fc2ブログ

くるま旅@Boleroなキャンピングカー生活

キャンピングカーで行った”くるま旅”や”アウトドア”などキャンピングカーを活用する様々な遊びを紹介します。         by Boleroなおじさん

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

全治3ヶ月の私にとって通勤は毎日サバイバル!

通勤はサバイバルだ~!
松橋杖をついての通勤は身を守るためのサバイバル...
こうなってみないと分からないので、こうなった私から何が恐いか紹介します。

※ 以下、女性について書いた箇所もありますが、あくまで私が体験したことであって、全ての女性
  がということではありません。

意外と大変な自宅生活、
病院で松葉杖をついて歩く生活をして慣れていたつもりでしたが、自宅に帰ると全てがコンパクトで杖が使いにくい。いつもは気にならない低い段差に引っ掛かったり、狭くて杖をつけなかったり、なにかと大変でできるだけ動かない生活でした。

雨が降るとどうする?、
松葉杖二本を使っての歩行。雨が降りだしてきてどうする?どうすることも出来ないのでタクシーに乗るしかない。なぜか雨が多い今年の冬、何度もタクシーに乗り高くつきました。

通勤電車の恐怖、
退院する前に先生に電車で通勤することを伝えると、「私鉄ですか?JRですか?」と聞かれたので『JRです』すると「通勤時間帯ですか?」『そうです!』「あまりお勧めできませんけど・・」......?、「それでも行きますか?」『はい!』こんな会話がありました。
電車は比較的人が少ない時間の電車を探し、その時間の電車で通勤を始めましたが...

進路を阻む女性達、
これは右足が悪くなる前から気づいていましたが何故か急に進路変更したり壁をつくって立ちはだかる。年令的には特定できず傾向はない。
横を歩いていたのに、急に私の前を遮って斜めに歩く。
前方から外れているのに急に後退りして右から私の前に立ちはだかる。
お喋りしてる人達は凄く恐い、お喋りに夢中でどの方向に急に動くか予測不可能。
複数で横一列になって喋っている人達は最強!話しに夢中で前を見てない。
こっちが避けなければぶつかってしまう。
こういう人達を交わしながら、やっと電車に乗ろうとした時...

電車に乗るのも大変、
松葉杖をついているので少し幅をとる。電車が到着して乗ろうとすると入り口の左右に仁王立ちの人が必ずいる。

    その他451 まさにJRのポスターのとおり(^^)

スマホや新聞に夢中で動かない。困ったもんだ!
身を捻りながら乗り込んでも辛い...

電車内では周辺に余裕のスペースを確保、しても、
私の悪い右足周囲に50cmの空間を確保、右足前方はお若い女性の後ろ姿、スマホに夢中なので要注意!
通勤時間は皆さん自分のことで精一杯で、新聞な本を読む人、スマホに夢中の人など何もしてない人はいません。なので私が松葉杖をついていても気づく人はあまりいません。
なので近付いて来る人、隙間に強引に入って来る人を避ける苦労の連続です。それでも隙間を確保して頑張っている時にグラッと揺れて踏ん張っているとお若い女性は踏ん張りきれず足が私の右足の上。
スマホに夢中で踏んだことすら気づいてない。恐るべし。痛い!

駅のエレベーターの怪?、
足が悪くなって初めて利用した駅のエレベーター。普段の状態を知らないので使って初めて分かったのは利用者は健康な人ばかりで女性多し。大きな荷物を持っているわけではなく普通の人達ばかりで行列ができている。
こんな感じなので乗れるまで何回か待たなければならない。ある日、身障者の方が居られましたが押し退けて我先に乗る健常者。なんだかな~?と思ってしまう。

酔っ払いおじさんの行動は予測不可能、
やっとの思いで帰ってきた最寄り駅。時間的に遅かったので改札手前でおじさん四人が円になって立ち話中。
一目で分かる酔っ払いなので1mほど距離をとって松葉杖で右足を守ように通過しようとした時、おじさんがふらついて右足を踏まれてしまった。
おじさん自分が何したのか分からないのか?何も言わずに円陣に戻ってお喋りに入って行きました?訳わからん...

怖いのは通勤ばかりではない!
襲いかかる松葉杖の恐怖...

病院の部屋でも怖い、
絶対に安全なはずの病院の部屋も松葉杖の挙動不審な動きは想定できない。部屋に戻ってベッドに座り、なにげに立て掛けた松葉杖。ご飯を食べるために車椅子に座り壁に立て掛けた松葉杖。部屋の前にあるソファーに座り、なにげに立て掛けた松葉杖。1階のソファーに座りなにげに立て掛けた松葉杖。寝る前に少し離れた壁に立て掛けた松葉杖。
この松葉杖が何故?か倒れて右足を直撃。左足に当たれよ!と松葉杖に言っても聞いてくれない。

自宅は更に最悪、
動かない時はリビンクの椅子に座って過ごしていました。
当然松葉杖は倒れてもいいように、左側のラックに立て掛けています。このラックは四隅が出っ張っているので倒れても私の方向には絶対に倒れない!...と思いきや、何故か起用に倒れ、おまけに倒れる途中で方向を変えて、テーブルの天板をかわして右足を狙って直撃する。
こんなことがベランダやベッドでも起こる。

何処でも襲い来る松葉杖の怪?

駅の待ち合い室で、
他の方のお邪魔にならないように、隅の席に座り松葉杖を隣の席との間に立てかけていました。
しばらくしてお女性さんが来て、隣の席に大きな荷物を席にドン!と置いた時、荷物が少しずれて松葉杖に当たり、松葉杖が椅子に何度か当たりながら微妙に方向を変えて何故か?右足を直撃

病院帰りのバスで、
足が悪いのでステップを上がって直ぐの横に座る席に座る。小さなバスなので松葉杖が邪魔にならないように先端を右足で踏んで固定し、脇の下にあてるデカイ方をステップ寄りの鉄のポールに宛がって乗ってくる人の邪魔にならないようにして出発を待つばかり。その直後にお婆さんが乗ってきてふらついて鉄の手すりと間違えて松葉杖を掴んだ。テコの原理で松葉杖の先端を踏んでいた右足に強い衝撃が。

こんなことばかりじゃない。良いこともあった♪

病院帰りのバスは、
病院から乗るバスは、A駅からB駅の間にある三つの病院を通る路線バス。通院やお見舞いで使う人や普段の生活で使う人が多いバスですが、ある時間帯は通院する患者ばかり。この時、優先座席の譲り合いが起こる。年齢なのか?見た目の悪さ加減なのか?とにかく譲り合いが続く。

松葉杖がとれて早1週間、これはこれで怖い!
松葉杖をついている時の私が変なおじさんと認識する周囲の人は20%、松葉杖を外せば右がスニーカーで左が革靴で右足を引きずる変なおじさんに周囲が気づくのは0%になる...

毎日がサバイバルで新鮮な日々を過しています。(^^)v

スポンサーサイト



| なんでも日記 | 22:34 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

お気の毒に・・・

お久しぶりです、GRです。

一時的とはいえ、失ってみて初めて分かる健康のありがたみであったりしますね。
どうぞお大事になさってください!

| GR | 2013/03/21 00:12 | URL | ≫ EDIT

Re: お気の毒に・・・

GRさん、お久しぶりです。

ほんと、そうでした。
元気な時には気づかないだけで、なにかと器用に動いて
いてくれたと思います。今は足に感謝!感謝です。

リハビリ通勤も順調、次は車とキャンピングかーって感
じで昨日やってました(^^)v
リハビリ中にアクセルやブレーキを踏むような運動があ
り、気合い入れて動かしていたおかげで問題なく乗れま
したよ。

近々、キャンピングカーで出かけることを企んでいると
ころです(^-^)/

コメントありがとうございます。

| ボレロなおじさん | 2013/03/21 08:15 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cabcon.blog47.fc2.com/tb.php/1395-e0fd324e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT