くるま旅@Boleroなキャンピングカー生活

キャンピングカーで行った”くるま旅”や”アウトドア”などキャンピングカーを活用する様々な遊びを紹介します。         by Boleroなおじさん

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2007~2008年越しキャンプは新富士オートキャンプ場で

12月29日(土)

会社が休みに入っているので夜の出発に備えて準備。
飢え死にしないように3日分の食べ物とビール2ケース、日本酒の一升瓶と750ml瓶、シャンパン1本、スパークリングワイン2本、赤ワイン2本を買って出発を待つ。
PM9時に出発、多賀SAで夕食をとり途中の浜名湖SAのGSで給油、日本平PAに着いたのはAM1時30分。
取り付けたモバHO!の番組を見ながらビールを呑み、呑み疲れて寝たのは記憶を辿れば朝方の4時過ぎのようでした。

快適化029 ※取付けたのに...2008年9月から順次サービス終了

12月30日(日)

周りが騒々しくなってきて目が覚めて時計を見るとAM8時30分、食事をとるために次の富士川SAに行き朝食バイキングを食べてAM10時に出発、数キロ先の富士ICで高速を降りて富士宮市外に入りジャスコで正月用の食べ物を購入、ホームセンターで車に積めるだけ薪を買ってキャンプ場へ向かうが、電波の受信が悪い頼りにならないナビのせいで迷いながら走り続け、ようやくキャンプ場への脇道に入った瞬間不安を感じる、道幅は狭く離合は無理、急な上り坂で鋭角的に曲がった道で9月キャンプの悪夢が蘇るが、無事にPM2時30分に到着。

着いてみるとキャンプ場内はキャンピングカーからすると広くはないが、サイトの面積は十分広いキャンプ場で富士山も間近に見えるロケーションで直ぐに気に入りました。
管理人さんらしき人に話しかけると管理人さんで、手続きをして好みのサイトを探してから車を固定して設営を開始。

キャンプ場002       キャンプ場003

到着記念!ビールを呑みながらダラダラと設営。今回は連泊することと冷え込みがキツイのでシェルターを設営してPM5時に準備完了。
寒くなり始めたので薪ストーブに火入れ式をしながらBBQ用の炭を熾し、薪ストーブには水をはった鍋を置いてスープを作りながらBBQにする、この時期は焼く前に肉が凍り始めるために肉の硬さを確認しながら凍る前に焼く、サラダも長時間放置しておくと凍りかけてシャキシャキになるので、食べたくないタイミングでも食べるような変なBBQスタイルになります。
寒いBBQを終えるころにスープが完成するので熱いスープを飲みながら寒さをごまかす、この頃になるとさすがにビールは美味しくないので、日本酒を呑み始めるのですが寒くて全く酔わず沢山呑むことができます。

キャンプ場内に露天風呂があるので眠くなる前に入ることにする。
内風呂から露天風呂に行くと親子が震えながらお湯につからずにホースで水を入れている?聞くと熱くて入れずに10分以上も水を入れているそうで一緒に震えながらお湯をかき混ぜていると、隣の女性用の露天風呂から冷たい!という悲鳴が...聞こえてくるので叫びをまとめるとお湯ではなく水のようですね。
5分ぐらい経過したでしょうか、ようやくお湯に入れるようになったのでお風呂に入っていると隣は次から次に叫び声が...
温まったので内湯に行くと浴槽にお湯がないというか蛇口が外してある?しかたないので数個あるが一つしかお湯の出ないシャワーでお湯を浴びてからお風呂を出る。お女性方が露天風呂の件で管理人さんにくってかかっているかと思うと以外と静かというか全く何もない。
夜の富士山を見ながら風呂上りのお酒を呑みながら過ごしてPM10時にキャンプ車に入り健全に眠る。

12月31日(月)

AM9時起床。

周りのキャンパーは朝食を終えて遊んでいます。

キャンプ場004 ※富士山が美しく見えます

簡単に朝食を作って食べてから富士山の裏側にある”ゆらり”という日帰り温泉に行くことにしてキャンプ場を出発、ついでにFFヒーター用のLPガスを充填するために富士吉田の街をウロウロして充填してくれるガス屋さんを発見して充填を終えればAM11時。
”ゆらり”に行くために来た道を戻り約15分で到着、すぐに食事をすることにして泡の出る茶色い液体とご当地物のワカサギのフライ、モツ煮込みとソーセージを食べてからお風呂に入る。いつものようにお風呂から富士山を見ながら露天風呂に入って休憩室で口臭が消えるまで昼寝をしてPM3時に出発してキャンプ場へ戻る。
キャンプ場に着くと早々にサイドオーニングを出して設置を終えると、周りのキャンパーが寄ってきて薪ストーブについて聞かれ始めた。どうやら出かけている時にも見ていたようで、どこで買ったかとか優れている点を教えてくれたりで薪ストーブ談義で30分も盛り上がりました。

キャンプ用品008 ※話題の新型?薪ストーブ

夕食の準備をしようとしたら何やら広場がそうぞうしいので行ってみるとイベントの準備、イベントの内容を見ると富士宮焼きソバや年越し蕎麦を作るようなので急遽夕食は簡素にすることにして、富士宮のスーパーで仕入れたワカサギフライと惣菜でビールとお酒を呑む。
PM9時、イベントが始まるので広場に行って富士宮焼きソバや年越し蕎麦を食べていると地元の太鼓サークル?の人達による太鼓が披露され、カッコいいので見ていると除夜の鐘が聞こえてきて年を越していた。
イベントも終わったのでキャンプ車に入って〆のお酒を呑んでAM1時に就寝。

 1月 1日(火)

AM8時起床。

元旦のようでですがキャンプ場のなので正月をあまり感じません、テレビを見ると一応正月のようで正月を感じることができました、周りには多くのキャンピングカーの皆さんもそれぞれのお正月を楽しんでいるようです。

キャンプ場007        キャンプ場006

広場で餅つきをすると聞いていたので広場に行ってつきたてのお餅をいただきキャンプ車に帰る。
どこかに出かけるのもじゃまくさいので、テレビを見ながらお酒を呑んだり、薪ストーブを焚きながら外で富士山を見ながらお酒を呑んだり、気が向けば散歩をしたりでダラダラとマイペースで一日を過ごす。
夕方になると夕焼けで富士山が赤くなって非常に美しい、そんな富士山を見てお酒を呑みながら夕食の準備を始める。

キャンプ場005 ※夕日を浴びて美しい富士山に

前日に仕入れたホウトウ用の麺と具材でホウトウ鍋を作り、30日の到着時に買ったおせち料理をお酒のあてにして富士山を見ながらゆっくりと夕食をとりました。
PM9時に露天風呂に入る、隣では熱い!という悲鳴、男風呂は少し温め、丁度の温度ってないの?と思いながらも気持ち良く入浴タイムを終えて薪ストーブにあたりながらお酒を呑む。呑み疲れてPM10時に就寝。

 1月 2日(水)

AM8時起床。

31日の夜食用に買っていた年越し蕎麦を朝食にすることにして、天ぷら・あげ・卵・蒲鉾・湯がいたほうれん草の残り、御節に入っていたエビ、ホウトウ用に使った白菜の残りを入れて超ゴージャスな蕎麦を食べたが...気分が悪くなり、何でも入れればいいってもんじゃないことが理解できた食事でした。

キャンプ場008 ※天気も良くて最高のキャンプを楽しみました

設営したキャンプ道具を撤収し始めてAM12時に撤収完了し、12時から始まるイベントに参加して富士宮焼きソバを食べながらビンゴに参加。ベッタ2でゲイラカイトをいただいて皆さんとお別れをしてキャンプ場を出発。
高速に乗ってすぐ富士川SAで買い物をしながら食べ物を見ていると長蛇の列が...
のぞいてみると、はなまるマーケットで紹介された富士宮焼きソバ!と書かれていたので列に並んで3分、焼きソバをゲットしてキャンプ車の食べてから本気で出発。途中、浜名湖SAで給油して帰宅したのはPM9時。

スポンサーサイト

| くるま遊び日記 | 23:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cabcon.blog47.fc2.com/tb.php/174-152c7f38

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。