くるま旅@Boleroなキャンピングカー生活

キャンピングカーで行った”くるま旅”や”アウトドア”などキャンピングカーを活用する様々な遊びを紹介します。         by Boleroなおじさん

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

20年間キャンプをやって分かった良いキャンプ道具とは...

はじめに

20年もキャンプをやっていたので様々なキャンプ道具を買って使ってきた結果、最終的には機能的・軽量・頑丈などの道具を使い続けていたり、買い換えたりして今に至ってます。
今はキャンピングカーでのお出かけになりましたが、キャンプ道具は基本的にコンパクトで機能的なものが多いので、キャンピングカーといえども限られたスペースでの活用になるためにキャンプ用品を使うことは有効と思っています。車中泊もするようになってからはキャンプ道具の便利さが改めて良く分かり、主に食器類や調理に必要な器具類は大変便利で重宝していますし、コンパクトなので収納性も良く、軽量であることからキャンピングカーにも最適だと思っています。

様々なキャンプを使って分かったことは餅は餅屋のものが良いと思いました。
初めの頃は無いものを買ったり、新製品がでればデザインや機能性などで買い替えたりしていましたが、使っているうちに使いやすく機能的で丈夫なものが良い物と思うようになり、買い替えの時のポイントとして買うようになって、今も使っているものを見るとキャンプ道具メーカーの強みである道具を使っているが良く分かります。

◆ ランタン

使い良さだけで長年にわたりガスランタンを使ってましたが、ガスの入手が年々困難になっていることと冬の寒い状況下では使えないこともあって、3年前にガスランタンが壊れたこともあってコールマンのホワイトガソリン式ランタンを購入しました、もちろんブランドデザインにもなっているほどの老舗、ホワイトガソリン・ランタンといえばコールマンといわれるほど追従を許さないブランドだと思います。
ホワイトガソリンはキャンプ場でも購入できるところが多く、ホームセンターやアウトドアショップでは必ずあるので調達が楽になり、冬場の通常使用もできるようになったので灯を気にすることなくキャンプできるようになったことが最大の良いところですね。あとは、燃料の費用がガスより安いことが今さらながら分かりました。

◆ 調理器具・テーブル・棚など金属加工製品

UNIFLAMEの金属製品は昔から定評があり老舗だと思いますし、製品も小さなものでも大きなものでも使用用途に応じた材質のものを使っていて、どうすれば変形するのだろう?どうすれば使えなくなるのだろう?と思うほどキャンプ道具も長持ちしており、買い換えることが全くないので長年使っています。
他のメーカーでいえば、地域的に金属加工で昔から有名な新潟県にあるキャンプ道具メーカーも良いと思います、製品を見ないと全てが良いともいえませんが、私がsnowpeakの金属製品を長年使っていることから良いものであることが分かります。

◆ ガスバーナー

ガス、バーナーともに本業であるイワタニのPLIMUSになります、なんといってもガスを知り尽くした器具であるバーナーは、構造や火力も優れているものでガスと合わせて使っています。
私のキャンピングカーも、イワタニ製でLPガスユニット対応のカセットボンベ5連装式ガス供給システムが取付けられるほどビルダーも選ぶメーカーであり、イワタニ製のガス器具やカセットボンベもコンビニなどで調達できるのでキャンピングカーでもお世話になっています。

◆ テント・タープ類、その付属道具類

キャンプ道具の中で一番厳しい製品だと思います、陽や風雨にさらされるために構造・素材・縫製・シールなど品質が一番問われるために、良し悪しが分かりやすく品質が下がれば利用する人も確実に離れるものだと思います。

私は山岳ではなくファミリー(オート)キャンプ族なので、私の評価で全てのテント・タープ類を評価しているわけではないのでご注意下さい。
山岳用も含めれば老舗の、mont・bell、小川テント、snowpeak、クロスター、?????、その他、様々な有名メーカーがありますが私がオートキャンプが主体という立場で最終的にたどり着いたのはsnowpeakでした。
特に冬キャンプなどに行けば、snowpeakが行なうイベントの”snowpeak WAY”のように、キャンプ場を見渡す限りsnowpeakのテント・シェル・タープ一色になります。
ここ数年みていると、オートキャンプ領域では材質や縫製などの観点でcolemanが飛躍的に質実ともに老舗を追い上げているような気がします。

◆ 衣類

いろいろと着てきましたが、最終的にはmont・bellとL.L.BEANにたどりつきました。
本来的な使い方ではないと思いますがキャンプ場で過ごしたりする時は、通気性、防寒に優れたmont・bellのトレッキング用の製品を着用することが多く、キャンプ場内を動き回ったり作業などをする時や冬の厳しい環境下で過ごす時はL.L.BEANの製品を着用して使い分けています。

◆ チェア・その他

特にメーカーに拘らず使い勝手の良いもの、構造や材質などもみて最終的に決めますが、今使っているものを見回すとコールマン製品が増えています。

◎ コンパクト、軽量、機能性、高性能などキャンピングカーでも最適だと思います。

スポンサーサイト

| キャンプ用品 | 21:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cabcon.blog47.fc2.com/tb.php/180-2d03c402

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。