FC2ブログ

くるま旅@Boleroなキャンピングカー生活

キャンピングカーで行った”くるま旅”や”アウトドア”などキャンピングカーを活用する様々な遊びを紹介します。         by Boleroなおじさん

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

自然豊かな上高地で過すキャンプは最高♪

上高地...
一般車両の乗り入れができない。
観光バスも乗り入れできる期間が限定される。
アクセスは認可を受けたバスとタクシーのみ。
上高地の入り口の釜トンネルは、タイヤを洗う水が噴出している。タイヤに付着した外界の種子を落とすために...
釜トンネル入り口ゲートは05:00に開き、20:00に閉じて外界と遮断する。
徹底して上高地の自然を保護するために外界から何も入れずに遮断している。
そんな上高地で夜を過すことができるのはホテルの宿泊客かキャンプ場利用者だけです。
その中でも、穂高の絶景が見えるのはキャンプ場だけです。
なによりも、自然を楽しみ、より自然を感じるためにオートキャンパーからキャンパーに戻ります♪

昨年の上高地キャンプは全国的な強雨で雨に悩まされた3日間でした。
キャンプらしいこともできなかったので今年も行くことにして先週の休日に準備完了!
直前の天気予報では全国的に酷暑の1週間、最高のキャンプになりそうです。
さあ行くぞ! 森のリゾート小梨のキャンプ場へ...

8月10日(土)

暑い! 汗を垂らしながら最後の準備も完了。
さあ酷暑の下界から抜け出して高所へ向けて17:00出発です。気温は33.8℃。

    

名神に入ると下り線が大渋滞、そんな渋滞を横目に快走。
標高1500mのひるがの高原SAに19:50到着。外気温は24℃、風が涼しい高原です。
これより先は下って標高が低くなるので今宵はここでお世話になります。
エンジンの熱で車内温度は31℃。しばらく風を通して冷す間は外で涼みながら食事をして待つこと1時間。ようやく室内温度も24℃に下がったので車内で過します。

    

明日は早めに動くので21:00には眠りにつきます。

8月11日(日)

04:30起床、天気?は霧。外気温19℃。気持ち良い朝です。
早速出発の準備をして04:50に出発。高山を抜けて乗鞍を越え、平湯から奥飛騨を走り鍋平公園を通過、新穂高ロープーウェイの「しらかば平」に近い駐車場に06:50に到着。

  

朝ごはんを食べからロープーウェイ乗り場まで歩いてロープーウェイで山頂へ行きます。

  

終点は標高2156m、気温17℃。
雲一つ無い天気で美しい山々を見ながら過します。明日は穂高の向こう側に...
こう思いながら景色を見ながら休憩。

      

天気が良くて景色は最高♪
のんびり過してロープーウェイで下りる頃には山頂が雲で覆われて残念な景色になりました。山の天気は変わりやすいので早めの行動が大切です。「しらかば平」に戻ったのは09:30。
小腹が空いたのでテイクアウトの飛騨牛コロッケ、温泉卵、ガーリックトーストを食べながら休憩...

  くるま旅732  くるま旅733

  くるま旅734  くるま旅735

お腹が好い感じになれば次はお風呂です♪ この辺りに着たら絶対に立寄るお風呂のある旅館に移動。
係りのおじさんに料金を払うといつものように「おつりは400万円」、こんないつもの対応も面白い。期待してお風呂に行くと......???? お湯がない! 脱衣所を掃除しているおじさんに「お湯をはるのに何分かかるの?」と聞くと4時間! ...お金を払う時に言ってくれれば考えたのに(+_+)
しかたなくお湯のある小さな露天風呂に浸かって早々に上がって出発。ちょっと納得できない気持ちを治めるために道の駅で昼ご飯にしました。

  くるま旅736  くるま旅737

奥飛騨ラーメン、岩魚の塩焼き、岩魚の造りを食べれば気分は上々♪
道の駅を13:30に出発。直ぐの所にあるJAのスーパーに寄って夜用の飛騨牛を購入。

  くるま旅738 これ、旨いんです

次の目的地は平湯にある平湯大滝です。途中で買い物など道草をみながら到着したのは14:30。
徒歩で歩くこと20分で大滝へ...

  くるま旅739

  くるま旅741  くるま旅740

なかなか立派な滝です。しばらく涼をとってから散歩気分で戻って施設にある足湯に浸かりながらカキ氷を食べて体を冷やします。

  くるま旅742  くるま旅743

のんびり過した一日でした。
今日のP泊地である沢渡第二駐車場に移動して16:30に到着。明日の最終準備を終えて足湯で過します。

  くるま旅744  くるま旅745

涼しい風が吹いて快適な時を過してから飛騨牛を焼いて車内でのんびり...20:30に寝たようです。

8月12日(月)

05:30起床、天気は晴れ(^_^)v
ご飯を食べて出発準備。キャンプ道具の最終確認をして準備万端!

  くるま旅746 これで4日間過します

06:30にタクシーで出発して上高地には07:00到着。

  くるま旅747 荷物と家内を残してキャンプ場へ

家内と荷物をバスターミナル横の道に残してキャンプ場に行きます。
この時間は観光客も少なく遊歩道を歩く人も疎らな上高地で、こんな静かな景色を見ながら歩くこと15分。

    

キャンプ場を見渡して設営できる場所にブルーシートを敷いて場所Get!

  くるま旅749 場所Get!

それから受付に行って手続きを終えてリヤカーをレンタル。リヤカーを引いてバスターミナルに戻ります。

  くるま旅748 一往復30分

キャンプ道具を積んで家内と共にキャンプ場にとんぼ返り...
キャンプ場に戻って荷物を下ろしてリヤカーを返却。1時間¥300円なので時間内に返すことができました。
さあ設営するか!...あん?! 川沿いのサイトが撤収を始めたので、しばらく待ってサイトを変更。

  くるま旅750 川沿いの良いロケですね

設営できるかスペース的に微妙ですが、ギリギリいけそう?なので設営を試みます...
フリーサイトの楽しいところですね。ダメなら次ぎの場所を探すしかありません。

  くるま旅753  くるま旅754

  くるま旅754  ちょっと出入り口が厳しいけど
  
設営もほぼ完了。あとはのんびりと最終のセットアップ。
ここで設営終了のカンパ~い!のために1m横にあるキャンプ場内を流れる小川の温度チェック。冷たい!

  くるま旅751  くるま旅752

これなら大丈夫と思って早速ビールを釣り用のネットに入れて小川にドボン...
残りの作業は設営したテントを微調整して位置決めをします。出入り口のあるリビングスペースは、隣に設営スペースの無い草むら方向にしてプライバシー&気にしなくていい方向で設置。
難点は設置場所ギリギリのテントサイズなので、微妙に位置をずらして出入り口スペースを少しだけ確保。

  くるま旅755 ギリ、大丈夫です

ここぞと決めればペグダウン、一気に20本のペグを打ち込んで設営終了です。
ちょっと残念なのは、リビングスペースのフラップをポールで立てて開放感を得たかったのでが、
このスペースでは無理!でかいテントなので我慢です。

設営が終われば我が家の儀式はカンパ~い♪です。

  くるま旅756 ビールが冷た~い!

小川に浸けておいたビールを確認すると冷た~い!!! 30分ほど浸けただけでビールがギンギンに冷えて、冷蔵庫や氷で冷やすのとはかなり違います。これは良い!天然ビール用冷蔵庫Get!です。
さっそく冷え冷えのビールでカンパ~い! つまみは、この日のために買っておいたイベリコブタの燻製。

少し元気が戻ったところで河童橋にワインを買いに行きます。
この時間の河童橋周辺はドンと押し寄せた観光客で大賑わい。これじゃあ景色をのんびりと楽しむことはできませんね。

  くるま旅757  くるま旅758

景色が綺麗で道草をしながらの買出しで、売店でワイン&おつまみネタを買い、小腹が空いたので山賊焼き弁当とビールも買って景色が見える場所のベンチで弁当を食べることに...

    

   山賊弁当とビールと景色♪

こんな景色を見ながら最高のお昼ご飯を楽しみました。
サイトに戻ると一番暑くなり始める13:00ですが、林間サイトなので入る光は良い感じで心地良い涼しい風が吹いいてまったり過ごすには最適な環境です。家内は昼寝、私はビールを飲みながら半寝状態です。

   テント内から見える景色です

川でギンギンに冷えたビールを飲みながらまったり中。涼しい...
さあ風呂に行くか! 15:00迄に風呂に行くと¥100円引きの¥400円。安いのも魅力的ですが夕方が込み始めるので空いている時間に入る方がのんびり入浴できるんです。
風呂上りに管理棟で銀マット2枚、毛布3枚、鍋と笊をレンタルで借りてテントに戻って寝床をつくります。
銀マット、その上に毛布を2枚、持参したタオルケットを順に敷いて寝床は完成。上は持参した薄手の羽毛掛け布団、上に毛布を広げて完璧です。今宵はテント泊ですがキャンピングカー並みの快適で眠ります。

   今日は車ではなくテントです

観光客が帰って静かな上高地になりました。キャンプ場も夕暮れ時も良い感じ...

    

我が家も夕食をつくって楽しんでいます(^-^)

  くるま旅759  くるま旅760

今宵のメインは、トマトソースに渡り蟹の解し身を入れたパスタとソーセージ、キュウリの叩きの漬物。
食事を終えて19:00にラジオのニュースを聞くと世間は高知県の四万十で41℃だったとか...
上高地は夕方から寒くて長袖を着て過ごしていました。日暮れと同時に気温が下がり、寒さと疲れで20:00には寝たようです...

寒い!あまりの寒さで02:00に目覚めました。
下は問題ない。掛け布団2枚、毛布を二人で1枚で大丈夫と思っていましたが寒い!どうしようもないので掛けらるものを掛けて再び眠りにつきました。

8月13日(火)

05:30起床、寒い!
上高地の朝、焼岳も穂高も綺麗ですね(^-^)/

    
  
今日も良い天気!
大正池に行こうと思いましたが、天気が良ければ明神池&嘉門次小屋の岩魚の塩焼きが優先です。ということで明神池を目指して08:00に出発!のんびり散歩気分で歩きました。

  くるま旅763  くるま旅764

  くるま旅761  くるま旅762

こちら側ルートは林間がほとんどなので、日陰で適度な湿度のある気持ち良く歩ける道です。
写真を撮りながらのんびりと散歩気分...

      くるま旅765      くるま旅766

もうすぐ明神池、明神橋からの景色も良いですね...

  くるま旅767  くるま旅768

    くるま旅769

09:40、穂高神社奥宮に到着。

  くるま旅770 鳥居をくぐり

  くるま旅771 嘉門次小屋を通過

  くるま旅772  くるま旅773

穂高神社奥宮に到着。社の奥に明神池があります。

  くるま旅774  くるま旅775

  くるま旅776  くるま旅777

天気が悪いと明神池も美しく見えない。三度目にして美しい景色を見ました。
明神池の次は本当の目的の嘉門次小屋へ...

    くるま旅779

ここの岩魚の塩焼きが抜群に旨いんです!今まで食べた中で一番旨い塩焼きです(^-^)/
囲炉で時間をかけて焼くためか?燻製効果もあって頭から尻尾まで食べることができる絶妙な焼き加減です。

  くるま旅778  くるま旅780

  くるま旅781  くるま旅782

私はきのこ蕎麦と岩魚の塩焼き、家内は岩魚の塩焼き定食、美味しくいただきました。
食事の後は、これまたご自慢の林檎ジュース! これも旨いんです♪

  くるま旅783 極旨ジュースです

おやつ?を食べれば出発! 10:20、別ルートで河童橋まで戻ります。

  くるま旅784  くるま旅785

  くるま旅786  くるま旅787

  くるま旅788  くるま旅789

のんびり歩いて休憩して写真をとったり、時間をかけて河童橋に着いたのは12:00。
穂高を見ると...

  くるま旅790  くるま旅791

あらら、山頂に雲がかかってますね。山の天気は変わりやすい。
河童橋のお店でビールとわさびコロッケを買って帰ることに。これだけ歩いても汗をかかない適度な気温で心地良い。いったい何度なのかホテルの玄関に設置されている温度計を見ると24℃です。世間では陽が昇れば30℃を超えるというのに、ここは別世界。キャンプ場に戻ったのは12:30。
午後は、身体を休めることとキャンプ気分を楽しむためにテントでのんびり過ごします。
その前に河童橋のお店で買ったコロッケと鳥のスライスでカンパ~い♪

  くるま旅792 わさびコロッケはバカ旨!

食べ終わると家内は昼寝、私はビールを飲みながらまったりタイム... 

   涼しいテントから...

14:45、お風呂へ行きます。なんと規則正しい生活なんでしょう。風呂上りに管理棟に寄って夜に備えて毛布を1枚レンタルしてテントへ戻る途中、夕暮れの穂高を見ながら過ごす毎日...

    

陽が暮れると寒くなり3シーズン用の薄手のジャンバーを着て過ごす、なんて贅沢なことなんでしょう。
こんなことを思いながら夕食の準備、今日は温まるためにカレーです。

  くるま旅793 キャンプの定番!

食事を終えればまったりタイム。
ビールとつまみで涼しい?寒い夜を過して20:00には眠りに...

8月14日(水)

05:30起床、天気は晴れ。寒い! 今日も良い天気になりそうです。
キャンプ場に光りが差し込み始めました...

   清々しい朝です

さっそく川原まで行って今日の穂高と焼岳を見ると...

    

テントに戻ってコーヒーを飲みながらゆっくり過してから出発準備、今日は大正池まで散歩に行きます。
キャンプ場を06:30出発! 河童橋を見ながら通過...

   観光客がいない河童橋

バスターミナルへ行って食事処で朝食を食べます。

  くるま旅794  くるま旅795

あれ?同じ¥800円なのに、こちらの朝定食の方が良いですね。
早々に食べて07:50発のバスに乗って出発...

  くるま旅796  くるま旅797

大正池へは、08:04到着。さっそく大正池へ行くとパラパラと観光客とトレッキングの人がいます。

  くるま旅798 皆さん早い行動ですね

岸から写真を撮りますが角度的にイマイチで周囲の人が写りこむ、家内が「ボートから撮れば」...なるほど、準備中のボート乗り場に行くと借りることができたのでボートで大正池ウロウロしながら写真を撮りました。

  くるま旅799  くるま旅800

  くるま旅801  くるま旅802

08:40にボートを返却して遊歩道を歩き始め、遊歩道沿いから見える焼岳や穂高を見ながら河童橋を目指します。コースは大きく分けて梓川沿いを歩くのと林間を歩く2コース、我が家はもちろん梓川沿いを歩くコースでのんびり歩くことに...

   遊歩道から見た焼岳

   遊歩道から見た穂高

      くるま旅810 熊さんも散歩?

   遊歩道から見た穂高

中間地点の田代橋です。
この橋を渡って梓川の左岸を歩くことにします。このコースでは穂高を見ることはできません。穂高を見ながら梓川の右岸を歩きたい人は橋を渡らずに今まで歩いてきた道を真っ直ぐ歩いて下さい。

   田代橋から見た穂高

田代橋から河童橋までは1.2km。左岸を歩き始めるとホテルが数軒あり、立ち寄り湯もありますが汗をかくと無駄なので歩き続けます...

河童橋に到着したのは10:40。今日のゴールは五千尺ホテル内にあるレストランでの食事です。時間的に少し早いのですがホテルに行って11:00からの営業を待つことにして入店、フロントで予約をお願いすると何やら確認しているようで、どうにか席が確保できたとのことです。予約が沢山入っていたようなので行かれる方は先に予約するほうが確実。
11:00、営業開始と同時に席に案内されてレストランへ...
注文するのは数量限定の「」と人気の「ビーフシチュー」、家内と悩んだあげくそれぞれ1つずつ注文して二人で食べることにしました。

   美味しいです♪

地ビールと共に美味しくいただきました。

お腹が好い感じになったのでキャンプ場へ戻ると12:30。
お決まりの午後はテントでまったり過ごします。家内は昼寝、私はビールを飲みながらのんびりとキャンプを楽しみます。キャンプでしか味わえない贅沢な時間です。

   キャンプ場はノンビリ

あとは昼寝です。
14:45、これまたお決まりのお風呂へ行って汗を流します。
お風呂で汗を流せば日差しが強くても涼しい風で心地好い。せっかくなので売店に行って飲み尽くしてしまったビールを買ってテントへ戻ります。
ちょっと小腹が空いたので、ぜったいに食べるぞ!と思って持参した素麺を作ります。売店にも売ってますが持って行った方が安いので準備しました。
お出汁は缶入りの使い切り、いつもなら具材として金糸タマゴ・ハムの細切り・キュウリの細切りを作るのですが今日は無いので、小腹を満たすために通常量の素麺を作りました。氷はありませんがゴム手袋をしなければならないほど冷たい水なので、湯で上がればザルに入れて水道水に浸ければバッチリの冷え方です。

  くるま旅803  くるま旅804

出来上がった素麺を景色を見ながら食べる。これぞキャンプだ!と思いながらペロリと食べてしまいました。旨かったですよ。

今日が、いちおう最後の夜になるので穂高を目に焼きつけるために椅子とビールを持って梓川に行きます。
昼間ならこの道を多くの観光客が通るのでこんなことは出来ませんが、この時間なら観光客はいないのでキャンプ場の人だけができる最高の楽しみ方です。

      くるま旅805      くるま旅806

  くるま旅807  くるま旅808

ただ穂高を見るだけですが、刻々と代わる山の天気は穂高の景色も変え続けてくれるので、見飽きることもなく穂高を見て涼みながらのビールは最高♪

ついに陽が暮れてしまいました。
全てのフラップを閉めて冷気を入れずに夜を楽しみます。もちろんビール、あては平湯で買った鳥の手羽先を湯せんして温めたものを食べながら最後の夜を過します。

  くるま旅809 これもバカ旨!

流星群が見えるらしいので、どうしようかと思ったものの見え始めるのが00:00と聞いて諦めました。
キャンプ場に着てから早寝早起きが習慣になったので00:00まで起きるのは無理、こんな感じで20:00には眠りにつきました。

8月15日(木)

06:00起床、天気は晴れ。寒い!

  

いちおうチェックインの時には3泊4日で手続きをしましたが延長もできます。
休みはまだあるし、延長しても問題なし。あとは天気だけと思ってコーヒーを飲みながらラジオを聴いていると何やら不安な感じです。
空を見ると晴れですが昨日までの3日間とは異なり、薄っすらとガスのような水蒸気に近い雲のような筋が見えます。ラジオでは、午後から南アルプス、北アルプスなど大気が不安定になうようで、雷を伴う雨になることもあるとのことです。聞いた予報と空を見ながら撤収することにしました。

  くるま旅813  くるま旅814

管理棟でチェックアウトを告げ、リヤカーを借りて荷物を積み込んでからバスターミナルへ行きますが、途中で写真を撮りながらの道草ばかりでバスターミナルに到着したのは10:55。
家内と荷物を残してリヤカーを引いてキャンプ場へトンボ帰り、管理棟に返却すると45分経過。残り15分残しての返却です。保証金の¥1000円を返してもらってバスターミナルに戻りました。
ちょっと小腹が空いたのでテイクアウトの虹鱒とタコの唐揚げを家内が買ってきてからタクシーに乗り込んで出発。

車中で運転手さんと話しをすると今晩は諏訪湖の花火大会があるようで、休みも残っているので行くか?考えているうちに沢渡に到着。いちおう倒されているメーター表示料金は¥4600円ですが、¥4000円の固定料金なので少しお徳感のある料金設定です。こんなことを思っているうちに沢渡駐車場に12:30到着。
さてBoleroは無事か?無事でした。いちおう気休めに車中泊を装い、見えないようにハンドルロックをして置いていました。盗まれると困りますから。

    くるま旅811

一通り片付けて出発準備を終え、上高地で買ったから上げを食べながら足湯に使って小休止。
旨い!虹鱒のから揚げがバカ旨です♪

  くるま旅812 虹鱒のから揚げ

食べやすいように形を整えて揚げているので食べやすい。

さて諏訪湖の花火をどうするか?
ラジオで聞いた天気予報はイマイチ、空を見ると黒い雲が少し増えている様子なので止め!
簡単に決めてしまいます。中途半端な時間なので平湯でお風呂&昼食を食べてから帰ろうってことで沢渡を出発、駐車場の料金は4泊で¥2500円也でした。
安房トンネルを出て平湯に入るといよいよ天気が怪しい感じで、地元の人の話を聞くと夕方には夕立が来ると言っています。やはり好判断だ!
自己満足しながら平湯の日帰り温泉へ行って先に食事をしてからお風呂に浸かって疲れを落とします。
食事もお風呂も最高!スッキリしたところで平湯を14:50に出発、高山市街で給油してから自動車道に上がりましたが清見の合流地点から大渋滞。時間もそれなりの時間になったので渋滞の中を走るより車中泊しようってことでPAで涼しい車中泊。これで夏休みも終わりかなと思いながら車中泊でお出かけ最後の夜を楽しみます。
空を見ると持ち直しているようで諏訪湖に行けば良かったかな?と思いつつ車内で楽しく過ごして21:00に眠りにつきました。

8月16日(金)

05:00、起床。天気は晴れ。
どうやら早寝早起きが習慣になったようです。涼しいうちに帰ろうってことで朝ごはんを食べて早々に出発。混雑しらずで順調に走って帰宅したのは09:30。
家内は洗濯で大忙し、外は暑くて出る気もしない普段の生活に戻りました。
休み中に涼しい場所で慣れた身体がリハビリできるか心配に思いながら残りの休日を過ごしました。

スポンサーサイト

| くるま遊び日記 | 20:47 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

素敵な山での4日間でしたね
素晴らしい山の空気と景色が感じられ、読んでいるだけで
自分も上高地に行った気分になれました。

私ん所からは車で2時間ですので、秋の紅葉時にでも
鍋平高原にでも行ってみようかな、なんて考えました。

| オクラの花 | 2013/08/26 11:24 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

気持ち良くウダウダしながら過してきました。
涼しい環境に慣れた身体のリハビリに時間がかかって辛い毎日を送っています(^^;)
鍋平!良いですね。昨年は紅葉を期待して行ったのですが少し早くて残念でした。
今年こそは!と思っていますが、休日しだいでどうなるか?
休日なら絶対に行って今年こそ紅葉を見るぞ!と思っています(^^)/

| ボレロなおじさん | 2013/08/26 23:58 | URL |

お疲れ様でした、いい夏休暇になっておりますね、理想的で読んでいると満足してしまって..... 

暑さを機械的なもので避けるのでなく、自然で避ける く~ぅ~ 理想です。

ボレロ君が無事ってところがいつも笑顔になる言葉ですね。

いいですね~ほんとに

| かつ | 2013/08/27 12:23 | URL |

Re: タイトルなし

キャンプが手段ではなく、目的の私にとってはキャンプ歴28年の中で一番最高のキャンプ場です。
かつさんの言うとおりで、自然の涼しさは機械的なものとは比べられないほど違いますし、景色は写真で見るものとも違います。やはり行かないと!と改めて思ったキャンプでした。
ボレロ君、もし無かったら多くの荷物を持って途方に暮れますから(^^;)
なのでホッ!っとするんです。

| ボレロなおじさん | 2013/08/27 22:04 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cabcon.blog47.fc2.com/tb.php/1614-72144cce

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。