FC2ブログ

くるま旅@Boleroなキャンピングカー生活

キャンピングカーで行った”くるま旅”や”アウトドア”などキャンピングカーを活用する様々な遊びを紹介します。         by Boleroなおじさん

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

書店の観光ガイド本が激減・車中泊雑誌が消えた!書店Now...

昨日、仕事の帰りにいつも行く立寄った書店で気ずいた異変!
車やアウトドア雑誌もついでに見ようと思って車雑誌コーナーに行くと....?
あらら?少し気になっていた車中泊雑誌が無い!ついに廃版か取引が無くなったのか?
気になったので以前数多く並んでいた観光ガイド本などのコーナーに行くと更にビックリ!
¥1000円高速時代は1棚(2mX1.7m)を日帰りできるドライブ・観光ガイド・日帰り温泉・SA/PAガイド・車中泊雑誌など所狭しと並び、表紙が見える棚やテーブルにも数多く並んでいました。
ところがというか必然的に¥1000円高速終了後から少しずつ減り始めました。この頃からあまり縁がないのでこのコーナーに立ち寄ることもなく、今日1年ぶりにコーナーを見てビックリです!
まず、1棚占有していた棚から移動され、表紙が見える棚に他の雑誌と一緒になって並んでいます。その下の小さな棚(60cmX1m)の半分に収まっているだけでした。
見ると観光ガイド本だけで、日帰り・・・や・・・ガイドは全く無く、ついでに車中泊雑誌まで消えていました。う~ん?何故???
たぶん?! ¥1000円高速が終わったために長距離走って出かけていた人が激減したために、高速を利用して行くようなガイド本が無くなったのは確実で、波及して観光に行ける範囲も限られてきたことから各地のガイド本も昔ながらの、一都道府県1冊になったために減ったと思われる。
当然のことながら車中泊雑誌も少なからずも影響を受けたに違いないと思っています。

◆ 観光ガイド本について
これは¥1000円高速終了の打撃を確実に受けていると思います。
高速¥1000円時代はガイド本もピンポイントで紹介するガイド本も含めて多くあったものが、今では各都道府県1冊で人気の観光地だけピンポイント版がある感じなので本の数としては激減です。

  その他478 以前は数多くあったピンポイントガイド

  その他479 今では都道府県1冊

  その他483 ドライブガイドも遠方は消えて近隣のドライブガイドのみ

ただ、全てが100%相関関係があるのかと考えれば全てでは無いと思う。
他の変化としてスマホやタブレットが急速に普及したことで、今やガイド本(本)の必要性が無い時代になっていることが大きな要因だと思っています。
私も一昨年の11月にスマートフォンに代え昨年4月にタブレットを購入以降は、ガイド本の必要性に疑問を持ち今では観光ガイド本以上の情報を提供してくれるアプリを活用して旅行しています。何故かと言うと、ガイド本の最大の欠点は買った瞬間から情報が古くなっていることです。例えば紹介されていたお店が潰れたり、施設が閉鎖されていたりでガイド本に頼ると旅行の日程が狂うなど困りものです。
その点、アプリだとインターネット情報なのでリアルタイムとは言えないがガイド本と比べると情報の鮮度は断然良い。こんな理由もあってガイド本も厳しい状況になっているかも。と思います。

◆ 車中泊雑誌について
車中泊については純粋に趣味や移動手段として参考になるものなので100%相関関係があるとは思えない。こう考えると、私が行く書店に訪れる人が車中泊に興味が無い人たちばかりで雑誌が売れないから仕入れない、こんな理由で消えたのではないかと思っています。

  その他473 以前ポイ!してから買ってしまった..上の雑誌は優良

◆ SA/PA・道の駅・日帰り温泉雑誌について
これについても¥1000円高速と車中泊の相関関係があると思います。
高速を使って遠くに行く、途中でSA/PAを活用する、高速から降りると道の駅で車中泊をする、日帰り温泉に行く。なので、高速を頻繁に利用しなくなる、遠出を控えるようになれば情報も減るので必要ない雑誌は買わない。
追い討ちをかけるようにスマホやタブレットのアプリが充実してきたのも大きな要因だと思います。

  その他474 書店から消える

  その他482 このような各地域版は消えて広域版しかありません

SA/PAについては別の雑誌の付録に付いています。

      その他481 付録ですが充分ですね

◆ キャンピングカー雑誌について
確実に増加して嬉しいかぎりです。
以前はオートキャンパーだけでしたが、最近ではバンコン・軽キャンパーなどの雑誌も数種類並ぶようになったので楽しみに書店に行くようになりました。これも明らかに時期や環境変化によるキャンピングカーを求める人が増えている結果だと思います。
一つは2008年の爆発的にキャンピングカーが売れ出した頃から今の時期には理由があり、団塊の世代が会社を卒業された時期と一致しており、雇用延長された人が卒業されるのがまさに今なんです。卒業後は一生懸命に働いてホッ!っとして、長年支えてくれた奥様と二人旅を楽しむツールとしてキャンピングカーを求める。
もう一つは若い人が¥1000円高速などで車中泊を経験された人がステップアップでキャンピングカーを求めているといると思います。

なにはともあれ、キャンピングカー雑誌が増えるのは良いことです。
特にオートキャンパーは良いですね。

  その他475 道の駅ガイド。今年から編集が変わって更に便利

  その他476 日帰り温泉ガイド。これも良い

  その他477 使える付録ばかりで楽しみにしています

こんな感じで書店から消えた道の駅ガイドもこの雑誌を買えば付録で付いてるし、日帰り温泉やその他の情報をまとめた付録は使えるものばかりで他の雑誌要らずです。

◆ キャンプ・アウトドア・釣り・料理雑誌について
確実に増えて種類も豊富です。長引いた不況と相関関係がある傾向だと思っています。
これは”巣篭もり”と言われた家食現象や、キャンプや釣りに行くことで簡単に分かりました。長引いた不況、行き先不透明な世の中で確実に家族で楽しむことが増えたことによる現象と思っています。
かつてバブル崩壊後に流行ったのは、お金がかからず家族で一緒に楽しむことができるファミリーフィッシングとオートキャンプでした。最近、釣りやキャンプで感じるのは年齢的にバブル崩壊後の釣りやキャンプを経験したお子様の年代で、今では家族を持って過去やったことがある釣りやキャンプを初めて今やブーム的になっている。
リーマンショック以前と後を比べると明らかに、釣り場やキャンプ場で見る人は増加の一途を辿り今では釣り場を確保、キャンプ場を予約するのが大変な所もあります。

@ お勧めのガイド本
家内が見つけた「ガイドのとら」という観光ガイドが凄いんです。掲載エリアがピンポイントで情報が多く濃い内容でとにかく使える雑誌です。

  その他480 とにかく情報量が多くて紹介記事も細かくて便利

全国的に販売しているかどうか分かりませんが近くの書店に無いので旅先のコンビニで購入。
スポンサーサイト



| 車中泊関連日記 | 11:16 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは、GRです。
そうですね、今は本屋さんそのものが無くなってしまう時代でもありますし、店主さんもニーズに合わせて取捨選択をしているのでしょうね。
かく言う自分もAmazonでの通販がほとんどです。本当は見て買いたいという気持ちはあるのですが。多くは送料無料(交通費ゼロ)で翌日には届けられる&買った履歴が残るので二度買いが防げる!というメリットもありますし。似た現象としてCD屋さん、レコードショップもそうかもしれませんねぇ。

| GR | 2013/04/06 21:59 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

GRさん、こんばんは。

私も同じです。一応本屋さんへは行きますけど無い時とか急ぐ時はAmazonで買っています。早いですもんね。
同じくCD屋さんもレコードショップもそうです。スマートフォンやタブレットがあればことが足りますから。
今はキンドルも考えていますが箱物ばかり増えても困るのでタブレットアプリの充実を待っています。
と言いながら、アナログな本やレコードも良い。いろいろ悩む年頃のおじさんです。

いつも訪問ありがとうございます。

| ボレロなおじさん | 2013/04/06 22:47 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cabcon.blog47.fc2.com/tb.php/1426-a5fbc50b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT