねっこまで戻り17:00に到着。

道の駅001

直ぐに日帰り温泉と食事処の営業時間を確認して、温泉に入ってから食事処に直行しましたが待ち状態で約一時間待ってから入店、待っている間に考えていた雫石牛のタタキサラダ、枝豆、串3種盛り、マイタケのホイル焼きでビールをいただいてから、家内は盛岡冷麺、私は稲庭うどんのザルを食べて大満足で車に戻って二次会をしてから?:?に就寝。

22日(火)

雨音で目が覚めて外を見ると家内が言ってたとおり雨です。
朝食は小岩井農場で買ったパンとプリン、この道の駅で買ったコーヒー牛乳で朝食をすませて07:00に出発。
今日のメインはファーストカスタムで修理してもらうことなので、開店時間までは時間調整で角館に08:20到着、時間が早いせいもあって見学もできないので武家屋敷を見ながら通過することにしてキャンピングカーで武家屋敷の前の道路に入っていきます。
もし会館する時間になれば人ばかりで武家屋敷の道路は通ることができないだろうと思いながら進み、良い感じの所で写真をいっぱい撮ってゆっくりしていると、武家屋敷の門が開き始めたのでお邪魔になる前に退散です。

観光007    観光008

家内が調べていたお土産屋さんも開店まで時間があるので角館を後にして大仙を目指します。
時間的に早いため、途中コメプラザの看板がある道の駅 なかせんに立ち寄り秋田小町の新米を買おうと思いましたが入荷していないとことで断念して出発、大仙に入りしばらく走るとファーストカスタムが見えてきました、時間的に少し早いので通り過ぎてコンビニで小休止。
ボ~っとするのも退屈なので09:45に電話すると快くOKして下さり、09:50にファーストカスタムへ到着。

ファーストカスタム001    ファーストカスタム004

破損して瞬間接着剤で固定していたエントランスドア固定フックの交換、カーテンレールのコマ1個の取り付け、リヤモニターカメラのパッキン修理をお願いして、待ち時間はグランドロイヤルで来られていたオーナーの方や営業の方々と喋ったり展示されているCGシリーズを拝見して楽しく過ごし、なごりおしかったのですが高速の停滞が気になっていたので営業の方に関西までのルートと時間を確認して出発です。

昼食は予定していた横手の神谷焼きそば屋へ立ち寄り横手焼きそばを食べて大満足、あとは自宅を目指して出発することにして道草スポットを探しながら帰ることにしました。

グルメ005    グルメ006

国道は順調に走行、途中湯沢横手道路に入って終点までも順調で湯沢で降りて直ぐにある道の駅 おがちへ立ち寄り、しつこく秋田小町を探すと新米があったので買うことにして、地元では有名そうな焼肉のタレとともに買って早々に出発。

国道を南下、順調に走行できて時間的にも余裕がでてきたことと、めったに来れないことから楽しみながら帰ることにして天気は最悪ですが、最上川沿いを通ってファーストカスタムの営業の方からも聞いた笹川流れに行くことにして帰路を変更、日暮れ前に間に合うか心配でしたが海沿いの国道から見える笹川流れの景色を見ながら走り、道の駅 笹川流れに16:30到着。雨は止み夕暮れ時の白々とした空が見え始めてしばらく景色を見てから出発です。

道の駅008

海沿いの道を南下、国道と合流して10kmくらい戻ることになりますが、お腹が空き温泉にも入りたいので道の駅あさひを目指して走行、以外と時間がかかり国道と合流する手前でナビがルート変更を示したのでナビに従って走り始めると狭い道になり、不安を感じながらしばらく行くと広い道になって一安心、さらに進むと急に林の間に細い道が見え始めるが気にせず進むと道の脇に”大型車は通行できません”の看板が、道は広くなったり狭くなったりを繰り返していたので看板を横目に「大型って?トンなの、長さは何メートルなの?」と言いながら更に進むと離合は無理なくらい細い林の道になってきました。、周りは真っ暗で林の中なので不気味と思いながらも進むしかないので走り続けます、しばらく行くと家が見えて一安心!ただ前方を見ると道がない?
歩いて道を確認すると細いうえに直角のクランクになっていて微妙、道の脇も空き地がないので進めなくなるとどうしようもない、以前に紀伊半島一週で大変なことになった記憶が蘇り進むことを断念、車を方向転換しようにも空き地が無く小さな空きスペースを利用して慎重に方向転換、来た狭い道を戻りながら次から大型車は通行できない表示があれば入らないことに決めました、車両サイズも登録したにもかかわらず案内したナビにぶつくさ言いながら道の駅あさひに18:50到着。

直ぐレストランに行って夕食をすませて場内にある日帰り温泉で入浴、車に戻り自宅までの走行距離と時間を確認すると約8時間で03:30着の表示、走り続けて帰ることもできますが疲れながら過ごすより、せっかく休日なので車中泊を楽しみながらのドライブで帰ることに決定!ただ、ここで車中泊すると明日の朝から8時間走ることになり停滞を考えると不安なので、とにかく高速に入って適度に走って明日の余裕も考えて車中泊地を選ぶことにして出発です。

国道を南下して新潟県 中条でICに入る前に念のために給油、中条ICから高速に上がり順調に走行していましたが磐越道と合流してから車が一気に増えて法定速度の走行ですが、前も後ろも長い車の列が見えるほど交通量は増えています。関越道の分岐で関東圏ナンバーの車が減り、更に信越道の分岐で中部地域ナンバーの車が減り北陸道は空いて楽になった頃、時間も22:00近くなったので名立谷浜SAに入って車中泊することにして駐車。
しばらくTVを見ながら旅の振り返りの話をしてビールを飲んで23:00には就寝。

23日(水)
明るくなってきて目覚めると07:00、天気は昨日同様で雨。
レストランのメニューを見ると美味しそうですが朝にしては重いものだったので給油して出発、次の越中境PAに寄ると日本の朝食!って感じのタラ汁定食があったので注文して美味しくいただきました。

SA009    SA010

食事を終えて08:40に出発、車道へ入ると叩きつけるような強い雨になりましたが車の量はまばらで走りやすく雨の中の快適ドライブでした。

今回は海産物を食べていなかったので途中の小矢部SA、徳光PA(HO)で夕食用の海産物を買いながら帰路も楽しみながらの走行、金沢を越えてから車が増え始めましたが法定速度で走れるので快適です、何気にODOメーターを見ると9995kmになっていて10000kmまであと少し、メーターを見ながら10000kmになった時にカメラで撮影、祝い!10000km、直ぐそこの南条SAへ入って撮ろうと思って入りかけた時には10001kmでした。

その他1    SA024


せっかく寄ったので福井名物の焼きさばを買って出発、米原JCTで名神に入りましたが思ったより車は少なくて拍子抜けしましたが、竜王くらいから法定速度を下回り始め前も後ろも車の長蛇の列ができていて、かなり先の大山崎JCT付近の事故で渋滞距離が伸びていることを気にしながら、停滞直前のICで下りてくるま旅の終わりです。
ETCゲートを通過する時に¥1000の表示見てニンマリして満足しながら14:45に帰宅しました。

長い連休でしたが、あっという間の東北くるま旅でした。

スポンサーサイト

| くるま遊び日記 | 22:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cabcon.blog47.fc2.com/tb.php/215-c065869a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。