くるま旅@Boleroなキャンピングカー生活

キャンピングカーで行った”くるま旅”や”アウトドア”などキャンピングカーを活用する様々な遊びを紹介します。         by Boleroなおじさん

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

九州半周ショートカットのくるま旅 ~ 5泊4日 ~

~はじめに~

フェリー予約の関係で2月から着々と計画を練ってました。

ゴールデンウィークの日数から遠い所に行くことを考え始めました。
北海道は厳しいので九州に決定、家内の関係で大分県の別府から長崎県のハウステンボスまでの横のラインの観光地と、熊本県の阿蘇山までは何度か行っているので佐賀県から長崎県の西側と、熊本県の南側から宮崎県の東側を抜ける工程を考えて、回り方はフェリーの予約状況をみて決めることになり行きは新門司港から九州へ入り、帰りは宮崎から大阪へコースで決定。
宿泊するキャンプ場を探しても熊本に集中していたり時期的にオープン前だったりでキャンプ場の利用は厳しそうなので、道の駅を利用する旅行の計画を立てました。

~ 九州半周ショートカットのくるま旅 ~

5月1日(金):自宅~大阪南港~名門大洋フェリー~新門司港へ

事を午前中に終えて急いで帰宅、家内は先に帰っていて14:00過ぎに出発、大阪南港のフェリーターミナルなので余裕と思っていたのですが16:00に到着、出航まで1時間しかないので急いで手続きを終えて乗船して定刻の17:00出航。

スイートルームに荷物を置いてレストランへ行って昼食兼夕食をとりました。外に出て船から見える神戸の街などを見ていると直ぐに明石大橋が見え初め、通り過ぎるまで記念撮影。

部屋に戻ってテレビを見ながらビールを飲んでいたのですが疲れてて早めに眠ってしまったようです。

5月2日(土):新門司港~呼子~長崎へ

艦内放送の音で目が覚めて05:00時に起床。

DSCN0702.jpg ※新門司港に到着

フェリーは定刻どおりに門司港に到着、キャンピングカーに乗り込んで下船を待ち着岸後30分くらいで下船が始まり、フェリーターミナルから九州自動車道に入り福岡に向かうが福岡に近づくにつれて車が増え始める、早い時間に混んでるのは始めてで家内と喋っていると博多どんたくの日でありゴールデンウィークも本番、加えて高速料金¥1000円ということなのかな?ということで車を見れば他府県ナンバーばかりで、関東のナンバーもあり遠くからも多くの車が流入していました。

どうにか福岡から都市高速に入ると都市高速は順調、有料道路を経由して目的地の呼子に着いたのは09:00過ぎ。

DSCN0708.jpg ※風車のある公園から見た呼子大橋

DSCN0718.jpg ※いか道楽の駐車場からの風景

早く着きすぎたので、風車のある公園へ寄って景色を見て楽しんでみお土産を買ってキャンピングカーでTVを見ながら休憩。10:00を過ぎたので本命のいか道楽へ行き開店の10:30迄駐車場で待って10:30にお店に入ると、いつも間に入っていたのかお客さんは何組もいて既に食べ始めています、注文はもちろん、イカ造り定食で呼子のイカを中心とした料理で美味しくいただきました。

11:00、呼子を後に長崎を目指して、佐賀県を抜けて途中から九州道に入り長崎着が15:00。
長崎市内を走りながら家内が決めていた日帰り温泉に行くためにナビでセットしようとしても場所が見当らない、最近できたとのことなので日帰り温泉の本を頼りに走りましたが分からない、しばらく走ると小高い山の中腹にそれらしき建物を発見したのですが、色々な道に入って探しても遠ざかるばかり。
長崎の道は難しいと思いながら30分以上もウロウロしながら、それらしい道を発見してどうにか辿り着いて入浴後は早々に出発する、車中泊予定の道の駅は夕日が美しく見える所なので日没前に行かないといけないので、寄り道はせずに道の駅夕日が丘そとめに向かい17:00過ぎに到着。

2009050104 ※夕日を見るためにこの道の駅に(写真は翌日)

レストランがあることを確認して日没を待つ、既に多くの方が着ており車も次から次に入ってきて夕日を見にこられます、陽が傾いてきて夕陽を見ながら日没の18:30まで楽しみました。

2009050102 ※非常に綺麗な夕日でした

直ぐにレストランへ行くとCLOSEの看板が???、しかたないので施設内の販売店で若干の食べ物を買ってキャンピングカーに戻り、何を食べるか家内と相談。レストランで食べる予定だったので何も買ってないので、呼子で買ったイカの麹づけと先ほど買った鳥の唐揚げと北海道で買って残っていた缶詰を食べることにして、ご飯を炊いてどうにか夕食を食べることができました。
TVを見たり明日行く所の予習しながらビールを飲んでくつろぎ22:00過ぎに就寝。

5月3日(日):長崎 道の駅~グラバー邸~島原~天草へ

07:00、起床。

TVを見てゆっくりして08:00出発。
グラバー邸をナビに登録して長崎市街へ入ると、????何故か細い道ばかりを指示しますが無理そうなので無視して走りますが道が分からない、しかたないのでナビの指示通りに細い道を苦労しながらグラバー邸近くに到着、駐車場のお兄さんにダメと言われて教えていただいた駐車場へ行く。

グラバー邸まで少し離れていましたが散歩がてら歩いて大浦天守堂を見てグラバー邸に入場、家内は来たことがあるそうですが私は始めてなので今まで見たことの無い建物や、グラバー邸から見える長崎の街が異国情緒があって退屈することなく見て周り終えた頃から雨が降り出しました。

DSCN0775.jpg    DSCN0771.jpg

DSCN0759.jpg    DSCN0791.jpg

朝食兼昼食のチャンポンをチャンポン発祥のお店で食べることにしていたので、11:00の開店まで30分以上もありますが四海楼へ行くと既に大行列、エレベーター待ちで並び、店内でも並んでテーブルに座れたのは11:30、チャンポンと角煮まんじゅうを注文して届くと同時にペロリといただき12:00には店を出ました。
傘を持ってなかったので濡れながらキャンピングカーに戻って島原のフェリー乗り場へ向かう、時間が早いので途中立寄る所を探そうと思いましたが雨が強くなっているので島原のフェリー乗り場へ直行して14:30に到着、係りの誘導されて駐車場へ停めて待ち時間を聞くと1時間半待ちとのことで、途中立寄らずに来たことが良い結果になりました。

DSCN0798.jpg ※フェリー待ち、早く乗りたいと思いながら

家内は直ぐに後ろに移動してTVを見ながらくつろぎ始めましたが、フェリーが到着すると微妙に車が進むので運転席にいたり、その辺をウロウロして時間を過ごして次は私の車が乗船というころは2時間経っていました。
フェリーに乗船できるのは残り1台?、ついに私と思いきや予約していたのか別の所に停まっていたマイクロバスが乗船、次のフェリーかな?と思った時に係りの方が来て「何メートル?」と聞かれたので5m50cm弱と答えると、フェリーの空きスペースを確認して乗船指示、誘導されてフェリーへ入るが微妙なスペースで少しづつ進むが、前へ前へと指示されるがバンクのシェルが当りそうに見えるので、車を降りて確認しようとした時に後ろを見ると扉は閉まっていて、係りの人が入った!と...凄い職人的な積み方に感心しました。

DSCN0801.jpg ※最後の1台で乗れました

30分くらいで天草上陸、17時過ぎだったので車中泊予定の道の駅有明に近い、天草の活魚料理を食べる予定だったのでお店に直行して18:30到着。
予約をしていなかったのでお店に入って確認すると、2人ならいけるということで案内されると外から見るより広いお店で、その席もお客さんがいるのでタイミングがよかったと思いながら座敷に座り、せっかくだからと¥8000円のコースに決定!、少し高いかな?と思いながら注文しましたが、料理が次から次に出てきて途中でお腹が苦しくなるほどで、もう終わりと思いながら周りで同じコースを食べているテーブルを見ると???、もう無理!と思ってタイのあらだきと鮨は持ち帰りさせていただきました。新鮮な活魚を食べて大満足の夕食です。
19:20、苦しいお腹を抱えながらお店を出てキャンピングカーに乗って出発、お腹が苦しくて運転するのも嫌になるほどで苦しみながら有明温泉さざ波の湯に19:50前に到着、入館時間ギリギリでいって入浴してから隣接する道の駅有明の第二駐車場へ駐車。

DSCN0000.jpg ※あいにくの雨でしたが快眠

後ろに移ってTVを見ながら好きなビールを飲んでもお腹が苦しくていつものように飲めません、家内も苦しそうで横になったまま22:00頃には寝たようです。

5月4日(月):天草~通潤橋~高千穂峡へ

07:30起床、天気は雨

仕度をして08:00出発。
天草四郎メモリアルに09:00到着、せっかく天草に来たからと天草四郎メモリアルに入って少し歴史をお勉強。
50分くらいで見終えて駐車場へ戻ると横にグローバルのキングが泊まってました、綺麗にされているキャンピングカーで私の汚れたキャンピングカーと比べると恥ずかしくなって出発して、国道を隔てて向かい側にある道の駅へ立寄り、味噌汁用に渡り蟹、おかずにタコ煮を買って渡り蟹は二つに割ってもらって冷蔵庫に入れて出発。
30分くらい走ると逆方向の車線が大渋滞、ゴールデンウィークのせいか延々と車が繋がっていて、もし私達が逆周りで計画していたらと思うとぞっとします。
平坦な道になり道の駅不知火に11:00到着、昼食をとることにして貝汁を注文、ご飯は普通サイズですが貝汁は丼のように大きな器に貝がギッシリと入っていて、貝だけでもお腹がいっぱいになるくらいの量で大満足でした。
道の駅を11:30に出発、昇仙峡を目指して走り、途中で道路脇にある肉屋さんで馬刺しと鳥の唐揚げを買い足して昇仙峡にある道の駅通潤橋 に13:35到着。
しばらく道の駅でお土産を見たりしていると放水が14:00に始まるということで、急いで橋の近くまで行って放水と同時に写真撮影です、この時も幸運で一日2回の放水時間を知らずに来ましたがあまり待つことも無く放水を見ることができました。

DSCN0837.jpg    DSCN0863.jpg

テレビなどで見た放水を見ることができて大満足で、14:30に出発して高千穂峡を目指して走り出しましたが雨は強くなって前が見えないほどでしたが高千穂に15:00到着、日帰り温泉 高千穂温泉で入浴してスーパーでお土産と食材を買い足して道の駅高千穂 へ16:30に到着。
駐車場に入ると満車、車の出入りが多くて駐車できそうなので空いたスペースで待機するが、通路の幅が狭いために前のスペースに停まっていた車が出ようとするとキャンピングカーを少しバック、すると別の駐車スペースから通路を通る車が私の車が邪魔をして止まっている、この繰り返しをしているうちに大型車スペースに止まっていた軽自動車が出たので、家内が駐車スペースに立って誘導してくれていたのですが後から来た軽自動車が入ろうとした時、道の駅の店員さんが軽自動車を他の駐車場へ誘導してから家内と一緒に誘導してもらって、大型車スペースへ停めることができました。

DSCN0864.jpg ※神の国、マイナスイオンがいっぱい

何でも遠くから見ていて私が右往左往しているように見えたらしくて誘導に来て下さったようです。
キャンピングカーを停めてから誘導して下さった店員さんがいるお店でお土産を買って車に戻りました。
しばらくして店が閉店する頃には車は減るばかりで、車中泊のためかキャンピングカーや1BOXが入ってき始めました。どうやら私が来た時が一番車の出入りが激しかったようです。

家内が夕食を作っている間、道の駅をウロウロするような散歩をしてから車に戻って夕食をとりながらTVを見ていると、今日の高千穂峡をニュースで報じていて、ボート乗り場は受付時間を1時間早めたにもかかわらず直ぐに数時間待ちになったとのこと、家内と明日は早起きして高千穂峡に直行しようと決めて21:00頃に早めの就寝。

5月5日(火):高千穂峡~願いが叶うクルスの海~鬼の洗濯岩~宮崎カーフェリー

06:00時起床、初日を除き天気は悪かったのですが今日は晴れ。

準備をして06:30に出発。
前日に調べていた高千穂峡に一番近い駐車場に行こうと思いましたが途中で断念して、違う駐車場に変更してキャンピングカーを停めて徒歩で高千穂峡へ向かう。
駐車場から長い階段を下りて美しい景色を見ながら歩いていると15分ほどで07:30到着、見ると人の列ができていて並ぶこと1時間分、やっとの思いでボートの券を買うと10:10に乗れるとのことで散歩をしながら食堂に行って朝食をとり、魚釣りや土産物を見ながら過ごすと退屈することなく時間が経ち10時前にボート乗り場に行って順番を待ちました。
やっとボートに乗ることができて、ボートから見える風景や見上げる風景は綺麗で、天気も良く光が差し込んでいる様は何とも言えないほど美しいものでした。

DSCN0893.jpg     DSCN0910.jpg

一時間ギリギリまでボートから高千穂峡を見て戻りました。
駐車場への戻りはバスに乗って駐車場に戻って11:30に高千穂峡を出発して宮崎へ向かう。

途中、日本一のアーチ橋を見て、道の駅 青雲橋で休憩。
鶉の丸焼きがあり鳥好きの家内が買いましたが、尾頭付きでプレスしたような焼き方で一匹ずつ食べることにして口に入れると...???、家内も同じようで途中で断念。

家内が願いが叶う岬に行きたいということで途中道をそれて岬に向かう、海岸沿いを走って目的地に着くが多くの車が来ていて入れず、少しだけ下った駐車場にキャンピングカーを停めて13:00に岬に到着。

DSCN0930.jpg     DSCN0923.jpg

天気は回復して晴れで、岬から見ると確かに”叶”という文字に見えますね。写真を撮って直ぐに出発、国道に戻って宮崎を目指しますがお腹が空いてきたので峠の蕎麦屋さんで蕎麦を食べたのは15:00で、時間を気にしながら早々に出発して高速に上がってシーガイヤが見える日向PAで休憩、直ぐに出発してフェリー乗り場を確認して道の駅フェニックスを目指して16:40到着。

2009050401     2009050402

雨が降り出しましたが鬼の洗濯板を見てから道の駅で太陽のマンゴを奮発して買って、最後のお土産を追加して17:00に出発。
途中、渋滞に巻き込まれて時間をロスして時間を気にしながら少しづつ進み、ようやく動き出して有料道路に乗る時に焦って逆方向へ上り、一つ目のICで下りてから再度上がって走ってフェリーターミナルに着くと17:50で、乗船開始時間の5分前でした。急いで乗船手続きを行い、乗船を終えた頃はグッタリ。
フェリーは予定どおり19:00に出航、キャンセル待ちでスイートをお願いしていたのですがキャンセルは出なかったので、予約していた8名の客室に入り荷物を置いて夕食をゆっくりとって部屋に戻ると家内はグッタリ、船酔いのようでベッドで横になるということでベッドに入りました。

確かにこの頃は微妙に揺れ始めていて、過去乗ったフェリーとは比較にならないほど緩やかに揺れていました、私はお風呂に入ってからビールを飲もうとベッドに戻りましたが他の人に迷惑かけてもいけないので、クーラーBOXを持って共有スペースへ行ってビールを飲み始めました。他の方も床に座ったり椅子に座ったりして仲間と旅の出来事を話したりして楽しく過ごされています、少しづつ人が減っていきますが私はいびきが大きいので眠さを堪えながらビールを飲んでいたのですが...
規則的な上下動と大きな左右の揺れが気になって回りを見ると誰もいません、どうやら寝ていたようで時計を見ると23:30、しばらく揺れを見ていましたが今まで経験したことがない大きな揺れで、恐るべし黒潮と思いながらビールを飲み干して、船室に戻ると皆さん寝ていたのでベッドに入って寝ることにしました。

5月6日(水):大阪南港~自宅

まわりがザワザワして目が覚めると07:00前、家内は既に起きていて元気になっていました。
外を見ると大阪南港近くなので荷物をまとめながら08:30に接岸、指示に従って車に乗り込み下船してフェリーターミナルを09:00に出発、途中 吹田SAで朝食をとって11:00に自宅に到着。

九州半周の終わりました。
次に九州を旅行する時は、九州半周(南ルート)ショートカット旅行をするつもりです。



┏┓九州くるま旅の感想
┗╋…………………………………………………………………………………………………

<<移動距離>>
道の駅を利用して周ったこともあって一日当りの移動距離は妥当なもので、無理なく観光することができましたが道の駅の施設で食事ができる時間には到着しなかったので、夕食は外食と途中で仕入れての食事で過ごしました。

<<道の駅>>
キャンプを探すと九州は熊本周辺に集中しており他県は散在して数も少ない、移動距離も含めて探したりもしましたが、シーズン前や移動ルートから大幅に外れたりで移動距離のバランスも悪いので道の駅で車中泊して周ることにしました。
今回周った道の駅でいえることは、観光地の前や非常に近い所に立地しているところが多くあり、ツアー客やホテルや旅館に宿泊している方が移動する前の空いている時に観光ができることが良かったですね。
施設的には日帰り温泉が隣接している道の駅が今回のルートでは少なかったので、移動ルートに近い日帰り温泉を利用しながらの旅でした。

スポンサーサイト

| くるま遊び日記 | 17:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cabcon.blog47.fc2.com/tb.php/138-60cd8f31

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。