fc2ブログ

くるま旅@Boleroなキャンピングカー生活

キャンピングカーで行った”くるま旅”や”アウトドア”などキャンピングカーを活用する様々な遊びを紹介します。         by Boleroなおじさん

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

北海道1/3周 キャンピングカー旅行

2008年1月、先のカレンダーを見ても北海道にキャンピングカーで行けるほどの連休があるのは今年だけ、ということで今年のゴールデンウィークは北海道に行くことにして準備開始です。
毎年、7月や9月の連休で年に1回ペースで北海道へ行ってたので、未だ行ったことのない道北か道東のどちらかにすることにして、家内の行きたい旭山動物園を起点にして季節も踏まえて道北を絡めた北海道3分の1周旅行に決定。

待ちに待った北海道キャンピングカー旅行です。

4月28日
少し仕事で手こずって予定より遅れて20:30に帰宅。
家内が準備してくれていたので着替えて出発したのは21時、フェリー乗り場に23:30分に着かないと全てが終わってしまうので、名神~中国道~舞鶴道をいつもになく頑張って走ってフェリー乗り場には23時過ぎに到着、乗船手続きを終えて駐車場で待っていると私の周りは全く車が停まってなくて係りの人もいない、どんどん乗船している車を見ながら不安になってくる。

P1010005_20090829115151.jpg ※私だけ離れた駐車場で一人ぽっちで1時間

出航時間が近づいてきたので係りの人が居る所まで行って聞くと出航が遅れるそうで、待つように言われるが駐車場にポツンと私だけなので不安は解消されず、乗船する車も無くなってコンテナをけん引するトラックばかりが出入りしている、係りの人が近づいて来て乗船するように指示されて一安心。
私の車1台だけ乗船、フェリーの入り口に近づくと係りの人からバックで入るようにとのことで、入り口前の道路でキャンピングカーを方向転換してバックでフェリーに入って行き、指示に従って開いているスペースになんとかギリギリで停車する直ぐに凄い勢いでコンテナを積んだトラックがバックで入ってきて、私の車の前ギリギリでコンテナを置いて出て行った。係りの人から荷物を持って客室に行くように言われて車から離れようとした頃は扉が閉まり始めていて、受付カウンターで家内と合流した時には出航していました。

P1010033.jpg      P1010037.jpg

今回は豪勢にとスイートを予約していたので部屋に入って夕食を食べながらビールを飲んでダウン。

4月29日
翌朝、7時に起床
食事もセットとのことで朝食・昼食・夕食とも指定のレストランで食べました。
船の中とは思えない立派なレストランで美味しいコース料理を食べて大満足、ただ船の中で退屈していることとお腹が減らないので、立派な料理ですが夕食の頃になると、もう食事なの?という感じでもったいない感じでした。

P1010013.jpg      P1010014.jpg

船内をウロウロしても直ぐに飽きて、部屋でテレビを見ながらたまにナビの映像を見て、まだ佐渡沖、まだ北陸沖...

P1010038.jpg ※部屋のプライベートデッキで外を見るばかり

こんな感じで少々退屈、夕食を終えて部屋に戻り外を見ると何やらボンヤリと陸地が見え始めナビの映像で確認すると、北海道にさしかかっていることが分かって少し元気を回復。

P1010042.jpg      P1010049.jpg

荷物の片付けと整理をしながらドンドン近づいている北海道を見ながら過ごし、小樽の街の灯が見え始めた頃に受付カウンターのあるエントランスへ行き、デッキから小樽を見ながら接岸まで見届けてから案内に従って甲板に下りてキャンピングカーに乗ってスタンバイ。

P1010052.jpg ※小樽の灯り

フェリーの扉が下りて、真っ先に私の前に置かれているコンテナが引っ張り出されると次は私のキャンピングカーが出発、21:00、ついに北海道上陸です。

フェリーターミナルから出てコンビニに直行、ビールや飲み物と夜食を買い込んで一気に目的地の旭川を目指し、途中、トイレ休憩で外に出ると寒い!北海道を感じながら道の駅あさひ川に着いたのは00:30、キャンピングカーが数台停まっていて北海道!と思いながらくつろいで就寝。

5月1日

8時起床、他の車やキャンピングカーは既に出動、旭山動物園を目指して8時30分出発。
家内が決めていた旭山動物園に直行して09:20着、駐車場はかなり車が停まっていて混雑を心配しましたが場内に入ると人はまばらで余裕で見て周ることができました。

P1010067.jpg      P1010068.jpg


P1010054.jpg      P1010056.jpg

P1010080.jpg      P1010062.jpg

P1010060.jpg      P1010097.jpg

遅めの朝食を軽くとってお土産を買う頃になると人が増え始めてテレビで見たような混雑ぶり、駐車場に戻る頃には団体さんも増えて各館では待ち行列ができるほどで、早めに動いて正解と思いながら旭山動物園をあとにして旭川ラーメンを食べるために移動、ラーメンを美味しくいただいてから夕食の食材を調達するために大型スーパーへ、店内を物色しているとジンギスカンがあり北海道といえばジンギスカン!ということでジンギスカンとジンギスカン用の鉄板を買って、宿泊地の東かぐら森林公園オートキャンプ場に15:30到着。

管理棟で手続きを行い、係りの人の案内で200mほど離れたキャンプ場入り口に移動して、入場設備の機械を動かしていただいて入場、というのは宿泊は我が家だけで、好みのサイトを選ぶと係りの方がサイトに一番近いトイレ施設のシャッターを開けて電源を入れて下さいました。
北海道、初キャンプ!空気も美味しく景色も最高、のんびりとキャンプの設営をして17:30から夕食、景色を見ながらジンギスカンをメインとした食事です、景色もよくて心地よい気温だったのでゆっくりと食事をしながら北海道のキャンプを楽しみましたがジンギスカンが失敗、ジンギスカンのタレと間違えて焼肉のタレを買ったので何かが違う?って感じのジンギスカンでした。

P1010117.jpg      P1010126.jpg

食事後はキャンプ場の向かいにある温泉施設で入浴してキャンピングカーで二次会をして22:30には就寝。


5月2日

06:00起床、前日早く寝たこともあって早起きです。

P1010128.jpg      P1010133.jpg

外で心地よくボ~っと過ごし08:00から食事、10:00にキャンプ場をチェックアウトして出発。
以前、知床やサロマ湖など旅行した時にレンタカーで走った道なので不安もなく海を目指す、途中道の駅いらたきでざる蕎麦を食べてから道をそれて日帰り温泉に立ち寄って入浴。
14:00、あとは宿泊予定の道の駅マリーンアイランド岡島に行くだけなので海岸線に沿ってゆっくりと北上、道の駅オホーツク紋別で小休止。

P1010139.jpg      P1010144.jpg

紋別少し曇ってましたがオホーツクの海は最高です、海を見ながらの快適なドライブで枝幸を目指す、夕日が綺麗に見えるマリーンアイランド岡島だそうですが、あいにくの天気で残念に思いながら17:30に到着。
今日も私たちだけで独占状態です、道の駅は営業時間を終えたのか?お店は真っ暗で閉ざされていて、期待していた施設外の直売所もシャッターが下りていて期待していあた美味しい海産物は食べられません、キャンプ場や散歩ができる公園も併設していて海も近くて最高のロケだと思いますが、季節がらか?風も強くて寒く人も居なくて閑散として少し残念に思いながらキャンピングカーで過ごすことにしました。

P1010149.jpg ※広い駐車場に我が家だけ

P1010148.jpg ※夕焼けを見ることができて最高!

もしもと思って途中コンビニで買った弁当とお土産で買った缶詰などを食べながらビールを飲んで夕食を終え、TVも映りが悪いので21:30には就寝。

5月3日

サブバッテリーの電圧低下のアラームが鳴って起こされ、車のエンジンをかけると家内も起きてきて一緒にトイレに行くと寒い、あまりの寒さで完全に目が覚めたので05:30に早めの移動を始める。
途中、何台かキャンピングカーとすれ違うい、キャンピングカーの人って早く動くのかな?など話しながら千畳敷に06:30着、日の出直後の海の風景を見ながらゆっくりと散歩。

P1010152.jpg      P1010157.jpg

08:00、クッチャロ湖着。

P1010202.jpg      P1010201.jpg

クッチャロ湖を出発して海岸線沿いを走行、この頃から雨が今にも降り出しそうな曇り空で風も強くなり始めていますが、広い道と真っ直ぐな道なのでストレスは感じずに快適ドライブ。

P1010188.jpg ※信号もなく真っ直ぐなので快適走行できます

08:20、道の駅さるふつ公園

景色が良さそうなので立ち寄りましたが風が強く寒いので冬用のジャンパーを着て展望台まで行きましたが、あまりにも寒くてトイレをお借りして早々に出発です。

P1010207.jpg      P1010211.jpg

08:50、宗谷岬着
最果ての地です、ここに来たくて北海道キャンピングカー旅を考えたようなもので感動です。
あいにくの天気で寒かったのですが散歩しながら見て回りました。
...?駐車場で旭川の道の駅で見たキャンピングカーを発見、しばらくすると私達が来た道の方向へ走っていったので私たちとは逆周りをしているようです。

P1010223.jpg      P1010249.jpg

P1010260.jpg      P1010258.jpg

宗谷岬で少しゆっくりしてから、立ち寄り温泉と食事、お土産を買うために稚内副港を目指して出発です、ここからは南下だと思うと北海道ながらも少し違う気持ちになってしまいます。
右に海を見ながらのドライブを続け稚内副港に10:00到着、お腹がペコペコなので館内にある食事処に行くと11:00開店なので我慢、館内と場内のお土産屋さんを回り、家内がガラスの感じの良いグラスを2セットを買い、会社用のお土産や夕食用の海産物などを買い終わると11:00前、荷物をキャンピングカーに積んで和食の食事処に直行して朝食兼昼食の海鮮どんぶりを食べて満足。
食後に、館内にある稚内副港市場 天然温泉 港のゆで入浴、露天風呂が大きくてゆっくりと入浴してから13:30に出発して、稚内の街で不足気味の食べ物や酒類などを調達しながら宿泊する道立宗谷オートキャンプ場へ15:00到着。
手続きを終えてキャンプ場内に入ると今日も我が家だけで、少し寂しい感じもしながら設営を始める。

P1010267.jpg ※オーニングタープが風を張らんで心配

風が強くて気になって周りの木々を見ると低くて海の方向に斜めになっているので、山から海へ向かって吹く風が通年通して強いのかな?と思ってサイドオーニングとオーニングタープをいつもよりロープを多く使って設営、キャンピングカーを風上に置いて配置を逆にしようかとも思いましたが風向きが変われば同じと思って再設営しなかったので裏目に。
設営を終えて海鮮BBQを始めましたが、風が強くて寒いので1時間くらいで食べ終えて18:30にはキャンピングカーの中に入り、DVDを見ながらでゆっくりと過ごして21:00就寝。

5月4日

バタバタという大きな音と大粒の雨がシェルに当る音で目覚め、時計を見ると04:00。
窓から覗くと強風でオーニングタープのロープが外れて倒壊寸前、外に出ると経験したことのない奇妙な天気で少し唖然、天気は悪いが04:00なのに空は明るく、雨も大きな粒が数えられるほどの降り方で、風は強くて断続的に突風に近い風が吹くが寒さは感じない?
オーニングタープはロープが外れ風で大きく煽られて倒壊寸前、サイドオーニングも大きく揺れて軋む音がして危険、テーブルの上に置いていた小物は吹き飛んで落ちていてじか置きしていたランタンも倒れている状況で、設営をやり直すより撤収のほうが安全なので撤収開始、最後にシングルバーナーを袋に入れようとした時に突風が吹いて袋が飛ばされ20m先の木に引っかかった、取りに行くのですがもう少しのところで突風が吹いて袋が飛ばされ更に先に木に引っかかる、この繰り返しを数回繰り返したところで猛ダッシュで捕まえる?...
振り返るとキャンピングカーが小さく見え数百メートルも走ったことが分かり、疲れてキャンピングカーまで戻りました。どうしようもないので05:30にチェックアウト。

稚内の稚内港北防波堤ドームを見るために北上して06:30に到着、あまりにも巨大な防波堤を見て感動ものです、しばらく記念撮影をしてゆっくりと見てました。

20080503(5月最北の地) ※当写真がJRVA 第一回「くるま旅フォトコンテスト」入賞

P1010280.jpg ※巨大防波堤、キャンピングカーが小さい

稚内港北防波堤ドームを後にして宿泊地の夕陽ヶ丘オートキャンプ場を目指して出発。
途中、日焼けで真っ黒ですがTVで見たことがあるような人を先頭に数人が歩いていて手を振ってくれました、誰???家内が思いだして議員の河村たかしさんでした。
天気は風雨で、海は黒く荒く、黒い厚い雲が低く垂れ込み演歌が聞こえてきそうで好い感じの景色を見ながら南下。

P1010288.jpg      P1010297.jpg

12:00、トイレ休憩&お土産を物色するために道の駅富士見に立ち寄ると大きな蛸、それも足と頭が分けて売っていたのですが大きいことと、食べ方が分からないので考えていると地元風の方々がどんどん買っていかれます、とにかく大きいので買うのは断念して出発。

P1010316.jpg      P1010317.jpg

快適にドライブを続け、朝食兼昼食を食べるために決めていた道の駅ほっと・はぼろに14:30に到着、併設の施設(ホテル)に入りって、エビ・タコ餃子定食を注文して美味しくいただいて食べて出発。
この頃になると曇りに変わりはないのですが少し空が明るくなってきて天気も回復の兆し...

道の駅風Wとままえに15:00に到着、道の駅というよりホテルに併設されている道の駅という感じで、その道の駅に併設されている夕陽ヶ丘オートキャンプ場に入場して好みのサイトを探す。
さるふつから風が強いのは変わらずでキャンプ場も風が強い、昨日の教訓を生かして海から吹きつける風なのでキャンピングカーを風上に止められるサイトに決定、今日がキャンプ泊の最後の日なのでキャンプ道具は出さずに椅子だけ出してくつろぐことにして、食事と入浴は隣接するホテルを利用することにしました。
キャンプサイトを散歩して海の景色を見たり椅子に座って外で過ごしました、一つ向こうのサイトはトレーラーで通路を隔てて左前がバンコンが1台、北海道のキャンプ場にきて始めてのにぎやか?さで嬉しくなります。
方向的に見えるのでトレーラーを見ていると、興味を持っていたFIAMMAのサイドオーニングに取付けるセパレートタイプのプライバシールームを使っていて、その中でBBQを楽しんでおられましたが風を受けて変形し始めていて心配している時に、外れてしまってバタバタ音をたて始め倒壊を避けるために3面全てを外されました、実は同じものが欲しくて買うことを考えていたのですが、風を考えれば別のタイプの方がよさそうな気もして今も考え続けてます。

P1010329.jpg      P1010324.jpg

18:00、お腹も空き始めたので隣接するホテルの中にある温泉に入って、館内にあるレストランに入って造り定食を食べ、20:00にはキャンピングカーに戻って21:00就寝。

5月5日

07:00起床、北海道ではいつもと違って早寝、早起きの規則正しい生活を送っています。

P1010337.jpg      P1010341.jpg

07:00起床、最終日なので早々に撤収して散歩してから08:30にチェックアウトして小樽を目指して南下、途中、朝食をとるために道の駅おびら鰊番屋に立ち寄りニシンそばを食べてお土産を物色。

P1010344.jpg      P1010347.jpg

10:00に出発して途中、留萌の黄金岬に立ち寄って貝焼きを食べて海を見ると蛸取りの人達が沢山おられました。

P100003.jpg ※黄金岬らしくない所の写真を撮りました

黄金岬を出発して小樽へ直行、以外と早く13:00小樽へ到着。
フェリーターミナルへは22:00に到着したらいいので、カムイ岬へ行くことにして途中の道の駅スペース・アップルよいち立寄り最後のお土産を買い、美味しいソーセージを食べて14:00出発、15:30にカムイ岬に着いて徒歩で岬の先端まで行きましたが厳しい道のりでしたが景色は最高!

P1010080_20090829180410.jpg      P1010076.jpg

P1010024.jpg      P1010068_20090829180410.jpg

岬からの帰路は疲れてグッタリしながらも時間を気にして歩いて駐車場まで戻ってくると17:00。
19:00、小樽に戻り夕食を考えている時、小樽に入る前の峠でジンギスカンののぼりが国道沿いに立っていたことを思いだして、本当?のジンギスカンを食べようってことになって銭函の峠にあるお店に直行して19:30着。
駐車場に停めると眼下に銭函の夜景が見えて綺麗な場所で、お店に入ってジンギスカンを注文。直ぐに出てきて焼き始めて??、タレではなく醤油につけて食べるようで不思議に思いながら食べると美味しい、家内もジンギスカンはあまり好きではないようでしたが、美味しいと言いながら最後まで食べきりました。
北海道最後の食事で初日に失敗したこともあって本当のジンギスカンを食べて大満足です、20:30にお店を出て小樽に向かう途中で家内が北一ガラスに寄りたいということで、キャンピングカーをコンビニに泊めて私がフェリーで飲むビールとつまみを買う間に行ってもらいました、コンビニにはご当地もののビールとつまみがあったので土産も兼ねて大量に買い込んでキャンピングカーに積んでいると家内も帰ってきました。

小樽のフェリーターミナルに21:30着、乗船の手続きをして駐車場で待っていると旭川、宗谷岬で見たキャンピングカーも着ていました、22:30から乗船開始で定刻の23:30に小樽港を出向し、スイートの部屋の専用デッキから小樽の街の灯が見えなくなるまで眺めて、家内と乾杯してご当地ビールを飲みながら北海道旅行の話しをしながら楽しく過ごしました。

5月6日

8時起床
往路と同じでレストランに行って朝食をとって部屋に戻る、非常に良いレストランで料理も美味しいのですが、さすがに飽きてしまって昼食、夕食を食べる頃には????って感じで食べました。

21:30、敦賀港に到着して22:00に出発して23:30に無事に自宅到着。



┏┓北海道くるま旅の感想
┗╋…………………………………………………………………………………………………

<<移動距離>>
ついつい関西圏の距離と実態時間で計画してしまったが、北海道は広くて真っ直ぐに近い道が多く都市部を外れると信号が激減するので今回の一日当りの1.5倍走っても無理のない計画になると思います。ゆっくりと過ごすなら今回の計画程度が妥当と思います。

<<道の駅>>
今回のくるま旅に限らず旅行で行った時の道の駅でも、北海道の道の駅は平均的に駐車場が広く、道の駅の施設も充実していてキャンプ場や日帰り温泉も隣接しているので便利でロケ的にも景色の良い所が多くあるので、キャンピングカーの電源に余裕がある車なら道の駅に車中泊する方が融通のきく旅ができると思います。
私はサブバッテリーのキャパがなかったために電源のあるキャンプ場を利用しながらの旅になりましたが、キャンプ場を主体に計画することになったので必然的に一日で移動する所が決まってしまうので、全体でみると時間的にバランスの悪い日程になりました。

スポンサーサイト



| くるま遊び日記 | 15:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cabcon.blog47.fc2.com/tb.php/152-7ca11ddc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT