fc2ブログ

くるま旅@Boleroなキャンピングカー生活

キャンピングカーで行った”くるま旅”や”アウトドア”などキャンピングカーを活用する様々な遊びを紹介します。         by Boleroなおじさん

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

高地に強いFFヒーターはWebastoかEberspächerか?

キャンピングカー雑誌の裏表紙を見るとWebasto FFヒーターの宣伝で、「2,200mの高地まで対応 エアヒーター Air Top Evo 2000」とあります...(?_?)?
ということは、今までは対応してなかったの?知らなかった!(^^;) こう思うと止まらない!
我が家は、GlandvillaはWebastoでBoleroはEberspächer、どちらも使った経験があるので事実と調べたことをご紹介します。

Webasto(バベスト)

  以下、製品紹介の抜粋

  新型エアヒーター 『Air Top Evo 2000』新登場。
  今までの『Air Top 2000ST』の機能を更に強化、今まで不具合が起こりやすかった高地での弱
  さを克服。オプションの高地用スイッチを着けることで標高2200mまで対応可能になりました。

  高低差の激しい日本の地形に対応すべく開発された、標高2,200mまで対応するFFヒーター
  “Air Top Evo 2000”。
  軽キャンパーからキャブコンまで、車室長が5m程度のキャンピングカーに最適な“Air Top 2000
   ST”。この従来品は、標高1,500mまでの使用が可能でしたが、ソフトウェアの最適化を施し、
  オプションの高地用スイッチ(5,880円)を用いることにより、更に標高2,200mまで対応するように
  なります。

    その他639 高度とスイッチ切り変え

  これから分かることと妄想、
  高地に弱かったのは事実のようですね。
  高地に対応したのは、メカというよりソフトを更新して制御システムを変えたことが伺え、その制
  御をスイッチを用いることで急激に制御コントロールしているように思えます。

Eberspächer(エバスペッヒャー)

  以下、製品紹介の抜粋

  Air Heater(エアヒーター)の特長
   ・アイドリングストップで車内を快適に暖める
   ・アイドリングストップで燃費を削減
   ・アイドリングストップでCO2と騒音を削減
   ・車内の温度設定も自由自在
   ・室内だけでなく、車外にも取り付け可能
   ・自動安全監視機能付き
   ・診断システム機能付き
   ・維持費が安く修理点検が容易

  使った実績をご紹介、
  2008年モデルのBoleroに搭載されているFFヒーターで、製品説明にはありませんが標高2000m
  の道の駅美ヶ原高原美術館でも一発着火、いつもと変わらず安定した動作をしています。

  ファーストが何故か?2008年モデルのみEberspächerを搭載。2008年以外はWebastoなのに...
  現在は、ビルダーのホワイトハウス キャンパーが採用し、代理店販売を行っているのみです。

◆ Webasto vs Eberspächer

  ※ WebastoはGlandvilla(2003年製)、EberspächerBolero(2008年製)に搭載されていた製品比較
    になりますので参考程度にご覧下さい。

  高地対応
   Glandvillaで高地に行ったことがないので分かりませんが、紹介した製品記事どおりWebastoは
   問題があったようで今回初対応。
   Eberspächerは、製品説明に明記されていないが正常に動作しています。

  燃料消費量
   記憶と感覚でしかないが、冬キャンプの3泊で1日10時間使い続けたガソリン消費は、燃料計で
   1メモリの差がありEberspächerの方が消費量が少ない。

  騒音
   騒音は比較にならないほどEberspächerの方が静か。といってもFFヒーターなのでそれなりの
   音はします。

  スイッチの操作性
   見た目もそうであるがWebastoの方が精巧に見え、温度が刻まれたスイッチなので温度設定が
   し易い。設定値と実温度が異なっていたとしても目安になる。

    Bolero563 貧祖な簡単スイッチです

   Eberspächerは写真のとおり、オモチャのような小さなスイッチ(3X3cm)で温度表示の刻みがな
   く渦巻きのような表示です。慣れればどうってことはありませんが簡素感は今でも感じます。

  どちらが良いか (コメントを頂き追加記入)
   普及率(シェア)から考えるとWebastoだな。と思います。
   保守や継続した開発による品質向上は普及率が高い方が安心できます。

@ Webastoユーザーの方へ

   ネットで調べている時に『Air Top Evo 2000』の不具合情報を見つけましたので提供します。
   Webastoのお知らせページは、こちら


スポンサーサイト



| なんでも日記 | 16:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cabcon.blog47.fc2.com/tb.php/1779-c2d5e609

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT