fc2ブログ

くるま旅@Boleroなキャンピングカー生活

キャンピングカーで行った”くるま旅”や”アウトドア”などキャンピングカーを活用する様々な遊びを紹介します。         by Boleroなおじさん

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Colman ワイドスクリーン 2ルームハウス徹底解剖 (冬キャンプ:完結編)

Colman ワイドスクリーン 2ルームハウス初使用による徹底評価は”優良”でしたが冬はどうか?
ということで今回の冬キャンプで使った使用感をご紹介...
我が家の冬キャンプはキャンピングカーとテントの併用です。
朝起きてから夕食までをテントで過し、寝る時はキャンピングカー。
こんな使い方なので冬キャンプではインナーテントは使わずにフライだけでスクリーンテントとして使いました。

 キャンプ用品321 Coleman WIDE SCREEN 2 ROOM HOUSE

初、冬キャンプで2日間の使用ですが、ワイドスクリーン 2ルームハウス実使用テスト?としては凄く参考になるかと思います。
ただ、今回のキャンプ初日がこの時期としては珍しい終日の強雨、地面も泥濘で歩いても3cm沈み込み設営を断念。テントサイトは水はけが悪く粘土状で3日経っても状態が変わらない最悪のコンディションで、夕方から土の水分が凍結し翌日陽が昇ると融けて水が滲み出て粘土状になる。この繰り返しで厳しい状態のキャンプでした。

<< 大きさ >>

インナーテントを使わないので全てをリビングスペースとして利用。

  キャンプ用品321   キャンプ用品318

  キャンプ用品319   キャンプ用品320
  
キャンピングカーより大きなテント全てをリビングとして使うので巨大な空間で余裕です。


<< 寒さ対策 >>

メッシュ部のフラップを全て閉じれば外気が入らずテント内温度の低下を防ぎます。

  キャンプ用品322   fc2_2013-01-01_12-56-11-849.jpg

晴れで陽が昇っている時ならこの状態で暖かく過すことができたので小さな暖房器具でも使えば快適に過ごすことができると思います。ベンチレーターもあるので換気もできて安心です。
が...一酸化炭素や二酸化炭素にはご注意を。

<< 暖房器具との組合せ >>

私は薪ストーブ党なのでインナーテント部のフラップを開放し、煙突がテントに接触しないように引き込める所までテント内に入れています。

  キャンプ用品326   キャンプ用品327

      キャンプ用品325        キャンプ用品328

通の方はテントを加工して密閉されていますが私はこれで充分。
こんな使い方で暖をとっています。これでも他のフラップを全て閉じれば暖かく過すことができます。
この2日間の気温は、昼は5℃、日暮れから気温が下がり始めマイナス5℃程度の環境でした。

<< 結露の状態 >>

朝目覚めてテント内を見ると結露が凍って真っ白...

  キャンプ用品323   キャンプ用品324

これは初日に降った雨が凍ったり融けたりを繰り返し水が抜けない状態だったので、昼間に融けた水が水滴としてテント内部に付着したためにこのようになったと思っています。
地面が乾燥した状態ならベンチレーターもあるのでここまでならないと思っています。

< これはちょっとね。難点? >

リビング部の工夫が残念。
夏キャンプの時の使用感でもご紹介しましたが、インナーテントを使わずフライだけなので吊下げ用フックや小物入れが全く無く、小物を入れるたり吊るすこともできず少し困りました。あったら好いなと思う点です。

【 総評 】

冬キャンプでも我が家の使い方なら充分過ぎるスペックで良いテントですね。

★” Colman ワイドスクリーン 2ルームハウス徹底解剖 (使用前評価)記事は、こちら
★” ワイドスクリーン 2ルームハウス購入前の他のテント比較記事は、こちら
★” テントキャンプで使った時の評価記事は、こちら

coleman特集

スポンサーサイト



| アウトドア(キャンプ) | 14:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cabcon.blog47.fc2.com/tb.php/1328-28e5969e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT