FC2ブログ

くるま旅@Boleroなキャンピングカー生活

キャンピングカーで行った”くるま旅”や”アウトドア”などキャンピングカーを活用する様々な遊びを紹介します。         by Boleroなおじさん

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

上高地キャンプのくるま旅...?

前回といい今回といい、ほんとうにキャンピングカーで行く必要があるの?と突っ込まれそうなお出かけで、今回はキャンプ道具の輸送車としての出動でメインはテントキャンプです♪

くるま旅444  くるま旅445 輸送車状態です

21:50、自宅を出発して泊地は涼しさと明日のことを考えて、ひるがの高原SAを目指します。
途中、遅めの夕食をとり一宮JCTから中部東海自動車道に入ったのは23:00。その後、交通量は激減し順調に走り、ひるがの高原SAに到着したのは01:30。
このままでは寝ることもできない。荷物を全てキャブ部の運転席と助手席に移動してくつろぎのスペースに...眠い!と思いながらもビールを飲みながら02:00頃にはダウン。

11日(土)
08:30起床、天気は曇り。
さっそく施設内の食事コーナーでの食事、食べるのはオープンスペースの屋外で景色を見ながらの楽しい食事。

  美しい景色を見ながら...

 くるま旅447  くるま旅446

食事を終えて09:00出発。
今日はまずまずの天気(^-^)/ 明日に備えて一週間の疲れを落とす1日です。
今日の予定は、佳留萱山荘さんの露天風呂に入り、夕方までに沢渡第2駐車場に行く余裕の日程。
のんびり走りながら飛騨高山をパス、おっ!前にZILさんが。乗鞍を越えて平湯まで連走でした。

 くるま旅448 一緒に走ると心強いですね。ここから先は上り坂

平湯から新穂高温泉郷を目指して栃尾温泉に入り、右折していつも気になっているキャンピングカーが集まっている駐車場を見ると...あれ?入り口に高さ制限のワイヤーが張られてる。高さを見ると、ひょっとしたら1BOXでルーフにBOXでも付けてたら入れないような高さです。いつかは?と思っていただけに残念に思いながら休憩ができる有料の足湯に立ち寄って一休憩。

 その他340  くるま旅448

 その他341  くるま旅449

¥100円を木箱に投入!やっぱ気持ち良いな~って感じで休憩していると、後から来た人達はお金を入れずに足湯を楽しんでおられました。どうなんだろう?足湯を後にして新穂高温泉郷に入り、時間的にも余裕があるので山道を上がって絶景を見ることにしてアルプス大橋近くの鍋平公園に立ち寄ります。

 くるま旅450 ステキな景色の鍋平公園もキャンプ禁止

 くるま旅451  くるま旅452

 くるま旅453  くるま旅454  

この場所、新穂高界隈を知り尽くしていたハズ?が、出発前直前で見たガイド本に気になる絶景ポイントを発見し、今回初の立ち寄ったところです。きっと紅葉時期は素晴らしいと思います。
ありゃりゃ?ここの駐車場も”キャンプ禁止”の立て札が、行くとこ行くとこで見る”キャンプ禁止”の文字。またまた複雑な気持ちで絶景を写真に納めてから直ぐに出発し、佳留萱山荘さんに着いたのは13:00。

 くるま旅455  

 くるま旅457  くるま旅456

   くるま旅458

久しぶりの佳留萱山荘さん、露天風呂は変わらぬ広さと景色は良いもので何度来ても気持ちよく入浴を楽しむことができる温泉で、我が家の温泉ランキング1位のお風呂です(^^)♪
ゆっくりと入り1週間の疲れを落として13:00出発。この頃から雨が降り始め、お腹もいい感じで空いてきたので途中、平湯の「あんき屋」で飛騨牛のほう葉焼き定食を食べることに...

 くるま旅459 冬はスキー客で混雑するお店です

 くるま旅460  くるま旅461

食事を終え、平湯バスターミナルにある平湯産直市場へ移動。

 くるま旅462  

夕食&翌朝の朝食とキャンプに持っていける保存のきく食材を調達と、念願の竹笠を購入して平湯を出発。安房トンネルを抜けて沢渡第2駐車場へ16:00着。

 くるま旅465  くるま旅464

駐車場に入ろうとすると”駐車スペースに入りきらないキャンピングカー進入禁止”的な看板があり、気にしつつも入場して誰もが敬遠して多少はみ出ても迷惑をかけない所を探し、ここなら良いかな?と思った場所に駐車しました。

 道の駅766  くるま旅468

念のため、駐車場管理のフタッフの方に聞けばOKとのことでここに決定!
お隣の車3台は山登り中なのかこの時間になっても帰ってこず気兼ねなく車中泊できるので一安心。
この駐車場は公園あり、足湯あり、トイレも充実してゆっくり過せる所で、駐車場は既に山に入っている人の車や私のように明日上高地入りするために来た車ばかりで、皆さん明日に備えて公園などでゆっくり過ごされています。

  駐車場の横には公園と足湯があります

 くるま旅466  くるま旅467

私もビールを持ち出して足湯の一番奥で迷惑をかけないようにまったり過ごし、陽が落ちて肌寒くなった頃にキャンピングカーに撤収。
夕食を終えてキャンプ道具の点検、あれ?。これも、あれも、こんな感じで忘れていたものを詰め込んで準備完了! その後、DVDを見ながらビールを飲んで20:00過ぎに眠ってしまったようです。

12日(日)
05:00起床。というか寒くて目が覚めてしまいました。
外を見ると晴れ!悪運強し、天気予報では雨のち曇りだったのに...みごとな晴れです♪
周りを見るとバスの始発に乗る人達が出発の準備をしてはバス亭に向って賑やかな朝。

  始発のバスに乗ろうとする人が動きだす時間

我が家は荷物が多いので、キャンプ場の受付が始まる07:00に合わせて出発するようにのんびり準備。

 キャンプ用品217 これタクシーに乗りきるかな?

06:30、タクシーにお願いして駐車場近くまで来ていただいて荷物を積みこんで沢渡を出発、大正池が見え始めた頃に運転手さんが「珍しい景色ですよ」、何?と思って大正池を見ると靄が池を覆い、その向こうには穂高が綺麗に姿を見せてくれています。

 くるま旅469  くるま旅450

凄い!と言いながら見ているとスピードを落として下さり、ほんの一瞬だけ停車して車内から景色を見せていただきました。やさしい! それから数分で上高地バスターミナルに到着、車内にも満載の荷物下ろしを運転手さんも手伝っていただきお礼を言ってお別れです。

 小梨リゾート001 タクシーから降ろした荷物。これからが大変!

これからが大変!いちおう場所取り用にリュックと場所取り用のグランドシートを持ってリヤカーを借りるためにキャンプ場へ向かいます。途中、観光気分で写真を撮りながらの散策気分で歩いて...

  人が少ない河童橋と穂高

小梨リゾート キャンプ場の管理棟まで行く途中に場所を物色。前日から入っている人達ばかりでどのテントスペースも満杯、まいったな~!

 小梨リゾート005  小梨リゾート007

 小梨リゾート004  小梨リゾート008

場所がなかったら帰るしかない? 空いている場所がなかったので設営するには狭い場所でしたが場所を確保。グランドシートとリュックを置いてから管理棟でチェックイン手続をして、直ぐにリヤカーのレンタルを借りて上高地バスターミナルに戻ると30分経過。
家内が暇していると思いきや、タクシーのおじさんと喋っていたようで様々なネタを仕入れていました。この辺のタクシーの運転手さんて優しい方々ばかりですよ。荷物をリヤカーに積み込んで出発!

     小梨リゾート002 河童橋を横目に通過...

河童橋を横目に遊歩道を進み、ビジターセンターを超えると遊歩道沿いにテントサイトがありますが既に多くのテントがあり全く入る余地がない。遊歩道から左はプライベートサイトで使えるような小さなスペースが多く、良くご存知なのか既にテントで埋め尽くされていました。
参った!このテントサイズだと確保したスペースでは絶対に無理。どこか空くまで待つしかない、もし空かなかったら常設テントを借りるか帰るしかないかな? 嫌だな~、こんなことを思いながら場所を確保したテントスペースを見ると撤収を終えようとしている方が3名、これはいける!と思ってリヤカーを引いてサイト近くに停めて3名の方へ聞くと、どうぞ!とのありがたい返事(^^)v

早速、テントの設営とセッティングに1時間を費やして無事完了♪

 上高地038  上高地039

 上高地042  上高地043

 キャンプ用品247 ミニランタン、LED懐中電灯、電気蚊取を吊るして

 上高地040  

木陰のために適度な陽射しで快適で過し易いキャンプ場...あとは、まったりとキャンプを楽しみます(^^)v
プシュ♪

 上高地044  上高地045

 上高地046  上高地047

やっぱ!キャンプだね~...
天気も良いし、初日だから観光気分で過ごそうってことで、梓川沿いを散歩。

 上高地027  上高地028

 上高地029  上高地030

写真撮りをしながら河童橋まで行き5千尺ホテルのレストランに着くと開店時間の11:00。
なんと無駄のない効率的なスケジュール?! 初日だから今日は観光気分で楽しみます。
事前調べでビーフシチューが超有名らしく迷わず注文!ついでに勧められるられるがままに地ビール2本も注文。

   

このビーフシチュー、お肉は6時間煮込み、デミグラスソースは6日間かけて作っている有難いビーフシチューで美味しくいただきました。約¥10000円の昼ご飯。ちょっとお高い、でも今日は観光だから...

 小梨リゾート041  小梨リゾート042

     上高地031 夜のメインディッシュに

ホテル横のお土産屋さんの所にある水を持参した2ℓのペットボトル入れて、に河童橋を渡った所にあるお土産屋さんで夕食用に「山賊弁当」を買って美しい景色を見ながらテントに戻ると13:00。

  この景色までテントから徒歩1分♪

忘れないうちにレンタル予定の銀マットと毛布を2枚ずつ借りて、ついでにお風呂と向かいの小梨平食堂を物色...れれれ? 事前にネットで調べたら”食材は無い!持参すべし!!”こんな情報ばかりだったので持参してきたけど...なんでも有るじゃん!どうゆうこと???
まあ食べ物で苦労することもなさそうなのでホッ!っとしてテントに戻って寝床を準備...

 キャンプ用品231  キャンプ用品232

早速家内は昼寝を始めました...
私は、特大チェアで半寝状態の昼寝を楽しみます!これがキャンプだ♪
こんなことを思いながらまったりしているうちにZZzzz...

 キャンプ用品233 天気も良いし最高のキャンプ日和で心地好い

目が覚めて時計を見ると16:00!あらら寝すぎた~!!!
まあ好いか♪ 夕食は弁当を買ったし焦ることはない。じゃあ、お風呂ってことで管理棟にあるお風呂に入へ。
管理棟に行く途中に見える穂高...

 上高地049  上高地048

帰りに小梨平食堂で家内はワイン、私はビールを数本購入。この売店、リーズナブルな料金で500mlが¥300円、ビジネスホテルよりも安いのは驚きで、ついつい多く買ってしまいました(^^;)
ちょっと空を見ると不安?管理棟に張られていた天気予報も明日が曇りのち雨から雨に変わっていたので、万一を考えて雨対策でタープをリビングスペース上に掛け、カラビナとロープで地面に固定して出来上がり♪

 キャンプ用品234  キャンプ用品235

陽が落ちると気温が下がり始め、ポロシャツでは肌寒く薄手のヤッケを着て丁度の気温で、昼に買った弁当と簡単なビールの”おつまみ”を作って楽しい夕食を食べながら過ごし、今回初使用のエミールランタンもいい感じで上高地の夜を過しました。

     キャンプ用品236     キャンプ用品237


疲れたのか?眠くなって時計を見ると21:00。
寒いし、早寝早起きがキャンプだ!訳のわからないことを思いながらZZZzzz..

13日(月)
けたたましい雨音で目覚めると05:00。天気はバケツをひっくり返したような雨。
これもキャンプだ~!起きて朝のコーヒーを作って雨を楽しむ私。家内は雨音を気にすることなく寝続けています...雨も好いんですよね~♪ テントだから雨の一つひとつの音が聞こえて、それはそれで楽しいものです。キャンピングカーの屋根に当る音とは違うんですよね~(^^)
朝から強い雨が降っては止み、直ぐに振り出し始める天気で止んだタイミングで散歩を楽しむ。この繰り返し...
09:00頃、リビングスペースの右角に水のようなものが入り込み始め、何?と思いながら見続けていると見る見る間にリビングスペース右側に水溜りが...

 キャンプ用品238 ありゃりゃ?水が浸入してきたよ!

まあいいか?片側だけだし、こんな感じでノンビリしているとテントの靴置き部分が変?よく見ると湧き水のように水が盛り上がってきて??? 何これ? 初体験の私は状況を見ているだけで凄い!と思いながらどうしようもない(*_*)? この頃、家内が起きてきてテントから顔を出して噴出す水が理解できず呆然...
ひょっとして水の通り道?と思って外からテント周辺を見ると、テントスペースの後ろは水溜りができ、その水がテントの下を流れてリビングスペースの右角辺りに流れて大きな水溜りになっている。

 キャンプ用品240  キャンプ用品239

なるほど?水溜り場所がこのテントスペース全体の窪地なので水がここに集まってきてるんだ!
どうりで私のテント周辺にはテントを設営する人が少ないのは、こうなることを知ってるからだ?!理屈が分かってスッキリしながらどうするか?水を流すしかないので、遊歩道脇の石を外そうとすると簡単に移動できました。

 キャンプ用品241  キャンプ用品242

ということは、誰も同じように水を流しているんだ!これまたスッキリして石を2つ取り除くとダムから水を放出するように流れ始め、見る見る間に水溜りが小さくなり最後は木片でかき出して水溜りは消滅(^^)v

 キャンプ用品244  キャンプ用品243

断続的に激しい雨が降るのでこの作業を繰り返す1日になるの?
場所を移動するにも設営できる場所もなく、まあいいや!と思いながら過します。
お腹が空いた!準備どころか水との格闘で疲れたので小梨平食堂へ。行く途中に見える穂高...

 上高地051  上高地050

朝ごはんの定食をいただきました。

 小梨リゾート018  キャンプ用品245

なんと充実?したキャンプなんだろう...
せっかく来たし、昼ご飯&夕ご飯を作るために鍋をレンタルで借りてテントへ戻ると家内は2度寝をし始め、私は水溜りができないように見張り番(+_+)
まあ、こんなキャンプも好いか!と思いながら過しているとお昼になり、起きてきた家内がパスタ作り、キノコのパスタで美味しくいただきました。

     キャンプ用品224     キャンプ用品246
  
この日は、明神池まで歩いて行く予定でしたが強い雨なので断念し、近場を散歩したりテント内で過す雨の日のテント生活...お風呂は河童橋近くのホテルにある外来入浴に行きたかったのですが、雨が激しく降るので管理棟のお風呂に連チャン入浴。管理棟前に張られている天気予報を見ると夜も雨、明日も雨!ありゃりゃ?ちょっと天気が前倒しで悪くなってるよ。まあいいか?明日はひょっとして晴れ!かもしれない。
ポジティブな我が家は気にもしないでテントに戻って涼みながら楽しんでいると風が出始めテントが若干揺れる。大丈夫!完璧なペグのチョイスときちんとロープで固定しているから心配はない♪「きっと、しばらくするとペグを叩く音が聞こえるよ」と言った瞬間に、あちらこちらでペグを叩く音がし始めてなんだか可笑しくなってしまいました。家内はマイペースでDVDプレーヤーで映画を見たり、タブレットでニュースを読んだり...

 スマホ213  スマホ214

さあ、ご飯でもするか!
持参してきた真空パックの「さ○のご飯」を持って小梨平食堂へ行き、今宵のワインとビール数本を買い、設置されている電子レンジを借りてご飯をチ~ン♪ テントに戻るとレトルトカレーも温め終わり即カレーライスの出来上がり(^^)v

 上高地032 ささやかなご飯もキャンプで最高の食事になります♪

今宵はルー沢山の特大カレーと、平湯で買ってきた手羽先をいただきながら楽しくご飯をいただきます。
時計を見ると20:00、雨は断続的な降りから気合が入った強い雨が止むことなく降り続き、おまけに雷まで鳴り始める夜の始まりに。まあいいや!お腹も一杯になったし、眠くなってきたから寝ることにしてテントに入ると凄い雨の音。でも気にしない我が家は直ぐに寝てしまったようです...
夜、トイレに起きましたが強雨に変化はなく降り続いていました。

14日(火)
早寝したせいか?05:00に目覚めテントに当る雨音を聞くと分かる強雨!
あらら、また水溜りができてるよ! でも寝る前に石のダムを解放していたのに?
テントから頭を出して見ると、なんと?!!
溜まった水が流れる速さよりも溜まる水の量が多すぎて水溜りが巨大になっているよ(*_*)?
これは凄い!リビングスペースの右側の水位が2cmもあり、川のように流れる流れがよく分かる。これは凄い! キャンプ歴流しと言えどもテントの中を川のように流れる様を見たのは初めて!それに水深2cmも凄いぞ♪ こんな私を見ながら家内は...?????
07:00になったので作戦会議、小梨食堂に行って朝定食を食べながら協議の結果、管理棟に張られていた天気予報が今日も雨、明日も雨、天気の回復も望めないので1日早く撤退を決意!
こんなこともあろうかとチェックインの時に2泊で入り、ひょっとしたら1日延長するかも?ってことで手続きをしたので損もない。凄い作戦だ!と家内に自慢しながら、リヤカーを借りてテントに戻って撤収開始...
この時の穂高...

 上高地053  上高地052

幸いテントが自立型なのでテント内の物を濡らさないように、濡れたものは拭きながら収納袋に収め、リヤカーの下部にピクニック用のシートを敷き、雨に濡れないようにタープをリヤカーに被せて序々に荷物をリヤカーに積む撤収作戦です(^^)v

 上高地033  上高地034

 上高地035  上高地036

残るはテントだけ!この時晴れ始めて複雑に思いながら、じゃあテントを乾かして撤収しよう!ってことでタオルで拭きながらほぼ乾燥しかけた時、上を見ると晴れているのに白いカーテンのようなものが見え始め、ひょっとして雨?と思った瞬間大粒の雨が降り始め、その後も止む気配なし。期待した私がバカだった!恐るべし山の天気。始めから考えていたようにズブ濡れのテントを丸めてゴミ袋に入れて撤収完了。
リヤカーに乗せた途端に晴れ間が見え始め、ひょっとして晴れるんじゃない?と思いながら上高地のバスターミナルに向かい、最後の見納めに...

 上高地055  上高地054

河童橋の前を通過中...

 上高地037 この時間は観光客も多くて(^^;)

バスターミナル到着。家内は荷物の番をして私はリヤカーを管理棟へ返すと撤収に時間がかかったこともあり、追加料金¥300円を支払って上高地のバスターミナルに戻りタクシーに乗って沢渡の駐車場に帰りました。キャンピングカーあるかな?少し不安でしたが無事に再会して一安心...

 道の駅769  道の駅770

荷物をキャンピングカーに積みながら気になる濡れたテントと1日早い撤退した気持ち。
家内に奥飛騨でキャンプでもするか?と言うと家内の反応は早く直ぐにキャンプ場に電話して1泊なら空きがあるということで奥飛騨に直行♪ 途中、栃尾温泉手前のJAに寄って飛騨牛ステーキを買ってキャンプ場へ。
このキャンプ場は道の駅奥飛騨温泉郷上宝の一角にあるので食べ物の苦労もなく安心です。

 奥飛騨オートキャンプ場001 道の駅の一角にキャンプ場入り口があります

15:40にチェックイン、キャンピングカーを停めサイドオーニングを全開してのシンプルキャンプです。

 奥飛騨オートキャンプ場002  奥飛騨オートキャンプ場003

気になってた濡れたテントを広げて干しています。
キャンピングカーを電源に繋いで久しぶりの充電を。
家内は洗濯物を持ってコインランドリーへ。
上高地持込用の荷物を元どおりキャンピングカーに収納。
こんな後片付けしながらキャンプも楽しめるのは良いもんだ(^^)v
ついでにリヤのゴミ入れに入れていたゴミと缶ゴミをキャンプ場の人に確認してテントサイト設置のゴミ箱にポイ!

 奥飛騨オートキャンプ場010 キャンプの後片付け兼キャンプ

後片付け終了♪夕食のおかずにキャンプ場を出て直ぐの道の駅で岩魚の塩焼きを4匹購入。

 奥飛騨オートキャンプ場007  奥飛騨オートキャンプ場008

今宵のメニューは、飛騨牛ステーキ、岩魚の塩焼き、キャンプ用に買ってきたトマトのパスタです。

 奥飛騨オートキャンプ場004 ゆっくりとキャンプ最後の夕食を楽しみます

食後はキャンプ場内にある露天風呂に入って、涼しくなったテントサイトで涼みながらお酒タイムを楽しんで寝る準備を...
テントも乾燥!でも、もし?と思って寝る前にサイドオーニングの下に入れ、できるだけ中心のエントランスドア付近に寄せて寝ることにしました。電源サイトだからテレビも見えるし、と思っていましたが疲れたのか20:30には寝たようです。

15日(水)
奥飛騨のキャンプ場の朝...寒くて目覚め時計を見ると06:00前。
天気は怪しいと思った勘が的中して激しい雨が断続的に降っています。

 奥飛騨オートキャンプ場005  奥飛騨オートキャンプ場006

サイトを見るとジワジワ雨水が乾いたテントに迫っていたので即回収!外部収納に入れてセーフ(^^)v
家内も起きて「さ○うのご飯」が残ってるし、外部電源もあるから荷物減らしで電子レンジでチン♪ ついでにキャンピングカーの在庫処分でインスタント味噌汁、ベーコンをかるく炒め、あとは早起きして暇だから作った湯で卵のシンプルな和?定食。

 奥飛騨オートキャンプ場009 在庫一掃?の朝食

雨も上がりそうにないので椅子とテーブルを積み込み、サイドオーニングを巻き上げて撤収完了!やっぱ、キャンピングカーは楽だわ...
09:30にキャンプをチェックアウトして帰路につき途中平湯でお買い物。

 くるま旅451 キャンプ用に買った手羽先が美味しくて大量購入

平湯を出発して乗鞍越えをしている時、バックミラーを見ると同類のキャンピングカーが後ろを走っていて、バックミラーをチラ見するとセレンゲティさんで、中部東海自動車道に乗るまで偶然に一緒でした。最後のお土産に、ひるがの高原SAで昼食をとり、地産のお土産を買い、ただひたすら走って16:30に帰宅。あっつぅ~!やっぱこっちは暑いわ!!!ビールをプシュ♪

スポンサーサイト



| くるま遊び日記 | 20:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cabcon.blog47.fc2.com/tb.php/1203-9c9ec646

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT