FC2ブログ

くるま旅@Boleroなキャンピングカー生活

キャンピングカーで行った”くるま旅”や”アウトドア”などキャンピングカーを活用する様々な遊びを紹介します。         by Boleroなおじさん

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

道の駅でのテント泊は危険がいっぱい (*_*;)

最近、googleやYahooなどの検索サイトから「道の駅」&「テント泊」のキーワードで訪問される方が増加。
かなり気になるので私が経験したテントキャンパー時代の怖い話と、キャンピングカーを運転する立場として経験した怖い話をご紹介します。

キャンピングカー(自動車)の運転手として

北海道に行った初日、目的の道の駅に到着したのはAM2時。
既に10台程度の普通乗用車とキャンピングカーが車中泊中、お邪魔しないようにヘッドライトを消してスモールランプだけでゆっくり動きながら停車場所を探しました。
普通乗用車が停車している場所から2つ横が空いており、バックしながら目視で何もないことを確認してゆっくりバックを続け、念のためにブレーキを踏んでブレーキランプを点灯させると、なんと! テントがハッキリ見えて慌てて急ブレーキ(*_*;)?
普通自動車の方でしょうか? 普通自動車の横2つの駐車スペースを跨いでテント泊をされていました。
いちおう注意しながらバックしていたこともあって10m以上手前で止まりましたが、もし、いつもの調子でバックしていたらと思うと怖くなり、この時からできるだけ停車している車から離れた場所を選び、バックは今まで以上に慎重にするようになりました。これって怖いですよ。

  その他387 道路沿いの駐車場。この方はきちんと車を盾に?

  その他388 別の道の駅。危な~い!トラックがバックを...

テントキャンパー時代の経験から

ペグダウンするまでは安心できないテントやタープ設営の恐怖。
テントに絞って過去の体験から。或る山間にあるファミリーキャンプ場での出来事、我が家のテント設営はペグダウンを終えるまで10分程度。いつものように手早く設営を始めテントが自立してあとはペグダウンするだけ。
この時、何の前ぶれもなく晴天だった空が真っ暗になった瞬間に大粒の雨が降り出し突風が吹き始め、ペグダウンできていないテントが吹き飛ばないように家内と2人でテントのフレームを持つのが精一杯、強い風で立っているのも厳しい中で、ただひたすら風がおさまるのを待ち10分以上もこんな状況で過しました。
風が収まってテントを見るとアルミフレームが変形、しかたなく変形したまま設営してキャンプを続けることにしました。既に仮設営していたタープも突風には耐えられず吹き飛び、軽量の小物類も吹き飛んでしまい寂しいキャンプになったのは言うまでもありません。

これは過去最悪の出来事でしたが、山間に限らず海沿いも危険で平野部でも風が走る所もあるので、道の駅など下がアスファルトでペグダウンもできない所でテントを張る行為は危険! ほんと、自然のパワーって怖いですよ。

スポンサーサイト



| 車中泊関連日記 | 18:18 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

お疲れ様です、今回五月の連休で岡山の倉敷近くの道の駅で見た光景が、正に道の駅の駐車場スペースに車と真横にテントが!?

写真の人はまれにって思ってたのを目の前にしてビックリ、それも私のキャンピングカーの真後ろに!!

バックしたらどうなるんやろう?と

それも寝付けなくて、朝の散歩したときに気付いたのですが、散歩なければ冷や汗もとだったかも…

普通車でご家族四人かの車中泊が狭いからと、どうもテントを出してきたような感じでしたが、満車では無かったのですが、流石にね。

夜のトイレに行ったときも、BBQをしてはる人も居てました。

ダメって言うより、常識あるの?とも

見出し見て思い出して書き込みました。

| かつ | 2015/05/22 22:12 | URL |

Re: タイトルなし

おつかれさまです。

ほんと怖いです。全てを否定しませんが駐車スペースは車が停めることを分かってほしいですね。
そこに車が入ってくるのですから。

危ないことはやめてほしいですね。

| ボレロなおじさん | 2015/05/22 22:50 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cabcon.blog47.fc2.com/tb.php/1166-51831af8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT